豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

『国際女性デー』LiLiCoが性差別問題に「女性が自分たちで地位を下げている部分もある」

2020.03.07 (土)

 
 3月8日の『国際女性デー』に先立ち、タレントで映画コメンテーターのLiLiCo(リリコ)氏と、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事の大崎麻子氏が5日、都内でトークイベント『LiLiCoさんと語る 映画の中の女性たち』を開催した。

 本来は一般観覧者を招いてイベントを開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、大幅に規模を縮小。マスコミと関係者のみが参加するイベントに変更された。

 2019年に世界経済フォーラムが発表した「ジェンダー・ギャップ指数」で、前年の110位から121位へと大きく後退した日本だが、まずLiLiCo氏は、日本の性差別問題に関して「女性が自分たちで地位を下げている部分もあると思う」と明かした。

 ある通販番組を観ていた際に、1.5キロの物を『私でも持てそう』と言う女性がいたそうだが、それに対しLiLiCo氏は「1.5キロ持てない女性なんてヤバいよ! (他人から)重い荷物を『持ちます』と声をかけられても、『いいです、私の方が力あるんで』ってと断ります」とバッサリ。

 もちろん男性側にも問題はあるようだ。つい最近、LiLiCo氏は多忙な合間をぬって舞台を観に行ったという。その際に乗った中年のタクシー運転手から、「女の人は暇があっていいな。男は働らかなくちゃいけないから」と言われたそう。「なかなか、こういうことは日本でしか言われない」と振り返るLiLiCo氏。もちろんそのタクシー運転手には怒りをなるべく抑えて、決して暇ではないことを説明したそうだ。

 また、自身のルーツであるスウェーデンと日本の文化の違いを感じる体験も語った。

 日本のテレビ番組スタッフと母国へ訪れた際に、ディレクターがスウェーデン王宮の衛兵女性リーダーにビックリしていたという。「(衛兵女性リーダーについて)当たり前にいると思ってきていたので、逆にビックリしていることにビックリしました」と明かした。

 そして、『日本の働き方』についてもコメント。「最近、日本では男性の育児休暇が話題となっていますが、スウェーデンでは、結婚しなくてもカップルで、子どもが産まれれば育児休暇が認められています。そもそも、接待や残業がなければ育児休暇そのものがいらないのかもしれません」と分析した。

 イベントでは軽快なトークで会場を盛り上げたLiLiCo氏。『女性デー』という言葉に関して、「毎日が女性デー日和のはずなのだと思います。年に一度ではなく、毎日できることです。その気持ちが大事だと思っています」とメッセージを送った。
 

オススメ記事

「SDGsと就活」のキーポイントは!? コロナ禍での企業選び「安定か? 挑戦か?」

SDGsフォーカス    大多数の大学生が悩んでいる「就職活動」。これまでは「やりがい」「給料」「福利厚生」「社風」が企業や業界を … 続きを読む»

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

SDGsプラス独自目標を掲げる生活クラブ 自らの行動で安心・安全な「消費材」を生み出す!

SDGsフォーカス    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ)は1965年、東京都世田谷区で主婦たちが牛乳の共同購入 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»

地元住民を主役に地域開発で叶えた南町田グランベリーパーク! 都市公園と商業施設が一体となった新しい街づくりの形

SDGsフォーカス    2019年11月13日、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧名:南町田駅)に、すべてが公園のよ … 続きを読む»

どうして? 大阪府の準絶滅危惧種「フクロウ」 岸和田市が生物多様性の保全に挑む「フクロウの森再生プロジェクト」

SDGsフォーカス    大阪府岸和田市は8月3日、「フクロウの森再生プロジェクト」のクラウドファンディングをスタート。そこで、豪 … 続きを読む»

レジ袋有料化で利用頻度が「減る」6割…厳しい意見も

SDGsフォーカス    リサーチ会社のマイボイスコム株式会社が、2回目となる『レジ袋の有料化』 に関するインターネット調査を20 … 続きを読む»