豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

愛知学院大学 「フードロス✕子ども食堂」開催! 大学生が自主的に活動!!

2020.11.16 (月)

 
 愛知学院大学経営学部は14日、同学部のゼミ活動の一環として「フードロス✕子ども食堂」の取り組み「たべっこ」を開催した。

「たべっこ」プロジェクトは、フードロス問題を研究したい学生と「子ども食堂」に関心がある学生の別々のアイデアが結び付いてスタート。余った食材の活用と食材の確保だけでなく、参加した子供たちにフードロスを伝える狙いもあるという。

 学生はアルバイト先のスーパーマーケットに相談したり、場所を確保するために行政に働きかけるなど課題を一つひとつ克服。学生が情報収集している中で、フードロス問題に関心のある企業や同様の活動を行っている地域の人々と出会うことができたそうです。

 第3回目となった今回は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、急遽フードパントリー形式で実施。提供いただいた食品に加え、子供たちが持ち帰って食べられるように、炊き込みご飯、から揚げ、エビフライ、なばなのお浸し、大学芋を事前調理し、お弁当として配布しました。ゼミメンバーの知り合いからいただいた手作りマスクも併せて配布され、真心のこもったフードパントリーになりました。
 

 
 第一回は2020年9月、第2回は10月に開催している。

【学生のコメント】
実際に自分達で子ども食堂を開こうと決めたものの、最初は何から手を付けたらいいかもわからず不安でした。また、コロナの影響で思うように活動できず苦労しました。ですが、その期間は他の子ども食堂のお手伝いをさせて頂き、運営方法を教えて貰ったり、取材をして様々な人と繋がることができました。その結果、多くの人に協力頂いて「たべっこ」を開催することができました。子ども達の笑顔を見ることができ、この活動をして良かったと思います。今回はフードパントリーによる開催となりましたが、今後も続けていきたいです。

【愛知学院大学経営学部経営学科 林幹人教授コメント】
情報やコミュニケーションという点から見るとこのプロジェクトは「食べられるのに使われない食品の情報」と「子ども食堂のために食材が必要という情報」をつなぐ活動です。情報をつなぐというとSNSの活用などが思い浮かびますが、実際はそれほど簡単ではありません。フードロスを減らしたい企業にとって処分される食品は、元々は大切な商品。社会のために活かされる確信が持てなければ渡せません。そこで必要となるのが「信頼」です。学生たちは協力いただけそうな人や企業を直接訪ねて思いを伝え「信頼」を得ることができたからこそ実現できたと思います。

オススメ記事

新潟医療福祉大学の地域貢献団体 社会福祉功労者として表彰

大学生ネットワーク    新潟医療福祉大学学友会所属の地域貢献団体『レクア.コム部』の『一休さん』運営グループが15日、『新潟市社 … 続きを読む»

工学院大学 グルテンフリー米粉麺を共同開発 食品ロス削減へ

大学生ネットワーク    工学院大学が、アルファ電子株式会社と米粉由来の麺「う米めん」(うまいめん)を開発した。高アミロース米を使 … 続きを読む»

工学院大学 新たな医学的知見を抽出する技術を開発 医療・健康分野への活用に期待集まる

大学生ネットワーク    解析技術が発展し、遺伝子の塩基配列を短時間で読み出せるようになり、生命に関するデータが日々蓄積されている … 続きを読む»

「教えて先輩! 金融業界編」就活に役立つ自己分析法とは!? 若手社員が実際のESを公開!!

大学生ネットワーク    豪田ヨシオ部は9月26日、現役大学生を対象にした就活座談会「教えて先輩! 就活・キャリア研究所 金融業界 … 続きを読む»

安全・安心な観光地の作り方とは? 「コロナ禍」跡見学園女子大学の篠原靖准教授が解説する観光業界の未来!

大学生ネットワーク    2020年8月現在、国内外は依然として新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、厳しい状態が続いています … 続きを読む»

「国際色豊かな大学」ランキング 東大や早慶を抑えてあの公立学校が1位! 充実した英語教育制度が鍵!

大学生ネットワーク    オンライン受験コーチング『スタディチェーン』を運営するHUSTAR株式会社の編集部が、現役大学生・社会人 … 続きを読む»

難病患者を介助する大学生ボランティア「心優」 代表者の熱い想い「難病患者と社会をつなぐ場をサポートしたい」

大学生ネットワーク    筋ジストロフィーをはじめとした難病児・者や障害児・者の支援活動を行っている学生ボランティアチーム「心優」 … 続きを読む»