豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

人口増加率世界13位タンザニア 公立学校の問題点「教師が教室に来ない」 学校建設で教育向上を図る!

2020.01.15 (水)

 
 主に日本・アフリカで活動する特定非営利活動法人コンフロントワールドが、タンザニアのムトワラ州・マサシ県にて私立小学校の設立を目指す教育センターと協働することが決定。

 教室建設の資金提供を皮切りに、「生徒の選択肢が広がる教育」を提供することを目的とした学校作りを開始する。

 タンザニアでは私立学校の数が少なく、ほとんどの子どもたちが政府の管理下にある公立学校に通っている。しかし、公立学校では教育の質が低いことが大きな問題となっており、特定非営利活動法人コンフロントワールドは、以下のような点を指摘している。

●生徒数に対して教員、机、椅子、教室、教科書等が不足している
●教師が時間になっても教室にこない
●教師が十分に教科を理解していない
●教師が教室に来ても教科書を黒板に丸写しだけしかしない
●モチベーションのある教師が少ない
●家族の教育の重要性に対する理解が少ない

 この結果、公立学校の生徒の学力レベルは極めて低く、例えば中学校レベル終了時の国家試験合格率はたったの3%程度に留まっているという。

 現在、タンザニアの人口増加率は世界第13位で、今後15年間で人口が約3000万人増加すると予測されている。そのような社会的な背景の中で、さらに教育の質の向上が重要課題となっている。

 今回の教室建設への支援を皮切りに、特定非営利活動法人コンフロントワールドは、教育の質の向上と学校運営の支援も行う予定。

<特定非営利活動法人コンフロントワールド プロフィール>
「不条理の無い世界の実現=生活と権利が保障され、 誰もが自分で未来を決められる社会の実現」を目的に、主に日本・アフリカで活動する特定非営利活動法人です。学生・社会人スタッフが力を合わせ、ウガンダ共和国での衛生環境の改善やペルー共和国の刑務所発ファッションブランドの販売、国内での啓発活動などを行っている。

特定非営利活動法人コンフロントワールド

https://confrontworld.org

オススメ記事

農林水産大臣賞は「家庭系食品残渣の堆肥化」に取り組む長崎県立諫早農業高等学校 生物工学部!「第11回 食品産業もったいない大賞」表彰式 

SDGsフォーカス  13日、都内で「第11回 食品産業もったいない大賞」(主催:公益財団法人食品等流通合理化促進機構)の表彰式典が行われま … 続きを読む»

過疎地域救済のアイデア出しを実施! 兵庫県「第2回 HYOCON(ヒョウコン)」開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県は、少子高齢化や過疎化が進む県内の多自然地域の住民が、地域課題解決のため、高い専門性を持つ大学や企業と連携して行 … 続きを読む»

大学や企業等との連携で地域課題の解決を目指す! 兵庫県 魅力ある多自然地域づくり「第1回 HYOCON(ヒョウコン)」を開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県では、持続可能な生活圏の形成を目指し、地域の活動団体が大学や企業等と連携して取り組む地域づくり活動を「ひょうご絆 … 続きを読む»

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

内定辞退・就活白紙! 被災地・気仙沼への旅をきっかけにIターン就職 大卒女性の価値観を変えた経験とは…

SDGsフォーカス  宮城県気仙沼市といえば2011年3月11日に発生した東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けた地域のひとつです。この … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»