豪田部とは

大学生へ

日本の自然が危ない?! 消えていった野の鳥たち!

2017.11.12 (日)

 こんにちは! 豪田ヨシオ部インターンのマスです! 今回、私は公益財団法人日本生態系協会さんにお伺いし、インタビューして参りました。

 皆さんは自然について考えたことがありますか?
 その中でも生態系が危機に瀕していることをご存知ですか?

 例えば、風力発電所の風車に衝突する「バードストライク」が原因で死んだ野鳥が、2001年から2014年3月までに国内で確認されただけでも約300羽にのぼり、このうち天然記念物オジロワシなど絶滅危惧種は6種計42羽だったという、「日本野鳥の会」自然保護室の浦達也さんの研究発表もあります。

 私は正直、生態系についてはインタビューする前まではあまり意識したことがなく、現状もほぼ知らないままでした。しかし、今回インタビューをしてみて、日本の生態系が直面している惨状を垣間見ることが出来、より多くの人と情報を共有したいと思いました。

 そこで、私がお聞きしたことをまとめ、ご紹介していきます!
 

野鳥の減少大問題! 明治時代からの産業発展が原因か?

 
 日本では具体的な減少数は調査を行っていないのでわかりませんが、およそ30年前は国内でもそこそこ野鳥が残っている地域がありました。北海道や浅間山麓、富士山麓が主な例です。これらの地域は日本の本来の姿に近いとされています。本来の姿とは、江戸時代の頃です。

 公益財団法人日本生態系協会の池谷奉文会長は、「野鳥は、本州で言えば6月初め、朝になるとすごいことがわかる。4時半から5時の30分間位、一斉に野鳥が鳴く。山が持ち上がるように数十種類の野鳥が一斉に鳴く。それを、『野鳥のコーラス』と呼ぶのだが、そのコーラスは全国で今は減少し、どこも深閑(しんかん)としている」と説明しました。

 また、「ここ10年で、身近なスズメやツバメですら減っています」と言っていて、私自身、確かに街中でそういった野鳥ですら見かけることは少なくなったと感じました。

 江戸時代、都内も含め関東平野に国内の野生トキやコウノトリは普通にいたとされています。トキやコウノトリは高次消費者とされ、それを保つ生態系があったということで、多くの自然が在ったとされています。彼らはその後の環境の変化が原因となり、日本では一度絶滅してしまいました。現在、全国各地でトキやコウノトリの野生復帰に向けた取り組みが進められています。
 

画像:公益財団法人 日本生態系協会より
 
 池谷会長は、「野鳥は明治時代に入り、産業技術の発展と共に、自然が破壊され、激減し始めたとされている。そして現代に至っている。その後も、日本は自然環境を破壊し、今は日本の野鳥は惨憺たる状態である。一方で、現在、自然再生事業に中国や韓国が力を入れている」と解説しました。

 中国や韓国に対して、そういったものとは程遠いイメージを私は抱いていました。しかし、そういったお話をお聞きすることで、広い視点で物事を考えようと思いました。中国や韓国から倣える事もあるのではないか等考え、自分自身で知識を広めていければと考えました。

 池谷会長は続けて、「また、ブータンやチベットでは人々が持続可能性の高い生活をしているので、これからの世界をリードしていくだろう。日本は自然普及活動があまり広がっていない」と、力を入れている国と比較して、日本が遅れている状況をより強調しました。
 

日常生活で見かける事が増えたカラス! なぜ増えた?


 
 カラスが増えた理由として、池谷会長は「生態系が崩れたから」と指摘し、続けて、「本来、一番下に土があり、その上に生産者として植物たち、その上に第一次消費者の昆虫たち、その上に第二次消費者としてカマキリやカエルなどの小動物たち、その上に第三次消費者として小鳥やヘビなど。そして、第4次消費者(高次消費者)としてタカやフクロウがいる。その第4次消費者(高次消費者)が自然を壊すことで減少してしまったためにカラスが頂点となり、小鳥たちや人の出すゴミを食べ、増えてしまった」と話しました。

 カラスは、間近で見るととても大きく迫力があります。そして賢いです。私は、数年前、公園で子供がベンチに食べ物を置いてよそ見をしていた隙に、その食べ物を奪って逃げていったところを見たことがあります。その光景を見た私は、とても狡猾で強い鳥だと感じました。

 池谷会長はその解決策として、「カラス問題を解決するには、タカやフクロウのいる森を再生しなければならない。そうすれば、カラスの数は減り、適切な生態系のバランスになる。自然と共存できる国土を作ることが大事。『エコロジカルネットワーク』や『コリドー』が必要」ということを挙げました。
 

出典:国土交通省関東地方整備局ホームページ
 
 上のイラストのように、核となる自然生態系を何箇所か作って、それを結んでいく。これは「エコロジカルネットワーク(Ecological Network)」と定義され、大拠点・中拠点・小拠点を結ぶ緑の回廊を「コリドー(Corridor)」と呼びます。自然生態系を保つには、高次消費者であるタカやフクロウが住めるくらいの森、湿地帯なりの自然を復元して、それを街の中に何箇所か作って、色んな生物が行き来できなきゃいけない、繫いでいかなければならないということです。

 また、自然生態系を保つメリットとして、空気を綺麗にする、水を作る、遺伝子が残るという他に、土壌を作るため、例えば雨が降った際に土砂崩れ等の災害が起きづらくなり、防災・減災機能にも役立ち、住みやすい街になる、ということが挙げられます。自然生態系は人間の生活基盤なので、本来守っていかなければなりません。
 

森林率が高い日本! しかしその内情は?

 
 日本国土全部の68%は森林とされています。世界各国の森林率と比較しても、日本は上位です。確かに私自身、旅路等で森林を見かけることが多いです。

 池谷会長曰く、「これをヨーロッパの方々が聞くと、『自然がいっぱいあるね』と返答するが、実際には自然がないとされている。それは、68%の中身を見ればわかる。現に、日本では野鳥が減少していることから、生態系が貧弱になっている。日本の現状は、緑はあるけれども自然が少ない。『緑=自然』ではない。また、『里山』は、田んぼや畑、木や森林、農道があっても自然ではない。田んぼは稲が植えられているが、稲は東南アジアの外来種であり、日本の自然のものではないので、生き物の数も知れている。更には、田んぼの土壌も減りつつある。日本にはこのように、様々な課題がある」と語りました。

 私が今回インタビューをしてみて、まず、新しい発見が沢山ありました。中国や韓国等様々な国が今、環境問題に立ち向かっていること。一般的に悪い印象しかないカラスですが、カラスの例があるように、生態系は適切なバランスがあった方が良いこと。自然と緑は違うものであること等、「なるほど!」と思えることばかりでした。

 次に、考えたこととして、生態系の崩壊についてです。生態系の崩壊は私達が生活していく上で身近な問題だと思います。しかし、あまり日頃からそれがカラスの繁殖等の実害に繋がると意識したことがなく生活していました。なので、今回のインタビューで意識しようと考えるようになり、自然について見る目が変わりました。

 日本が環境面において、他の国に負けず、野鳥が戻ってくる、自然が戻ってくる、そんな国になっていけるように、まずは若者の1人として私自身がやれる事として、自分の周りの友人や家族に今回のインタビューのお話をする事で、他の人たちにも認知してもらい、一緒に考える。また、若者が多用するSNSでも自然に関した投稿や記事を共有する。そういったことで少しでも周りの人達に意識してもらう。地味で小さなことかもしれませんが、日常で出るゴミや投棄が少しでも減るかもしれません。

 私は、大学内のボランティアセンターに所属し、『植林活動』や『地域支援』等様々なボランティア活動に参加してきました。その中で、以前は抵抗があったボランティア活動が、取り組みやすいものになりました。社会人になっても、「何故、このボランティアが今必要とされているのか?」ということを考えつつ、参加していければと思います。
 

オススメ記事

国内最大級の移住マッチングイベント「第17回ふるさと回帰フェア2021」10月17日(日)開催!

SDGsフォーカス  全国の自治体と連携して移住を支援する認定NPO 法人『ふるさと回帰支援センター』が、10月17日(日)に有楽町・東京国 … 続きを読む»

【地方移住したい大学生へ】新潟県糸魚川市にIターン就職した大卒若者女性がアドバイス 「やりたいこと」「環境」「支援制度」が大事!

SDGsフォーカス  人々の多様な価値観が広がる中で、「生き方」も変化しています。大都市での生活様式に違和感を抱き、「自分のやりたいこと」に … 続きを読む»

世界各地で自然災害 環境への意識調査「一人一人が行動をすれば変わっていく」

SDGsフォーカス  2021年8月現在までに、世界中で大規模な自然災害が起きている。  直近において、6月には中国黒竜江省では大雨による洪 … 続きを読む»

【気候変動と貧困】今後10年間で新たに1億3200万人が貧困に陥る可能性 新型コロナウィルスの影響で増加懸念も

SDGsフォーカス  ここ数年、世界各地で問題となっている気候変動が、貧困にも密接に関わっているのをご存知でしょうか?  豪田ヨシオ部は、貧 … 続きを読む»

秋葉原・メイドさんたち 清掃活動を実施「きれいな街づくり・活性化を目標」

SDGsフォーカス  7月11日、秋葉原のきれいな街づくり・活性化を目標とした「Akibaくり~ん大作戦」が開催された。  同活動は主催がJ … 続きを読む»

「2021最新版」SDGs認知調査 意識が低めの30代、20代と60代は意識高め

SDGsフォーカス  ゼネラルリサーチ株式会社が、全国の20代~60代男女を対象に、 「SDGs達成に向けて私たちができること」に関する調査 … 続きを読む»

日本最高位は三菱UFJ 米環境NGOが国内外メガバンクなどの森林方針の評価を発表 

SDGsフォーカス  環境NGO「レインフォレスト・アクション・ネットワーク」他7団体は、6月8日に『森林と金融』データベースのウェブサイト … 続きを読む»