企業様へ

短期プロジェクト部員募集

SDGs企業研究

「資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター」メイクアップでがん患者の“外見と心”の両面をサポート

2019.09.06 (金)

 
 化粧品シェアで国内1位の化粧品製造・販売メーカーである資生堂は、創業以来、美容に関する課題を徹底的に追求してきました。それはただ化粧品の力で人を美しく見せるという、単純な“美”の観点にとどまりません。

 実は、あざや白斑、またはやけどあとといった肌や外見上の変化により、素顔を見せたくないと悩む方々たちのカバーメイクアップにも尽力してきた歴史があります。その取り組みの一環として現在力を入れているのが、がん患者のためのカバーメイクアップ。どのような活動を行っているのかを肌に深い悩みをお持ちの方へメイクアップ方法をアドバイスする専門の施設「資生堂ライフクオリティービューティーセンター」の担当者・苅部裕己さんに聞きました。

 まず、現在の日本のがんについて、確認しましょう。

 国立がん研究センターの調査によると、日本のがん罹患(りかん)率は、男女ともに50歳代ぐらいから増加、がんの死亡率については、男女ともに60歳代から増加し、高齢になるほど高いと分析されています。また、日本人の2人に1人が、生きている間に一度はかかるといわれています。しかし、その中でがんが直接の原因で亡くなる人は、男性25%(4人に1人)、女性15%(7人に1人)でしかありません。医学の進歩により、がん患者の生存率はかなり上がってきています。

 その理由のひとつに抗がん剤治療があるのですが、副作用との闘いも逃れられません。若ければ若いほどその闘病生活は長期になることもあるようです。センター調査の数字から考察するに、がんは中年から高齢にかけて患う可能性の高い病気に思うかもしれませんが、若い方々もがんを患う可能性はあります。まだ、がんと向き合うのは先の未来と考えている若い人こそ、理解を深めた方がよい病気かもしれません。

 

メイクアップで外見面のサポート

 
 資生堂が火傷あとやあざを目立たないようにする化粧品の研究を始めた歴史は古く、戦後しばらく経った1956年までさかのぼります。この年、戦禍によるケロイドに悩む人のために、痕を目立たなくするファンデーション「スポッツカバー」を発売したのが始まりです。

 以降同社では、肌に悩みを抱える人々のために研究を重ね、青あざや白斑、そして傷あとをカバーする化粧品を開発してきました。しかし、専用の製品を発売しても、ちゃんと化粧をする方法が伝わらないと意味がありません。そういった肌や外見上の変化に悩む方に使用法などをレクチャーするため、ライフクオリティービューティーセンターは2006年6月に資生堂誕生の地である銀座に設立されました。

「がん患者さんの支援をしている団体から、がん患者さんが抗がん剤治療の副作用などで、眉毛が抜けてしまうことがあるので、メイクなどでサポートできないかと相談いただいたのが、がん患者さん向けにメイクアップアドバイスを始めたきっかけです」(苅部さん)
 

▲メイクで「あなたらしさ」をサポートする資生堂
 
 以降、国内のみならず上海、台湾、シンガポールと、海外に同様の施設が開設され、香港でも同活動を展開しています。設立当初はあざや白斑、やけどあとや傷あとの凹凸などに悩む方を中心にメイク方法を教えていたそうですが、2013年頃から同センターでもがん患者向けのメイク指導を行うようになりました。

 突然ですが、みなさんは 「アピアランスケア」という単語を知っていますか?

 病気やケガなどによる外見の変化に対しケアする行為のことです。その中の一つにメイクアップがあります。抗がん剤をはじめとする薬物療法の副作用による外見の変化などにより「外で自分の顔を見せたくない」と外出をためらわれたり、場合によっては、社会との接点が希薄になってしまうこともあるそうです。

  抗がん剤治療は、当事者以外の人が考えるより、はるかに重いストレスになっていることが多いようです。そういったストレス軽減のため、現在「アピアランスケア」は医療の現場だけでなく、その一部として美容の面でも注目されています。なお 資生堂では「ライフクオリティー メーキャップ」と呼んで活動しています。 

「センターを訪れる方の中には、マスクやサングラスなどで顔を隠しうつむき加減でいる方も多くいらっしゃいます。1年くらい悩んでようやく決心して訪れたという方もいるほどです。お越しになられた方には、お悩みの原因について深く追求せず、メイクアップでの外見面の解決方法をお伝えするのが我々の仕事です」(苅部さん)
 

「簡単に自宅でも再現ができるメイクのアドバイス」がポイント!!

 
 ライフクオリティービューティーセンターでは、その場でのメイクだけではなく、自宅でもできるメイク方法を指導しています。もちろん、今までメイクの経験が殆どない男性なども訪れることが多いため、できるだけ、簡単なメイク方法を教えるのが重要だそう。
 

 
「今までのパーフェクトカバー製品だと、3色しかなかったため、それぞれの悩みに合わせ、ファンデーションの濃淡を調整しなければならならず、かなりコツを必要としました。『パーフェクトカバーファンデーションMV』は7色となり、以前より使いやすくなりました。センターに約1割程度男性が訪れますが、メイクの経験がなくても『意外と簡単にできるんだね』とおっしゃって頂いています」(苅部さん)
 

▲あざや白斑、傷あと、抗がん剤の副作用などによる肌色変化など、さまざまなお悩みに対応する「パーフェクトカバーファンデーションMV」
 
 それぞれの方の悩みによってメイクの方法は違うが、メイクをしていくうちに反応は好意的になっていくとのこことでした。

「がん患者さんは、抗がん剤治療や手術などにより、肌の色が変化したり、傷あとが残ってしまう方もいらっしゃいます。そういった方にメイクをして、今まで沈んでいた顔がパッと明るくなり、『元の自分に戻れた気がする』と喜んでもらえると嬉しいですね。もちろん100%の要望には応えらえないこともありますが、多くの方に喜んでいただいていると思います」(苅部さん)

 

▲メイク室は明るい雰囲気。本人だけでなく家族や友人と来客した際にも対応できるようにソファーも完備

 

「アジア地域以外でもがん患者さんへのメイクの重要性を伝えたい」

 
 このような想いは銀座のセンター以外にも、「パーフェクトカバーファンデーションMV」を取り扱っている資生堂の店舗でも浸透しているそうです。取り扱い店舗は全国約440店舗で、カウンセリング店舗と呼ばれ、メイク方法を学んだスタッフが常駐しているそうです。

 また、資生堂が推進しているがんサバイバーに向けた活動である「LAVENDER RING」でも、“MAKEUP&PHOTS WITH SMILES”に参加し、化粧のちからでサポートしているそうです。この活動は、現在、日本人の2人に1人が「患う」と言われており、がんをもっと社会に理解してもらうためのもので、がんを患った経験を持つ人、持たない人、現在闘病中の人、全ての人ががんを正しく理解し、皆で支え合える社会を作ろうという活動です。

 そのラベンダーリングプロジェクトとして、今年の3月30日に開催された、がんサバイバーの祭典「Minato City LAVENDER RING DAY 2019 at ゆかしの杜」では、同セミナーや資生堂の美容室、プロのフォトグラファーやデザイナーがコラボし、参加を希望されたがんサバイバーをモデルに現在熱中していることなどを記載してもらいポスターを製作、発信しています。また、現在は上海、台湾やシンガポールなどにもライフクオリティービューティーセンターの拠点がありますが、今後はもっと活動の場を広げることが大きな目標なのだそう。
 

 
「現在は、アジア地域にしかお伝えできていないので、もっと幅広い地域に伝えていけたらなと思っています。今年5月のシンガポール進出の際は、ファンデーションをこれまでの7色から全12色と幅広い色調に増やしました。これによりもっと多くの方々のお役に立てるのではないかと思います」(苅部さん)

 

情報が届いていないのが課題! まずは身近な人に伝えてみては!?

 
 資生堂では、社会貢献として環境・社会・文化という三つのテーマを重視しています。社内では、それぞれ「プロテクトビューティー」「エンパワービューティー」「インスパイアビューティー」と呼ぶそうで、ライフクオリティービューティーセンターの活動はエンパワービューティーに該当します。 

「この活動を通して感じたのが、伝えることの重要さですね。社会価値を伝える活動としてやっているとはいえ、正直そこまで認知はされていないので、悩んでいる多く人のところに情報が届いていなのが現状です。周りでお悩みをお持ちの方に『アドバイスしてもらえる場所があるみたいだよ?』とお伝えしていただけると嬉しいなと思っています」(苅部さん)

 エンパワービューティーでは、「ジェンダー平等」「ダイバーシティ&インクルージョン」なども重視しています。SDGsで考えると5番や10番に該当するといえるでしょう。もし、みなさんの身近に悩んでいる人がいるようならば、ぜひ「ライフクオリティービューティーセンター」の存在を伝えてください。きっと手助けをしてくれるでしょう。
 

資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター

https://www.shiseidogroup.jp/slqc/

オススメ記事

人材不足問題に挑むコマツ…建設生産プロセスをデジタル化する「スマートコントラクション」で解決!

SDGs企業研究    ここ数年、労働に関するニュースで「2025年問題」もしくは「2025の崖」という言葉が出てくるのを皆さん … 続きを読む»

「第28回地球環境大賞」受賞の大日本印刷…SDGsと製品の関連性を見出し、地球環境保護へ繋げる!

SDGs企業研究    大日本印刷株式会社(以下、DNP)は印刷会社の大手として有名ですが、環境への取り組みも注目されています。 … 続きを読む»

創業100年を超えた森永乳業…環境部門のSDGsポイントは「FSC_認証」「ロングライフ製法」

SDGs企業研究    日本の食品メーカーとして名高い森永乳業株式会社は、2017年に創業100周年を迎え、さらなるSDGs活動 … 続きを読む»

「CSRとは呼ばない!」hhc理念に基づくエーザイが取り組む製薬会社ならではのSDGs!!

SDGs企業研究    こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、法政大学2年のリン子です。  まず、エーザイの理念である「hhc … 続きを読む»

ビジネスの根幹を支える障がいのある社員! エフピコが取り組む“戦力”としての障がい者雇用

SDGs企業研究  こんにちは! 豪田ヨシオ部インタ—ン、早稲田大学3年生の「ぺき」です。  先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.3 キユーピー株式会社

SDGs企業研究 キユーピーの柳橋尚智さん(左)、田中友紀さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のちびた。   「愛は食卓にある。 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.2 ユニクロ~(株)ファーストリテイリング

SDGs企業研究 ファーストリテイリングのシェルバ英子さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のカイト(右)   全商品リサイクル活 … 続きを読む»