企業様へ

短期プロジェクト部員募集

大学生ネットワーク

学⽣服から考える 変遷と直⾯する問題

成蹊大学新聞会

2019.09.18 (水)

 
 近年、ジェンダーに対する世間の関心が高まっている。特に学生服は、ジェンダー問題における一つの争点であろう。そこで制服の変遷と現代の課題について、成蹊大学文学部の今田絵里香准教授に伺った。

 制服が男女で異なる原因は、近代教育に由来する。1870年代、男子学生に軍服を模した詰襟の制服が取り入れられた。一方で、女学生は官立女学校でズボン状の「男袴」の着用が認められる。しかし、男子と同じものを着ることへの批判が相次ぎ、後に廃止されることとなる。75年には先の批判を受け、跡見女学校がスカート状の「女袴」を導入。他の女学校もこれに倣った。

 その後、第一次世界大戦下の欧米では、戦地に赴く男性に代わり、女性が労働を引き受けるようになった。この事実は日本国内に影響を与え、日本女性にも強い身体が求められ始める。それに伴い、1923年から動きやすいセーラー服が広まっていく。80年代には「ジェンダーと教育」に関する研究が活発化。制服が生徒に「男性らしさ」「女性らしさ」を押しつけていると指摘され、問題視されるようになる。

  現在、制服はLGBTの人々の視点からも批判されている。電通が2012年に行った調査によりLGBTの人々が注目を集め、制服について少しずつ配慮されるようになった。例えば、一部の学校では女子生徒がスラックスを選択可能となった。一方で、男子生徒がスカートを選択できる学校はほとんどない。

  ジェンダーやLGBTにまつわる問題は、制服の廃止で解決するわけではない。根本的な原因は服装全般におけるジェンダー規範にある。今田准教授は「規範を変えるためには、社会全体の意識を変える必要がある」と語った。私たちはこの規範について改めて考える機会を設けるべきだろう。

※記事は成蹊大学新聞会2019年7月号(No.318)4面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

最新技術を研究し、世界に挑戦する工学院大学ソーラーチーム

大学生ネットワーク    新たな知見や価値を創造する「21世紀型ものづくり」。  その最先端で活躍する人材の育成を行っている工学院 … 続きを読む»

“大学生ならではの発想”でSDGsと向き合う「第13回環境マネジメント全国学生大会」

大学生ネットワーク    9月10日、11日の二日間に渡り、千葉大学の西千葉キャンパスにおいて「第13回環境マネジメント全国学生大 … 続きを読む»

広島大の学生 ミャンマー・ヤンゴンのAAR 障がい者職業訓練校を寄付金で支援!

大学生ネットワーク    6月30日、広島大学で毎年恒例の夏祭り「ゆかたまつり」が開催され、同大学の総合科学部国際共創学科の学生と … 続きを読む»

武蔵野警察署に聞く 大学生と薬物

大学生ネットワーク     近年、違法薬物(以下薬物)使用者に関係するニュースが取り上げられている。薬物は私たちに縁のない話のよう … 続きを読む»

学生フェアトレード団体「ドリプロ」が「ラオスフェス」でラオスコーヒーをPR! 「こんなに飲みやすいんだ!」の評価に喜び!!

大学生ネットワーク    5月25、26日に都内の代々木公園で開催された「ラオスフェス2019」に、学生団体の「フェアトレード ド … 続きを読む»

企業ではなく「自分」が主役! 転職を念頭に置いた「タイ」の就活スタイルとは…

大学生ネットワーク  サワディーカ(こんにちは)。タイと聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。国民の9割以上が敬虔な仏教徒 … 続きを読む»

東洋大学「学ボラ・クリパト班」! 今後の目標は…他大学と協力して行う“東京都23区清掃”!

大学生ネットワーク  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターンのマスです! 新年からスタートした新コーナー「『豪田ヨシオ部』と愉快な仲間たち」で … 続きを読む»