豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

環境負荷低減「骨ゴミの出ないラーメン」って? 

2020.01.31 (金)

 
 麺ビジネスの成功支援会社として、長年国内や海外の顧客問題解決にフォーカスしてきた大和製作所が販売している「リッチ・ラーメン・スープ」が、環境負荷低減にも効果があることがわかった。

 通常、店舗でラーメンスープを炊く場合には、最終的に「骨」が廃棄物として出てきます。この骨は、産業廃棄物として、焼却や埋め立てという方法で処理されています。

 実はこの骨処理が年間数十万円と高額であることだけでなく、結局廃棄物として処理しなければいけないという環境への負荷も大きくなっています。

 ラーメンが盛んな九州の一部の地域では、各ラーメン店からスープを炊いた後の豚骨を回収して、骨粉肥料とし、さらにその肥料を使ってネギを作る、ネギはラーメン店に販売という、サイクルをしている店もあります。

 同社のリッチ・ラーメン・スープは、個別の店舗において、骨の廃棄物処理の問題がなくなり、環境負荷の低減へと繋がります。

 チルドによる新鮮な肉付き鶏ガラ、厳選した豚骨など、こだわりの素材から自然な旨み、そして鮮度を大切につくられたスープ。昔ながらの細かな手作業で、血合いの除去や灰汁取りを続けることで、手間を惜しまない上質で濃厚なスープを作り上げています。化学調味料不使用・保存料無添加の食材本来の旨みを大切にした自然志向のスープです。
 

 
 職人のきめ細やかな作業を、製造工程で再現することで、安定した高い品質のスープを作り上げています。灰汁取りを3人がかりで1時間取り続けること、手作業で丁寧な血合い除去など、人手と手間をかけることで雑味のない濃厚な味わいを実現しています。チェックポイントを設けて温度・時間管理を行うなどの厳しい工程管理をすることで、仕入時期や人の体調に左右されない品質の安定したスープを届けることができるという。
 

オススメ記事

どうして? 大阪府の準絶滅危惧種「フクロウ」 岸和田市が生物多様性の保全に挑む「フクロウの森再生プロジェクト」

SDGsフォーカス    大阪府岸和田市は8月3日、「フクロウの森再生プロジェクト」のクラウドファンディングをスタート。そこで、豪 … 続きを読む»

レジ袋有料化で利用頻度が「減る」6割…厳しい意見も

SDGsフォーカス    リサーチ会社のマイボイスコム株式会社が、2回目となる『レジ袋の有料化』 に関するインターネット調査を20 … 続きを読む»

第6回「Women of Excellence Awards」吉田都さん、水野美紀さんが受賞

SDGsフォーカス   「自分らしく働き、輝く女性」の応援を目的として創設されたアワード「Women of Excellence … 続きを読む»

「世界幸福度1位」今、若い世代の起業熱が高いフィンランド! そのワケは教育制度にアリ!!

SDGsフォーカス    2020年3月の国際連合による「世界幸福度調査」で、3年連続1位に選出され、2019年にはワークライフバ … 続きを読む»

広瀬アリスさんも応援! 「給食が食べられない世界の子どもたちのために」 直筆サイン入り写真集当たる「くじ付き募金」をスタート!

SDGsフォーカス    認定NPO法人の国連WFP協会(横浜市)が、Yahoo!ネット募金で実施している「【新型コロナウイルス緊 … 続きを読む»

ポストコロナ時代を考える! 世界同時アンケート実施! 国境を超えたつながりを取り戻そう!

SDGsフォーカス    NHKの国際放送「NHK ワールド JAPAN」は、世界の公共メディアと国際機関、NGOが協力して行う参 … 続きを読む»