豪田部とは

大学生へ

イベントレポート

海洋プラごみ問題を大学生と企業が共に考える!! 令和初「大学対校! ゴミ拾い甲子園」活動レポート!

2019.07.19 (金)

社長も含めたヤマダイ株式会社の社員さんが12人参加!!

 
 次に注目したいポイントは、ヤマダイ株式会社様の社員さんが12人も、学生と一緒にゴミ拾いしていただいたことです。
 

 お揃いの赤いTシャツを着て、気合いMAXのヤマダイ株式会社社員さん! この日のために、オリジナル軍手も用意していただきました。お店では買うことができない特製軍手を配られて、開始前から大学生のやる気もさらにアップ! 川沿いには、直接触るのは危険なゴミが落ちていることがあります。学生の安全面も考慮して、軍手を用意してくださったヤマダイ様はとても思いやりのある企業様ですね。

 また今大会では、社員さんと学生が一緒にゴミを拾うということだけではなく、ヤマダイ株式会社様の知られざる魅力に迫る「クイズ de PR!」を実施! 「社内結婚事情」や、「ボーナス支給制度」など少し変わった問題も出題しました。普段知ることができない企業の内側について学べ、正解・不正解に歓声を上げて一喜一憂する学生たちが印象的でした。
 

 

大学生とヤマダイ社員さんが協力し、集まったゴミ袋は191個!! 

 
 今回のゴミ拾い甲子園は、初参加の学生がとても多かったです。そのためか、ライバル同士であっても、わからないことを質問し合ったり、お互いフォローしながらゴミ拾いを行っていました。どこか優しい雰囲気があるとてもほんわかしたゴミ拾い甲子園でした。
 

 また、一部の学生チームの中にヤマダイ株式会社の社員さんが加わり、協力しながらゴミ拾いを行いました。

 社員さんは、「こんなにゴミが落ちているとは思わなかった」「学生から若いパワーが貰えてうれしかった」とコメント。学生と積極的にコミュニケーションをとりながら、必死にゴミ拾いをする姿が印象的でした。
 

▲大学生とすぐに打ち解け、ゴミ拾いが終わることには、すっかり仲良くなっていました
 
 また実際に社員さんと一緒にゴミを拾った学生に感想を伺ったところ、「会話をしながらとても楽しく拾うことができた」「会社の雰囲気など普段聞けない話を聞けて新鮮だった」「とても優しく接してもらえた」など、普段なかなか関わることのできない社会人との交流を楽しんでいる学生がとても多かったです。
 

1 2 3 4 5

オススメ記事

川崎市市制100周年記念プレ事業 Z世代の環境リテラシー向上・コミュニティ拡大「第20回 大学対校! ゴミ拾い甲子園in川崎市」

イベントレポート  豪田ヨシオ部は、11月12日に「第20回 大学対校! ゴミ拾い甲子園in川崎市」を川崎市多摩川の新二子橋下三角州付近で … 続きを読む»

3年目でZ世代の地域コミュニティが成長! 持続的な若者同士の交流を促進する「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2023」

イベントレポート  豪田ヨシオ部は、10月28日に「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2023」を新潟県新潟市西区の小針浜海水浴場で開 … 続きを読む»

【日本海の環境美化活動に貢献】専門学生も参加OK「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2023」開催決定!

イベントレポート  10月28日(土)に、「大学対校! ゴミ拾い甲子園in 新潟県2023」を開催します! 新潟県での開催は今年で3年連続 … 続きを読む»

累計77大学・2500名以上が参加したZ世代から大注目のSDGsイベント「第19回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」開催!

イベントレポート  SDGsイベントとして大学生から注目度の高い「大学対校!ゴミ拾い甲子園」! 第6月11日(日)に第19回大会を開催しま … 続きを読む»

Z世代がプラゴミ削減アイデアをディスカッション! 地域貢献を実感した「第18回大学対校! ゴミ拾い甲子園in埼玉県」

イベントレポート  豪田ヨシオ部は11月27日に、「第18回 大学対校!ゴミ拾い甲子園 in埼玉県」を埼玉県庁と共催しました。埼玉県庁と共 … 続きを読む»

【SDGs ボランティア】専門学生も参加OK「大学対校! ゴミ拾い甲子園in新潟県 2022」開催決定!

イベントレポート  昨年に初めて新潟県で開催した「大学対校! ゴミ拾い甲子園」! 今年も11月5日(土)に新潟県で大会を開催します! 前大 … 続きを読む»

「プラごみ削減・資源循環」推進! 「第18回 大学対校!ゴミ拾い甲子園 in埼玉県」開催!

イベントレポート  11月27日(日)に埼玉県内にて、SDGs大人気イベント「第18回 大学対校!ゴミ拾い甲子園 in埼玉県」を開催します … 続きを読む»