豪田部とは

大学生へ

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.3 キユーピー株式会社

2016.08.24 (水)

国内鶏卵生産量の10%を使うキユーピー。卵殻を無駄なく活用!

写真4_a_077

 

 マヨネーズの原料といえば卵。日本で生産されている鶏卵の約10%はキユーピーで何らかの形で使われています。1分間に600個の卵を割ることができる高速割卵機で、一つの工場だけでも一日に80万個もの卵を割り、全体では年間でなんと2万5千トンの殻が出ているそうです。これをどうしているのでしょうか。

 1956年に天日干しをした卵殻を工場の近くの農家に肥料として売ったという記録が残っていて、それがキユーピーグループの今の環境に対する活動のはしりになっているそうです。

キユーピー_元気な骨 「60年間にわたり考え続けていた中で、カルシウム補給商品(写真)に利用するなど様々な活用方法を考えてきました。活用の範囲をより広げたいと考え、壁材のタイルにしたり、約5個分の卵の殻を使ったコースターを作ったりもしています」と柳橋さん。またチョークやグラウンドのライン引きなど、卵殻を粉末にしたものを活用することで、環境にも人にも安全で安心なものとして使ってもらえるそうです。卵の殻についている膜についても活用が進んでおり、食品としての活用はもちろん、肌触りのよさから繊維状に加工したり、化粧品にも生かされています。

 

 

 

写真5_a_184

写真6_a_186
写真7_a_182

卵殻を利用したタイル(写真左上)、コースター(写真右上)、チョーク(写真下)

 
 「使える部分は有効利用すべきではないかという考え方から手探りで始め、今では、卵には捨てる部分がない、というところまで広がってきました」と柳橋さん。鶏卵を大量に使うメーカーだからこそ、無駄な部分を無くす努力を続けてきたという強い思いが伝わってきました。

 

1 2 3 4

オススメ記事

日本旅行ならではの「地方創生」 “原点”である地域との連携を活かした「持続可能なツーリズム」

SDGs企業研究    1905年に旅行会社として創業した株式会社日本旅行は、2019年12月にSDGs達成に向けて、「Tour … 続きを読む»

「スーパークローン文化財」は世界平和への願い! SDGsイベントを高頻度で開催する「そごう・西武」

SDGs企業研究    豪田ヨシオ部は、8月1日~31日の期間にそごう横浜店のそごう美術館で開催されている「東京藝術大学スーパー … 続きを読む»

堅苦しいイメージは大間違い!? 「共存共創」を軸に常に新しい社会貢献にチャレンジする八芳園

SDGs企業研究   「厳しい情勢ではありますが、同時にチャンスだという考えも持っています」  こう力強く語るのはレストランや結 … 続きを読む»

エアークローゼット天沼社長 会社の存在意義とSDGsの目標はイコール「特別なことではなく、当たり前の責任」

SDGs企業研究    月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を提供する株式会社エアークローゼットは、大量生産 … 続きを読む»

将来を見据えるベネッセグループ 教育を通じて“ポストSDGs”の人材を育てることが使命!

SDGs企業研究    通信教育をはじめとした教育・生活関連、介護、語学教育などを事業分野としている株式会社ベネッセホールディン … 続きを読む»

丸井グループが考えるSDGsの根幹は「インクルージョン」! すべての人が「しあわせ」を感じられる共創社会へ!!

SDGs企業研究    昨年11月、小売事業などを展開する、株式会社丸井グループが「第20回グリーン購入大賞」の「再エネ普及特別 … 続きを読む»

『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』企業三社が受賞喜び

SDGs企業研究    今年で4年目を迎えた『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』。3 … 続きを読む»