企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

学⽣服から考える 変遷と直⾯する問題

成蹊大学新聞会

2019.09.18 (水)

 
 近年、ジェンダーに対する世間の関心が高まっている。特に学生服は、ジェンダー問題における一つの争点であろう。そこで制服の変遷と現代の課題について、成蹊大学文学部の今田絵里香准教授に伺った。

 制服が男女で異なる原因は、近代教育に由来する。1870年代、男子学生に軍服を模した詰襟の制服が取り入れられた。一方で、女学生は官立女学校でズボン状の「男袴」の着用が認められる。しかし、男子と同じものを着ることへの批判が相次ぎ、後に廃止されることとなる。75年には先の批判を受け、跡見女学校がスカート状の「女袴」を導入。他の女学校もこれに倣った。

 その後、第一次世界大戦下の欧米では、戦地に赴く男性に代わり、女性が労働を引き受けるようになった。この事実は日本国内に影響を与え、日本女性にも強い身体が求められ始める。それに伴い、1923年から動きやすいセーラー服が広まっていく。80年代には「ジェンダーと教育」に関する研究が活発化。制服が生徒に「男性らしさ」「女性らしさ」を押しつけていると指摘され、問題視されるようになる。

  現在、制服はLGBTの人々の視点からも批判されている。電通が2012年に行った調査によりLGBTの人々が注目を集め、制服について少しずつ配慮されるようになった。例えば、一部の学校では女子生徒がスラックスを選択可能となった。一方で、男子生徒がスカートを選択できる学校はほとんどない。

  ジェンダーやLGBTにまつわる問題は、制服の廃止で解決するわけではない。根本的な原因は服装全般におけるジェンダー規範にある。今田准教授は「規範を変えるためには、社会全体の意識を変える必要がある」と語った。私たちはこの規範について改めて考える機会を設けるべきだろう。

※記事は成蹊大学新聞会2019年7月号(No.318)4面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

<コロナ禍 大学生アンケート調査> 就活・学業・バイト・家族・環境 不安が浮き彫りに!

大学生ネットワーク    全世界に様々な影響を与えているコロナウイルス。日本の大学生は、どのようなことに不安を感じ課題を抱えている … 続きを読む»

『JAPAN CLEAN WEEK 2020』開催! 運営担当の上智大学生が想い語る「周りの人や街に思いやりのココロを持ってもらいたい」

大学生ネットワーク    5月30日の『ごみゼロの日』に向けて、ごみ問題について考えるイベント『JAPAN CLEAN WEEK … 続きを読む»

現役大学生がSNSで発信 コロナウイルス感染拡大防止運動「私たち大学生は自分の行動基準を考えなければなりません」

大学生ネットワーク    世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス。日本国内では3月下旬頃から急激に感染者数が増加し、日本政府 … 続きを読む»

文京学院大学の大学生 “復興を願う”台風19号被害 埼玉県川越市へ義援金を寄付

大学生ネットワーク    文京学院大学は、台風19号の被害を受けた埼玉県川越市民に対して行った学生らによる支援募金を義援金として、 … 続きを読む»

「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」38名に資格認定 「考えることより動くということを学びました」

大学生ネットワーク    2月7日、千葉大学の西千葉キャンパスで今年度の「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」の資格認定証授 … 続きを読む»

筑波大学准教授・落合陽一氏の代表会社と東北大学 先端テクノロジーで社会課題解決へ

大学生ネットワーク    筑波大学・准教授の落合陽一氏が代表取締役を務めるピクシーダストテクノロジーズ株式会社と国立大学法人東北大 … 続きを読む»

工学院大学建築学部の大学生 “随所にこだわり”地産地消ものづくりで倉庫を製作!

大学生ネットワーク    工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生グループである「K×Kプロジェクト」 … 続きを読む»