豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 Vol.4 エステー株式会社

2016.09.09 (金)

TOURS ミュージカルは年に一度のお客様への恩返し。コミュニケーションの場。

 そしてもう一つ、この活動を続ける理由があります。それは、お客様への年に一度の恩返し、感謝の気持ち。
 「わたしたち日用品メーカーが日々の仕事で接するのは、商品の流通や販売に関わる卸店や販売店ですが、実際に商品を使ってくださるのは消費者の皆様。この一般のお客様と私たちが直接ふれあう機会は、そう多くはありません。そこで、お客様への感謝の気持ちを込めて、社員自らが当日の運営をおこなっています。私たち社員にとって『TOURS ミュージカル』は、お客様とのふれあいの場なのです」と平井さん。

%e7%94%b0%e6%9d%91_e_029 公演当日のチケットのもぎりや会場内の誘導、ご案内や、お客様へのお土産の配布などを社員自らでおこなうことで、お客様から「ミュージカル良かったですよ!」「いつも商品を使っています!」という言葉をいただき、社員とお客様との貴重なコミュニケーションの場になっているそうです。
 「ミュージカルをご覧になったお客様は、本当に清々しい良いお顔でお帰りになります。そういう姿を見ると、もっと良い商品を届けたい!という気持ちが湧いてきますね。お客様とふれあうことが、仕事のモチベーションアップにもつながっています」と平井さんは強調します。お客様へのお土産配布には社長も加わることがあるそうです。「TOURS ミュージカル」に対する全社あげての愛が伝わってきます。

 

 

 

 

ミュージカルで“空気をかえよう”。2011年も仙台公演を実施。

 

16%e5%b9%b4%e4%bb%99%e5%8f%b0%e5%85%ac%e6%bc%94

2016年仙台公演より。

 

 全国7ブロックの公演都市には宮城県仙台市も毎年含まれ、東日本大震災が起きた2011年も途切れることなく仙台公演をおこないました。大変だった点も少なくなかったのではと思い、平井さんに尋ねると、「こんな時だからこそやろう!! という気持ちでした。ミュージカルを通じて多くの人に元気をという気持ちから始まった活動ですから、震災によって落ち込んだり、ふさぎこんだりしている方々、お子さん達に、少しでも気持ちを明るくなって欲しいという一心でした」と平井さんは熱く語ります。
 毎年仙台公演をおこなっていたホールは使用できなかったため、担当者が電話をかけ続けてなんとか別のホールを見つけ、公演を実施したそうです。
 実は一般のお客様をお迎えした通常の公演の後、キャストの方の発案で震災の被害が大きかった宮城県名取市の子ども達を中心に約1,000名をお招きし、予定にはなかった第2回目の公演をひそかにおこないました。「会場には笑い声が響き渡り、手拍子もしてくれました。途中、マシュー小父さんが亡くなるシーンでは、涙を流しているお客様が多くいらっしゃいました」と平井さん。エステーのスローガンである「空気をかえよう」精神を、社員の皆さんが強く持っているからこそ成し得たのではないかと、お話を伺って私は感じました。

1 2 3 4

オススメ記事

ビジネスの根幹を支える障がいのある社員! エフピコが取り組む“戦力”としての障がい者雇用

企業研究  こんにちは! 豪田ヨシオ部インタ—ン、早稲田大学3年生の「ぺき」です。  先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.3 キユーピー株式会社

企業研究 キユーピーの柳橋尚智さん(左)、田中友紀さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のちびた。   「愛は食卓にある。 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.2 ユニクロ~(株)ファーストリテイリング

企業研究 ファーストリテイリングのシェルバ英子さん(右)と豪田ヨシオ部インターン生のカイト(右)   全商品リサイクル活 … 続きを読む»

先進的な社会貢献活動に取り組む企業を学生が訪問 VOL.1 LUSH ラッシュジャパン

企業研究 LUSHの高橋さん(左) 豪田ヨシオ部インターン生のZAPPY(右)   創立以来、化粧品のための動物実験に反 … 続きを読む»