企業様へ

短期プロジェクト部員募集

海洋プラごみ問題を大学生と企業が共に考える!! 令和初「大学対校! ゴミ拾い甲子園」活動レポート!

2019.07.19 (金)

 
 こんにちは! 日ごとに暑くなってきましたね。豪田ヨシオ部でインターンをしております、国際基督教大学3年のリサです。

 6月8日(土)に「第12回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」が開催されました。記念すべき令和最初のイベントということもあり、これまでとは一味違った「ゴミ拾い甲子園」となりました! 今までにない「ゴミ拾い甲子園」の様子をお伝えします。

 

最大約5.7万tのプラスチックゴミが海に流出!?

 


 
 プラスチック循環利用協会が発表した2016年のデータをまとめた朝日新聞の報道によると、年間で最大5.7万トンのプラスチックごみが海に流出しているそうです。そして、海に流出したプラスチック製品や破片は、波や紫外線によって劣化することでマイクロプラスチックになります。マイクロプラスチックは有害物質が付着しやすく、それを魚や鳥が食べ、最終的に濃縮されて人体に入る可能性があるとされています。

 九州大や東京海洋大などの研究チームが、『英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ』で、太平洋上を漂う微細なマイクロプラスチックの濃度が約10年後には現在の2倍、約40年後には4倍以上に達すると発表しました。今のままでは、生態系に及ぼす悪影響は計り知れません。

 また去年の10月には欧州議会本会議にて、「レジ袋」や「ストロー」などの使い捨てプラスチック製品の流通を2021年から禁止する法案が可決されました。世界で取り組まれている“脱プラスチックの動き”ですが、政府や企業だけではなく、私たち1人1人が行動しなければいけないほど、状況は深刻です。

 

SDGs開発目標12「つくる責任とつかう責任」、14「海の豊かさを守ろう」に繋がる

 

「大学対校! ゴミ拾い甲子園」は、環境への負荷に応じてゴミの種類にポイントが振り分けられ、チームで合計得点を競います。そのため学生は自然と「どのゴミが環境に良くないのか?」と考えながら清掃活動を行うことができるのです。

 この大会は、2015年に国連サミットで採択された、世界の持続可能な社会のための開発目標(SDGs)の目標14「海の豊かさを守ろう」に、少しでも繋げることが目的となっています。

 また、第12回目となる今回の活動は、凄麺でお馴染みのヤマダイ株式会社様がメインサポーターとして、協力してくださいました。ヤマダイ株式会社様はSDGs開発目標14に加え、開発目標12「つくる責任、使う責任」の“つくる責任”の観点からマイクロプラスチックごみ問題について考え、ゴミ拾いを通して、学生と一緒に社会問題解決へ取り組みました。
 

1 2 3 4 5

オススメ記事

“令和”最初の「大学対校! ゴミ拾い甲子園」 第12回大会が開催決定!

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生のくるみんです。  新元号を迎えた「令和」時代、第一発目の一大イベント「第12回 … 続きを読む»

東日本大震災から8年 被災者たちの現状を“おちゃっぺ会”を通して考える

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、国際基督教大学2年のリサです。  2月16日(土)、東日本大震災で被災された方々 … 続きを読む»

海を脅かすマイクロプラスチックを減らせ! 平成最後の「大学対校! ゴミ拾い甲子園」 開幕!

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、国際基督教大学2年のくるみんです!  ずっと暖かい日が続いていたのに、最近は急激 … 続きを読む»

ソフトバンク、豪田ヨシオ部 「 小学生にスマホってありですか?」 親子討論会レポート

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、日本大学3年のゆかです。 「コミュニケーション」「ショッピング」「動画 … 続きを読む»

「第11回大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催決定! 平成最後のゴミ拾いをみんなで楽しもう!!

イベントレポート    荒川河川敷を舞台に2013年から続く「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。記念すべき第11回目は、12月9日( … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

イベントレポート    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

イベントレポート  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»