豪田部とは

大学生へ

観光業とSDGsを学習!

最終目標は「世界平和の実現」! 国際社会・地域社会視点、そして未来思考の観光人材を育成する文教大学・国際学部国際観光学科

2022.03.11 (金)

コロナ禍だからこそ、改めて資源やPR方法を見つめ直す観光地

 
 コロナ禍で、zoom交流や新たなイベントの構想などを進めつつある国際観光学科。コロナ禍で苦しい状況なのは変わりないですが、観光地においてもその逆境を活用して、現地のブランド力を見直す機会となっているそうです。

「オーバーツーリズムが好まざるもの、というのは観光客だけでなく、受け入れる地域にも共通する認識です。それが新型コロナウイルス感染拡大で、一度落ち着きました。この期間に、改めて観光資源の見直しや新たなPR方法の考案、そして人材育成に力を入れている観光地もあります。“アフターコロナ時代”に向けて、着々と準備を進めています」

 そんな中、近年ではSDGsの世間への浸透により、「観光」と「SDGs」を組み合わせた観光商品も増えてきています。特に“自然資源”を観光商品としてアピールしている地域では、追い風が吹いています。SDGsが注目される前から、「エコツーリズム」として謳ってきましたが、現在では自然を楽しむだけでなく、持続可能な社会を追求するSDGs全体を考える学習機会に活用されています。
 

▲文教大学のフィールドワーク(コロナ前)。埼玉県飯能市のエコツアー「お散歩マーケット」(左)、鹿児島県龍郷町調査中の一コマ(右)
 
「例えば、航空会社が、環境に負荷をかけない観光商品はどういったものかを学ぶためにSDGsやCSRをテーマとするツアーなどを組んだりもしています。社員研修の一環に取り入れている企業もあります。他にも修学旅行でSDGsを学習体験できる内容を盛り込む学校も増えています」

 コロナ禍の影響で、国際観光学科の2020年度卒業者の割合は卸・小売が30%、生活関係サビースが21%と、これだけで過半数を占めており、観光関連の業種に就職する人は少なくなっています。しかし、これまでと違った「観光」を提供しようとしている現地の観光主体と、幅広い分野の知識から横断的な思考ができる人材の育成に力を入れている文教大学が、上手に交わることができれば、相乗効果が生まれることは間違いないでしょう。“アフターコロナ時代”では、これまでとは違った「観光業」の成長が見られるかもしれません。
 

▲気軽にポーズを決め、フレンドリーな海津教授。学生たちも伸び伸びと学習できそうです

1 2 3 4

オススメ記事

広島大学の校友会学生チーム 地元の食材で一人暮らしの新入生を応援! クラファンが開始!!

大学生ネットワーク  広島大学が、クラウドファンディングプロジェクト『ようこそ広大プロジェクト 地元食材で学生生活の始まりを支えたい!』をス … 続きを読む»

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

大学生ネットワーク  ここ数年、地上波のニュース番組でも「海洋プラスチックごみ問題」に関連して、「マイクロプラスチック」が取り上げられる機会 … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

成蹊大学 秋のボランティアウィーク開催

大学生ネットワーク  10月11~15日、成蹊大学ボランティア支援センターが「秋のボランティアウィーク」を開催した。毎年恒例のイベントで、今 … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»