企業様へ

短期プロジェクト部員募集

「バーガーキング」の「イジメ防止」動画に日本でも多くの反響

2017.10.26 (木)

 日本を含め世界各国に14,000店以上展開しているアメリカ発祥のファストフード・チェーン店「バーガーキング」が24日、10月の「全米イジメ防止月間」にあわせて、キャーンペーン動画を公開。日本国内では、日本語訳がつけられた動画がネットで拡散され、大きな反響を呼んでいる。

 まず、動画の冒頭、「世界で毎年、30%の生徒がイジメられます。ハイスクールJr.とワッパーJr.をイジメて、どちらに声をあげる人が多いかを調べました」とテロップで趣旨を説明。ちなみに「ワッパーJr.」とは、「バーガーキング」の商品名である。

 動画は、アメリカの「バーガーキング」店内で、一人の男子中学生が数人の男子中学生からハンバーガーにドリンクをかけられたり、押されたりするなどのイジメを受けているという設定。派手にイジメが行われている中、店内にいるお客は見て見ぬ振り。そこで、ある仕掛けが実行される。

 その仕掛けとは、店員が一般客に「ワッパーJr.」を潰して提供するという行為。これは「イジメられているハンバーガー」を表現しているのだが、包みを開けた客はグシャグシャに潰されているハンバーガーに困惑し、当然店員にクレームをつける。その割合は実に95%だったが、「中学生のイジメ」を止めに入ったのは、わずか12%の人たちだけだった。

 人間とハンバーガーを一緒の問題として考えることは難しい部分もあるが、動画は自分のことだけではなく、目の前で起きていることにも目を向ける…、つまり当事者意識を持つことの大切さや弱者を助けることの勇気を示唆している。

 YouTubeで公開されたオリジナル動画は現在まで200万回ほど再生されており、また日本語訳付きの動画はリツイート数が3万件以上、「いいね」数は4万件以上もつけられている。

「泣きそうに、目頭が熱くなりました」
「声を上げる事の大切さを改めて感じました」
「こんな世界になるといいよね」
「自分に関わること以外に、目を向けることが出来ない今の世の中を現してて、ちょっと複雑な気持ちになりました」


などと、多くのツイッターユーザーは動画を評価している。

「イジメ」問題も当然のことながら、全ての社会課題に対して、「当事者意識」と「手を差し伸べる行為」は共通して言えることだろう。

「BURGER KING/Bullying Jr.」

オススメ記事

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

SDGsフォーカス  豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いるか知っています … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国!? ︎制度の確立には遠い道のり

SDGsフォーカス   豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月23 … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

SDGsフォーカス  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

身近に潜む貧困問題と対処法…大学生の奨学金問題とブラック企業にも迫る!

SDGsフォーカス  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生のマスです!  最近、新聞やテレビで「女性の貧困」や「子どもの貧困」、「障がい者 … 続きを読む»

「パラスポーツ絵画・作文コンテスト表彰式」斎藤工、山里亮太がゴールボールの競技性に新たな発見

SDGsフォーカス  21日、東京・日本財団パラリンピックサポートセンターで、「パラスポーツ絵画・作文コンテスト表彰式」(日本財団パラリンピ … 続きを読む»

中田英寿が考える社会貢献のイメージと課題「もっと世の中の多くの人たちが情報をシェアすること」

SDGsフォーカス  11日、港区六本木のグランドハイアット東京で、スポーツの力を活用して、社会貢献やソーシャルイノベーションを起こそうとし … 続きを読む»

サッカー元日本代表の宮本恒靖「HEROs AWARD」大賞…ボスニア・ヘルツェゴビナでの活動が評価

SDGsフォーカス  11日、港区六本木のグランドハイアット東京で、スポーツの力を活用して、社会貢献やソーシャルイノベーションを起こそうとし … 続きを読む»