豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

早稲田大学4年生 ぺき

2018.09.07 (金)

 こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。

 日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと言っても過言ではない自然災害。近年は東日本大震災や熊本地震をはじめ、特に今年は6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨、そして9月には平成30年北海道胆振東部地震が立て続けに発生し、防災・減災に対する意識が高まっています。

 豪田ヨシオ部では防災月間である9月を迎えるにあたり、関東・関西の大学1-4年生を中心に防災意識調査アンケートを実施。現役大学生262名から災害や防災にまつわるリアルな声が寄せられました。
 
【アンケート調査概要】
・調査名:【大学生の防災意識調査アンケート】自分の身を守る備え、出来ていますか?
・実査時期:2018年8月24日(木)~ 9月2日(日)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:大学生
・回答者数:262名
性別:男性98人(37.4%)、女性162人(61.8%)、その他2人(0.8%)
学年:1年52人(19.8%)、2年71人(27.1%)、3年54人(20.6%)、4年84人(32.1%)
文理:文系89.7%(235人)、理系10.3%(27人)
 
【質問】
・ご自身が被災されたことはありますか?(一択回答)
・【”ある”と回答された方にお聞きします】次のうちどの災害で被災されましたか?(複数回答)
・災害に備えて何か準備していることはありますか?(複数回答)
・【”何もしていない”と回答した方】防災対策を実施しない理由は何ですか?(一択回答)
・何らかの災害が発生した際に、自分の身を自分で守る自信はありますか?(一択回答)
・災害用伝言ダイヤルを知っていますか?(一択回答)
・お住いの地域の災害危険区域を知っていますか?(一択回答)
・あなたにとって最も備えが必要だと思う災害はどれですか?(一択回答)
 
アンケート調査の結果、回答者262人のうち13.7%(36人)の学生が被災経験を持つことが分かりました。


●被災したことが「ある」13.7%(36人)、被災したことが「ない」86.3%(226人)
●被災した災害のうち最も多いのが、地震80.6%(29人)、次いで台風・大雨2.8%(1人)、落雷2.8%(1人)、火災2.8%(1人)、洪水2.8%(1人)、津波2.8%(1人)、その他5.6%(2人)という結果に

 

1 2 3

オススメ記事

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

日本が挑戦する脱炭素革命 ライバル企業・世代を超えて取り組むべき気候変動問題

SDGsフォーカス  コロナ禍による1年の延期を経てイギリス・グラスゴーで、COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が2021年 … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»

通勤環境や気候が決め手! 北海道にUターン就職した大卒女性 自分に正直に「何年も住み続けられるかな!?」

SDGsフォーカス  都内の大学に入学すると、なんとなく都内の企業へ就職しようと考えがちですが、そういった選択を取らない大学生も一定数います … 続きを読む»

【地方移住したい大学生へ】新潟県糸魚川市にIターン就職した大卒若者女性がアドバイス 「やりたいこと」「環境」「支援制度」が大事!

SDGsフォーカス  人々の多様な価値観が広がる中で、「生き方」も変化しています。大都市での生活様式に違和感を抱き、「自分のやりたいこと」に … 続きを読む»

世界各地で自然災害 環境への意識調査「一人一人が行動をすれば変わっていく」

SDGsフォーカス  2021年8月現在までに、世界中で大規模な自然災害が起きている。  直近において、6月には中国黒竜江省では大雨による洪 … 続きを読む»