豪田部とは

大学生へ

SDGs企業研究

日本国内で年間6000万本消費! ビニール傘の価値観を変えるサステナブルな傘「大量消費への気づきを」

2021.01.08 (金)

 コンビニやドラッグストア、百貨店…雨が降ればありとあらゆる小売店でビニール傘が売られます。突然の雨の場合、ひとまず安価なビニール傘を買って雨をしのごうと思う人は多いと思います。

「いつでもどこでも手軽に手に入れられる」

 確かに便利なビニール傘ですが、一方で大量に消費されているというデータもあり、環境問題としてクローズアップされています。そして現在、この問題を解決すべく、傘ビジネスに挑戦しているのが、株式会社サエラ代表取締役の山本健さんです。
 

あえて“サスティナブルなビニール傘”にした意味とは?

 
 サエラでは、SDGsの12「つくる責任 つかう責任」と13「気候変動に具体的な対策を」の2項目の達成を目指した、サスティナブルな傘「+TIC(プラスチック)」「+TIC LITE(プラスチックライト)」を生産しています。

 同社の調査によると、日本国内では年間で約6,000万本のビニール傘が消費されているそうで、日本はビニール傘の一大消費国となっています。ビニール傘はビニールと金属でできているため、環境負荷が高く、それを是正するために、リサイクル可能なオールプラスチックを採用したのが本製品の特徴です。
 

▲「さびない、つよい。長く使える」を実現
 
 山本さんはビニール傘にこだわる理由について、「普段からビニール傘を使っている人たちに、大量消費に加担しているという“気づき”を与える商品でないと意味がないと考えているからです」と説明します。

 91年に創業した同社。山本さんによると、当時、多くのビニール傘は台湾で生産されていたそうですが、時代が移り変わると拠点は中国や東南アジアが中心となり、00年代がデフレだったこともあり、傘の低価格化が進んでいったそうです。
 

▲裏話も沢山話してくれた山本さん
 
「傘というのは比較的高価なものだったため、大事に扱う製品でしたが、安価で簡単に購入できるビニール傘の登場によって、『傘』に対する価値観が全く変わってしまいました。いらなくなったら簡単に廃棄、どこかに忘れても『また買えば良い』、コンビニや飲食店の傘置き場での盗難も多いです。それらのすべての要因は、ビニール傘が“いつでも手に入れられる商品”と思い『ビニール傘だしいいだろう』という価値観が根付いてしまっているからです」
 

不特定多数の人に気づきを与えたいからこそ「コンビニ」で販売

 
 サステナブルな傘を通じて、根付いた価値観を覆そうとチャレンジしていますが、一筋縄ではいきません。

 同製品は、価格1,000円(税別)。一般的なビニール傘は、500円以内で買えるものばかりです。実にその価格は2倍。「いくら環境に良い」と訴えても、消費者にとってはなかなか価値を感じづらい部分もあるしょう。また、モノの流通において小売店は欠かせない存在ですが、消費者とのニーズにマッチしていない製品を店頭に置くことは、なかなか難しいのが現状です。

 しかし、その中で製品のコンセプトに賛同し、同製品の取り扱いを開始したのがコンビニエンスストアのセブン・イレブンです。山本さんは何度も担当者と交渉し、ようやく2019年3月から店頭での販売がスタートしました。

「例えば、デパートなどで環境フェアを開催して、私達の傘を店頭販売したとします。その時に来店するお客さんは、いわば環境への意識が高いお客さんです。しかし、コンビニに来店するお客さんは不特定多数で、価値観も千差万別。その中でも、環境に興味のあるお客さんは少ないでしょう。だからこそ、コンビニで勝負したかったのです。消費者に環境への気づきを与えたいと考えた時、どうしても人の目が多いコンビニで取り扱ってほしかったのです」

 サエラでは、環境問題への認知拡大において、コンビニ販売だけでなく「+TIC」の仕組みを応用した傘作りキット「SORAKASAKIT」を使用し、子どもたちに楽しく学びながら傘作りをしてもらう体験会を開催しています。
 


 
「SDGsが徐々に浸透してきて、学校でも授業の一環としてプログラム作りをしています。我々も講師に入ることもありますが、子どもたちは本当に真剣に聞いてくれます。今の子どもは将来、エシカルに消費を実践できる大人になると思います。我々大人も子どもたちのために、消費行動を是正しなければなりません」

 大学生にも消費をすることに関して強く意識して欲しいとのこと。それは、普段飲むペットボトル飲料を学校の間だけはマイボトルのしてもらうなど些細なことでも構わないそうです。

「習慣を変えるというのは、難しいかもしれませんが、とにかく考える時間をもってもらいたいです。大人に対しては『気づいて欲しい』、若者には『意識して欲しい』、子どもには『習慣にして欲しい』。それが無駄な消費を抑制するためにひとりひとりに伝えたいことです」

株式会社サエラ

https://www.caetlaltd.co.jp

オススメ記事

2025年までに自社製品容器・包材を100%環境配慮型製品へ! 身の丈にあったSDGsを進めるピエトロ! 

SDGs企業研究  ドレッシングなどを製造販売している株式会社ピエトロ(本社・福岡県福岡市)は、2020年10月に「株式会社ピエトロの環境 … 続きを読む»

新たな化粧品向け素材が海洋プラスチックごみ問題の解決をサポート! 開発者が重視するサステナブルとビジネス視点!

SDGs企業研究  大阪府に本社を置く日本の大手化学品メーカーである株式会社ダイセルは、2020年10月に開催された国際化粧品技術者会連盟 … 続きを読む»

ファッション業界の環境問題「安い」「カッコイイ」「可愛い」だけで本当にいいの!? アダストリアが生み出す衣服の再価値化

SDGs企業研究  東京都渋谷区に本部を置く、カジュアル衣料品および雑貨を中心としたブランドを展開する株式会社アダストリアは、衣服を作る際 … 続きを読む»

日本旅行ならではの「地方創生」 “原点”である地域との連携を活かした「持続可能なツーリズム」

SDGs企業研究    1905年に旅行会社として創業した株式会社日本旅行は、2019年12月にSDGs達成に向けて、「Tour … 続きを読む»

「スーパークローン文化財」は世界平和への願い! SDGsイベントを高頻度で開催する「そごう・西武」

SDGs企業研究    豪田ヨシオ部は、8月1日~31日の期間にそごう横浜店のそごう美術館で開催されている「東京藝術大学スーパー … 続きを読む»

東京大学発のスタートアップ企業 遠隔操作技術で建設現場のテレワークに貢献!

SDGs企業研究    建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社が、株式会社富士建(佐賀県佐賀市 … 続きを読む»

エアークローゼット天沼社長 会社の存在意義とSDGsの目標はイコール「特別なことではなく、当たり前の責任」

SDGs企業研究    月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を提供する株式会社エアークローゼットは、大量生産 … 続きを読む»