豪田部とは

大学生へ

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.2 ユニクロ~(株)ファーストリテイリング

2016.07.13 (水)

現地に出かけ、課題を知り、解決していくのはビジネスもCSRも同じ

FAST REATING-27_インタビュー中2ショット

 

 「私たちの会社は服を売る店舗、現場が最も重要です。現場には現場の課題があり、現実を知り、何ができるか考える。それが私たちの仕事の根本です」とシェルバさん。CSR活動も同じで、現地へ行き、そこにある課題を知り解決していく。そういうプロセスで進めていきたいと考えているそうです。

 「ですから、お客様から回収した服をUNHCRに託して終わりにはしたくなかったのです」。シェルバさん達は、一緒に服を届けに行き、そこにどんな難民問題があり、服がどのように活用されているのか確かめるようにしました。

 2007年、ネパールの難民キャンプから始まり、今では37か国ほどにユニクロはUNHCRとともに服を届け続けているそうです。シェルバさんは、そのうち15か国ほどの難民キャンプなどを訪ねています。

 

難民問題は遠く離れた国の話ではなく、私たちにもつながっている

 

 シェルバさんは「私たちがグローバルにビジネスをさせていただいている中で、難民問題を知れば知るほど、遠く離れた国の問題ではなく、私たちにもつながっていることだと気づかされました」ともおっしゃっていました。僕もそう思います。この世界で起きていることは決して他人事ではなく、これから僕達が生きていくうえで関わることだと思います。

 

FAST REATING-15_カイトインタビュー中

 

 難民の皆さんはもとは職業があり、医師、弁護士、商売をされていた、そういう方々がある日突然、戦争や紛争などにより故郷、故国を追われ、自分では解決できない過酷な状況にあります。「そういう方々との出会いによって、単に服を届けるだけでなく、私たちができるより本質的なことがあるのではないか」とシェルバさん達は考え、難民の皆さんの自立支援や日本での雇用の重要性に気づかされたそうです。実際に現地へ出かけ、課題を知ったからこそ、わかったことなのです。

 

1 2 3 4

オススメ記事

日本旅行ならではの「地方創生」 “原点”である地域との連携を活かした「持続可能なツーリズム」

SDGs企業研究    1905年に旅行会社として創業した株式会社日本旅行は、2019年12月にSDGs達成に向けて、「Tour … 続きを読む»

「スーパークローン文化財」は世界平和への願い! SDGsイベントを高頻度で開催する「そごう・西武」

SDGs企業研究    豪田ヨシオ部は、8月1日~31日の期間にそごう横浜店のそごう美術館で開催されている「東京藝術大学スーパー … 続きを読む»

堅苦しいイメージは大間違い!? 「共存共創」を軸に常に新しい社会貢献にチャレンジする八芳園

SDGs企業研究   「厳しい情勢ではありますが、同時にチャンスだという考えも持っています」  こう力強く語るのはレストランや結 … 続きを読む»

エアークローゼット天沼社長 会社の存在意義とSDGsの目標はイコール「特別なことではなく、当たり前の責任」

SDGs企業研究    月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を提供する株式会社エアークローゼットは、大量生産 … 続きを読む»

将来を見据えるベネッセグループ 教育を通じて“ポストSDGs”の人材を育てることが使命!

SDGs企業研究    通信教育をはじめとした教育・生活関連、介護、語学教育などを事業分野としている株式会社ベネッセホールディン … 続きを読む»

丸井グループが考えるSDGsの根幹は「インクルージョン」! すべての人が「しあわせ」を感じられる共創社会へ!!

SDGs企業研究    昨年11月、小売事業などを展開する、株式会社丸井グループが「第20回グリーン購入大賞」の「再エネ普及特別 … 続きを読む»

『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』企業三社が受賞喜び

SDGs企業研究    今年で4年目を迎えた『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』。3 … 続きを読む»