企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

高齢者の孤立 地域の声掛けが鍵

成蹊大学新聞会

2020.01.21 (火)

 
 総務省統計局の人口推計(2019年11月1日時点)によると、日本における65歳以上の割合は28.5%を占める。これは海外のものと比較しても高い水準だ。超高齢社会の日本に住む私たちは、高齢者が抱える問題について考えるべきだろう。そこで成蹊大学文学部の渡邉大輔准教授に、高齢者の孤立について取材した。

 「孤立」の意味は、家族を含めた人とのコミュニケーションがないことである。その要因の一つは、身体機能の低下だという。筋力が衰え身体への負担が増えることは、外出する機会の減少につながり、コミュニケーションを取りにくくさせる。

 また、加齢による抑うつや認知症も高齢者の外出意欲を失わせる理由の一つだ。

 自宅の立地が原因となり他人との交流が減る場合もある。エレベーターのない団地などで暮らす高齢者は、外に出ることがおっくうになりやすい。

 さらに、孤立すると災害時に一人で逃げるのは困難になる。もし危険を知らせる警報が鳴っていたとしても、難聴であれば気が付きにくい。また地震でゆがんだドアは平常時よりも開ける際に力がいるため、高齢者には困難である。

 このような状況を防ぐためには、高齢者が互いに声を掛け合いながら集まるような憩いの場が必要だ。武蔵野市のいきいきサロンでは、運動や脳トレなどの多様な活動を行っている。これらは高齢者の「孤立」を解消する上で大いに役立つ。

 また、体操クラブをはじめとした人の集まる場に、何度も通うことの意義も大きい。顔なじみが増え、狭くなりがちな社会関係が広がり、新しい役割を得るなどの良い効果を持つ。

 高齢者の孤立を解消するために学生にできることはあるのだろうか。渡邉准教授は「困っている高齢者を見かけた時に、ちょっとした声掛けをすることが大切だ」と話す。家族や親族はもちろん、学生も声掛け地域のボランティアへ参加することで高齢者の助けとなる。自分自身で意識して行動することが大切だ。

※記事は成蹊大学新聞会2019年12月号(No.320)2面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

文京学院大学の大学生 “復興を願う”台風19号被害 埼玉県川越市へ義援金を寄付

大学生ネットワーク    文京学院大学は、台風19号の被害を受けた埼玉県川越市民に対して行った学生らによる支援募金を義援金として、 … 続きを読む»

「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」38名に資格認定 「考えることより動くということを学びました」

大学生ネットワーク    2月7日、千葉大学の西千葉キャンパスで今年度の「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」の資格認定証授 … 続きを読む»

地元自治体や事業所と取り組む平時・発災後の地域減災対策 2月6日(木)からパシフィコ横浜にて

大学生ネットワーク  工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2月6日からパシフィコ横浜で開催される「震災対策技術 … 続きを読む»

工学院大学建築学部の大学生 “随所にこだわり”地産地消ものづくりで倉庫を製作!

大学生ネットワーク    工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生グループである「K×Kプロジェクト」 … 続きを読む»

大手前大学 健康栄養学部学生 コンビ食品を活用した慢性腎臓病食レ シピを開発!

大学生ネットワーク    大手前大学(本部:兵庫県西宮市)健康栄養学部の4年生が、コンビニエンスストアの食品を活用した慢性腎臓病食 … 続きを読む»

千葉大学 「Chiba Winter Fes 2020」開催! 日本一やさしい環境イベントを目指す!

大学生ネットワーク    千葉大学環境ISO学生委員会は、千葉大学の学生や地域の住民の方に対してエコ意識の啓発をすること、地域を活 … 続きを読む»

県立広島大学生 「レモンを通じて社会貢献」 地元高校生と協力して収穫サポート!

大学生ネットワーク    県立広島大学の人間文化学部健康科学科の学生たち12名が1月11日、「レモンの島」と呼ばれる広島県大崎上島 … 続きを読む»