豪田部とは

大学生へ

プラごみの行方を追う!

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

2022.04.14 (木)

体内に取り込まれる? 取り込まれた場合の影響は?

 富士山でマイクロプラスチックの存在が確認されたということは偏西風などに乗り、マイクロプラスチックが存在している可能性が高まりました。

 そこで、大気中に浮遊しているマイクロプラスチックを体内に取り入れてしまう可能性はあるのでしょうか?

「最近のモデル研究でわかっているのは、重さで見た場合も食べ物、飲み物で入ってくる量より空気で吸い込む量が一番多いということです。実際肺にマイクロプラスチックが存在するかを確認したのは、ブラジルの例が第一例としてあり、呼吸器系の疾病で亡くなった方、20検体を調べそのうち13検体からマイクロプラスチックが見つかりました」
 

▲大気中に存在するPM2.5のマイクロプラスチックは、吸ってしまうと肺胞(肺の奥)に達してしまう
 
 マイクロプラスチックとして大気に漂うポリエチレンやポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレートなどは、一般的には人体に害はないと発表されていますが、大河内教授は、仮に体内に入った場合の影響を示唆します。

「プラスチックには、紫外線による劣化を防ぐため様々な添加剤が入っています。こういった添加剤は有害な有機物質なので、長期間あると脂質に溶け込んでしまうとは言われています。また、媒体になる可能性もあります。マイクロプラスチックに重金属などの汚染物質が付着して、体内に取り入れてしまう可能性もあります」

 しかし、使い勝手の良さや衛生面で利点を持つプラスチック製品。そこでポイントなのが、我々人間のプラスチックに対する向き合い方や対処方法です。

「必要な取り組みは、再利用を加速させながら、投棄を減らすことです。使わないモノは置き換えていく、消費者側も素材をチェックすることできると思うので、社会を変えていくためには、地道に積み重ねていくしかありません。リサイクル方法に関しても、大雑把にプラスチックという分別ではなく、ポリプロピレン、ポリエチレンといった形で材質ごとにもっと細かく分けて回収する必要もあるかもしれませんね」
 

 
 そのような取り組みを実施していくためには、やはり「知識や情報」が必要となります。世界中の様々な機関や専門家が独自の調査を発表していますが、実は「知識や情報」そのものより、「精査」が大事なようです。

「環境問題の解決に正解はないので、現状を正確に分析して仮説を立てて検証する、そのためには正しい知識を持っている必要があります。私も大学の講義や授業などで学生に情報を伝えますが、『鵜呑みにしないでね、自分でも調べることが大事』と教育しています。どこどこの教授や専門機関が言っていたから“正しい”ではなく、常に自分で“情報を精査”して、その上で知識を吸収し、自分で考えて行動に移して欲しいですね」

1 2 3 4

オススメ記事

最終目標は「世界平和の実現」! 国際社会・地域社会視点、そして未来思考の観光人材を育成する文教大学・国際学部国際観光学科

大学生ネットワーク  ここ数年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、気軽に旅行を楽しめない日々が続いています。観光業界は特に新型コロナウイル … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

音楽療法で健康を支援

大学生ネットワーク  音楽療法という言葉を知っているだろうか。これは、音楽の力と人との関わりを使って健康支援を行うことだ。そこで音楽療法につ … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

日本学生esports協会 若い世代にSDGs認知拡大・社会貢献活動を推進「ゲームで世界を救う」 

大学生ネットワーク  ここ数年、据え置き機やスマートホン、PCなどの機器を使用したビデオゲーム対戦を、スポーツ競技として捉える「eスポーツ」 … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

大学生ネットワーク  海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可 … 続きを読む»