企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

学⽣服から考える 変遷と直⾯する問題

成蹊大学新聞会

2019.09.18 (水)

 
 近年、ジェンダーに対する世間の関心が高まっている。特に学生服は、ジェンダー問題における一つの争点であろう。そこで制服の変遷と現代の課題について、成蹊大学文学部の今田絵里香准教授に伺った。

 制服が男女で異なる原因は、近代教育に由来する。1870年代、男子学生に軍服を模した詰襟の制服が取り入れられた。一方で、女学生は官立女学校でズボン状の「男袴」の着用が認められる。しかし、男子と同じものを着ることへの批判が相次ぎ、後に廃止されることとなる。75年には先の批判を受け、跡見女学校がスカート状の「女袴」を導入。他の女学校もこれに倣った。

 その後、第一次世界大戦下の欧米では、戦地に赴く男性に代わり、女性が労働を引き受けるようになった。この事実は日本国内に影響を与え、日本女性にも強い身体が求められ始める。それに伴い、1923年から動きやすいセーラー服が広まっていく。80年代には「ジェンダーと教育」に関する研究が活発化。制服が生徒に「男性らしさ」「女性らしさ」を押しつけていると指摘され、問題視されるようになる。

  現在、制服はLGBTの人々の視点からも批判されている。電通が2012年に行った調査によりLGBTの人々が注目を集め、制服について少しずつ配慮されるようになった。例えば、一部の学校では女子生徒がスラックスを選択可能となった。一方で、男子生徒がスカートを選択できる学校はほとんどない。

  ジェンダーやLGBTにまつわる問題は、制服の廃止で解決するわけではない。根本的な原因は服装全般におけるジェンダー規範にある。今田准教授は「規範を変えるためには、社会全体の意識を変える必要がある」と語った。私たちはこの規範について改めて考える機会を設けるべきだろう。

※記事は成蹊大学新聞会2019年7月号(No.318)4面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

子育て周囲が見守って

大学生ネットワーク  育児に励む人々の周囲にも、さまざまなバリアが存在する。その障壁を軽減するためには、私たちに何ができるだろうか。吉祥寺で … 続きを読む»

高齢者の孤立 地域の声掛けが鍵

大学生ネットワーク    総務省統計局の人口推計(2019年11月1日時点)によると、日本における65歳以上の割合は28.5%を占 … 続きを読む»

市民自治の結晶 NPOに迫る

大学生ネットワーク    NPOは環境問題の解決に大きく貢献している。その発展にはどのような歴史があるのか。NPOや環境問題を専門 … 続きを読む»

中央大学 国際ボランティアサークル「ひつじぐも」が地域交流に一役! 児童館の『もちつき』をお手伝い!

大学生ネットワーク    14日、中央大学の国際ボランティアサークル「ひつじぐも」が、東京都日野市のみさわ児童館(東京都日野市三沢 … 続きを読む»

地球を救え 武蔵野市での保護活動

大学生ネットワーク    2017年に稼働した新しい武蔵野クリーンセンターの敷地内に武蔵野市エコプラザ(仮称)が2020年11月に … 続きを読む»

最新技術を研究し、世界に挑戦する工学院大学ソーラーチーム

大学生ネットワーク    新たな知見や価値を創造する「21世紀型ものづくり」。  その最先端で活躍する人材の育成を行っている工学院 … 続きを読む»

“大学生ならではの発想”でSDGsと向き合う「第13回環境マネジメント全国学生大会」

大学生ネットワーク    9月10日、11日の二日間に渡り、千葉大学の西千葉キャンパスにおいて「第13回環境マネジメント全国学生大 … 続きを読む»