豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

高齢者の孤立 地域の声掛けが鍵

成蹊大学新聞会

2020.01.21 (火)

 
 総務省統計局の人口推計(2019年11月1日時点)によると、日本における65歳以上の割合は28.5%を占める。これは海外のものと比較しても高い水準だ。超高齢社会の日本に住む私たちは、高齢者が抱える問題について考えるべきだろう。そこで成蹊大学文学部の渡邉大輔准教授に、高齢者の孤立について取材した。

 「孤立」の意味は、家族を含めた人とのコミュニケーションがないことである。その要因の一つは、身体機能の低下だという。筋力が衰え身体への負担が増えることは、外出する機会の減少につながり、コミュニケーションを取りにくくさせる。

 また、加齢による抑うつや認知症も高齢者の外出意欲を失わせる理由の一つだ。

 自宅の立地が原因となり他人との交流が減る場合もある。エレベーターのない団地などで暮らす高齢者は、外に出ることがおっくうになりやすい。

 さらに、孤立すると災害時に一人で逃げるのは困難になる。もし危険を知らせる警報が鳴っていたとしても、難聴であれば気が付きにくい。また地震でゆがんだドアは平常時よりも開ける際に力がいるため、高齢者には困難である。

 このような状況を防ぐためには、高齢者が互いに声を掛け合いながら集まるような憩いの場が必要だ。武蔵野市のいきいきサロンでは、運動や脳トレなどの多様な活動を行っている。これらは高齢者の「孤立」を解消する上で大いに役立つ。

 また、体操クラブをはじめとした人の集まる場に、何度も通うことの意義も大きい。顔なじみが増え、狭くなりがちな社会関係が広がり、新しい役割を得るなどの良い効果を持つ。

 高齢者の孤立を解消するために学生にできることはあるのだろうか。渡邉准教授は「困っている高齢者を見かけた時に、ちょっとした声掛けをすることが大切だ」と話す。家族や親族はもちろん、学生も声掛け地域のボランティアへ参加することで高齢者の助けとなる。自分自身で意識して行動することが大切だ。

※記事は成蹊大学新聞会2019年12月号(No.320)2面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

https://www.seikeipress.com

オススメ記事

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

大学生ネットワーク  海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可 … 続きを読む»

千葉大学学生がマイストローをデザイン「プラスチックごみの削減とSDGsの意識向上」に期待

大学生ネットワーク  国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会が、環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザインした。  同大学は株式会 … 続きを読む»

青山学院大学 関東圏内で初! フェアトレード大学に認定

大学生ネットワーク  青山学院大学が、国内4大学目となるフェアトレード大学に認定された。関東圏では初のフェアトレード大学認定となる。  同認 … 続きを読む»

大学生ら「脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める」約27万筆の署名を提出

大学生ネットワーク  大学生や高校生などの学生によって構成される気候危機ネットワーク「フライデーズ・フォー・フューチャー」(以下、FFF)と … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»