豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

<コロナ禍 大学生アンケート調査> 就活・学業・バイト・家族・環境 不安が浮き彫りに!

2020.05.25 (月)

 
 全世界に様々な影響を与えているコロナウイルス。日本の大学生は、どのようなことに不安を感じ課題を抱えているのだろうか!?

「大学生と企業が力を合わせて SDGs達成を目指す」をキャッチフレーズにして活動している「豪田ヨシオ部」(運営:株式会社クリエイティブPR)は、現役大学生100人以上に「コロナウイルス」に関するアンケート調査を実施した。

 第一弾レポートは、アンケート調査内で質問した「コロナウィルスの影響で、あなた自身が一番困っていることはなんですか?(最大3つまで選択可能)」の回答にスポットを当てる。

【調査概要】
調査名:「コロナウイルスアンケート」
実施機関:「豪田ヨシオ部」(株式会社クリエイティブPR)
調査日:2020年5月14日(木)〜2020年5月20日(水)
調査対象者:主に首都圏の現役大学生
中央大学、明治大学、青山学院大学、国際基督教大学、成蹊大学、慶應義塾大学、立教大学、日本工業大学、日本大学、東洋大学、千葉大学、立命館大学、関西学院大学、京都大学、大阪大学、新潟大学など
回答者数:112人(2年〜4年生、女性64名、男性48名)※大学院生、休学中学生も含む
暮らし:実家暮らし70人、ひとり暮らし35人、寮暮らし4人、同棲1人、親の社宅1人、親戚宅1人
 

 
「コロナウィルスの影響で、あなた自身が一番困っていることはなんですか?(最大3つまで選択可能)」という質問に対して、「友達/サークル」がトップで66人、2番目が「バイト/金銭面」の56人、3番目は「就活」の50人だった。

 ジャンルごとに大学生のコメントをまとめたので、「就活」「バイト・お金」「サークル・友達」「勉学」「家族」の順に一部のコメントを紹介します。
 

就活関連 採用方式の変更やスケジュールの不透明さに不安

 
就活について、何から始めれば良いのか、今までとやり方が変わるのか、大学のガイダンスで聞けると思っていたので困っている(東京家政学院大学・現代生活学部3年生・女性)

全ての就活イベントが中止になり、オンラインになってしまった。オンラインだとどうしてもやる気が出ない(山梨英和大学・人間文化学部4年生・女性)

就活がなかなか進まず、ストレスを発散できる場所がないのでフラストレーションがたまる(関西学院大学・総合政策学部4年生・女性)

採用停止になったり、過去にない選考方法を企業が行なったりしているため対策が大変。気の持ちようも大変。コロナにより、その企業の将来性があるのか考えてしまう(国際基督教大学・教養学部4年生・女性)

就活で、セミナーやインターン募集が延期になりスムーズに進まない。Web上での開催になり企業の方と直接お会いできない(慶應義塾大学・法学部3年生・女性)

まだ就活は始めていないですが、これからということで不安です(明治学院大学・国際学部3年生・女性)

コロナウイルスによる企業の新規採用縮小により、就職活動がより難航するのではないか(千葉大学・法政経学部3年生・男性)

インターンなどが例年通り行えるのか不安である(立教大学・経済学部2年生・女性)

公務員試験の日程に関して変更が多く、自分で考えていたスケジュールとの大きな齟齬が生まれてしまった(武蔵大学・社会学部4年生・男性)

1 2 3

オススメ記事

大学教育によってサステナブルな未来は創造できるのか? 武蔵野大学が新設する「サステナビリティ学科」

大学生ネットワーク  2023年4月に新学科「サステナビリティ学科」を開設する武蔵野大学が8月3日、有明キャンパスで記者発表会を行いました。 … 続きを読む»

広島大学の校友会学生チーム 地元の食材で一人暮らしの新入生を応援! クラファンが開始!!

大学生ネットワーク  広島大学が、クラウドファンディングプロジェクト『ようこそ広大プロジェクト 地元食材で学生生活の始まりを支えたい!』をス … 続きを読む»

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

大学生ネットワーク  ここ数年、地上波のニュース番組でも「海洋プラスチックごみ問題」に関連して、「マイクロプラスチック」が取り上げられる機会 … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

音楽療法で健康を支援

大学生ネットワーク  音楽療法という言葉を知っているだろうか。これは、音楽の力と人との関わりを使って健康支援を行うことだ。そこで音楽療法につ … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

日本学生esports協会 若い世代にSDGs認知拡大・社会貢献活動を推進「ゲームで世界を救う」 

大学生ネットワーク  ここ数年、据え置き機やスマートホン、PCなどの機器を使用したビデオゲーム対戦を、スポーツ競技として捉える「eスポーツ」 … 続きを読む»