豪田部とは

大学生へ

若者から発信しよう!

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

2022.04.26 (火)

 25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われました。

 同会議は、6月2・3日に行われる国連の国際会議「ストックホルム+50会議」のプレイベントの一環として開催。「ストックホルム+50会議」は、気候変動、自然破壊、環境汚染の主要な3つの地球規模の危機に取り組む上での多国間主義の重要性を認識することにより、グローバルな生物多様性やフレームワークを含む持続可能な開発目標(SDGs)を実現するための国際的な会議です。

 なお、イベント名にも記されている50の数字は、1972年にストックホルムで行われた世界初の環境に関する国連の会議である「国連人間環境会議(別名:ストックホルム会議)」から50年目にあたるとして付けられました。

 イベントでは、日本国内で環境に関する活動をしている若者団体、あるいは気候変動、生物多様性、汚染や廃棄物問題に関心のある個人、学校、学級、社会人など東京内外から募集し、スウェーデン大使館に招待する形で行われました。

 若者からの活動紹介のプログラムでは、環境問題に取り組んでいる複数の団体から活動報告がありました。

 やはり、ここ最近の気候変動への関心の高まりが大きいということで、昨年1月から活動を開始した一般社団法人SWiTCHの代表理事・佐座槙苗さんは「私たちの思いで地球を冷やしていこうという活動をしています」と活動理念を明かしました。去年の活動では渋谷区での環境提案をしたそうで、「もっと若者が考えて自然にいい渋谷にしていこうと『渋谷COP2021』COP期間中に行いました。今年も行う予定です」と手応えを感じている様子でした。
 

 
 気候変動だけではなく、一般社団法人Change Our Next Decade(COND)で代表理事をしている矢動丸琴子さんは、生物多様性の危機に注目し、「気候変動と生物多様性というのは密接な関係があり、どちらかがやればいいというものではないのですが、日本人の危機感としてはギャップがあります」と警鐘を鳴らしました。
 

 
 また今回の会議では、50年前ストックホルムで開かれた国連人間環境会議で水俣病の被害を世界に告発した坂本しのぶさんも登壇し、講演。海外からのゲストスピーカーも登壇するなど、様々な情報を共有しました。
 

オススメ記事

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

日本が挑戦する脱炭素革命 ライバル企業・世代を超えて取り組むべき気候変動問題

SDGsフォーカス  コロナ禍による1年の延期を経てイギリス・グラスゴーで、COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が2021年 … 続きを読む»

内定辞退・就活白紙! 被災地・気仙沼への旅をきっかけにIターン就職 大卒女性の価値観を変えた経験とは…

SDGsフォーカス  宮城県気仙沼市といえば2011年3月11日に発生した東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けた地域のひとつです。この … 続きを読む»

通勤環境や気候が決め手! 北海道にUターン就職した大卒女性 自分に正直に「何年も住み続けられるかな!?」

SDGsフォーカス  都内の大学に入学すると、なんとなく都内の企業へ就職しようと考えがちですが、そういった選択を取らない大学生も一定数います … 続きを読む»

国内最大級の移住マッチングイベント「第17回ふるさと回帰フェア2021」10月17日(日)開催!

SDGsフォーカス  全国の自治体と連携して移住を支援する認定NPO 法人『ふるさと回帰支援センター』が、10月17日(日)に有楽町・東京国 … 続きを読む»

世界各地で自然災害 環境への意識調査「一人一人が行動をすれば変わっていく」

SDGsフォーカス  2021年8月現在までに、世界中で大規模な自然災害が起きている。  直近において、6月には中国黒竜江省では大雨による洪 … 続きを読む»

「第2回子ども世界平和サミット」開催 11カ国から選ばれた15名の代表が世界平和実現に向けたアイデアを発表

SDGsフォーカス  8月10日、都内の衆議院議員会館国際会議室で、「第2回子ども世界平和サミット」(主催:一般社団法人ピースピースプロジェ … 続きを読む»