企業様へ

短期プロジェクト部員募集

手話言語の国際デー①

日本は手話言語の後進国!? ︎制度の確立には遠い道のり

お茶の水女子大学4年生 ガッキー

2018.09.21 (金)

 
 豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。


 突然ですが質問です! みなさん、9月23日が何の日か知っていますか? 実は、国際デーとして今年から9月23日は「手話言語の国際デー(International Day of Sign Languages)」に制定されました。そこで、全日本ろうあ連盟の理事、世界ろう連盟(WFD)アジア地域事務局長でアジア地域17カ国・地域の聴覚障害者を取り巻く問題の解決に取り組まれている、嶋本恭規さん(41)に手話言語の制度などについてお話を伺ってきました。

 

9月23日は
「手話言語の国際デー(International Day of Sign Languages)」

 
▲表情豊かに、優しく語ってくれた嶋本さん。生まれた時から両感音性難聴(両耳が聞こえない障害)だと語る
 

 今回、私がお話を伺った「全日本ろうあ連盟(JFD)」は、国連組織である世界ろう連盟(WFD)の加盟団体であり、ろう者の人権を尊重し文化水準の向上を図り、その福祉を増進することを目的に、全国ろうあ者大会(ろう者や手話関係者約3,000人が集う会)や全国ろうあ者体育大会(国内最大のろう者スポーツ大会)などを行い、聴覚障害者の社会参加と自立を推し進めています。9月23日は、世界ろう連盟(WFD)が設立された日。この日を記念して「手話言語の国際デー」になりました。

 
▲(全日本ろうあ連盟HPより引用)
 

改正障害者基本法文面内にカッコで手話を含むと記載されたのはわずか7年前

 

 「手話言語の国際デー」とは、「手話言語が音声言語と対等であることを認め、ろう者の人権が完全に保障されるよう、国連加盟国 が社会全体で手話言語についての意識を高めるための手段を講じることを促進する」ことを目的に制定された日です。
昨年12月に第72回国連総会において日本を含む98カ国が共同提案者となり、無投票で承認されました。ろう者にとっては、国際デーが制定された以上に大きな意味を持つ総会になりました。なぜなら、今まで国際的には対等な言語として扱われてこなかった手話言語が、「音声言語と対等のものとして国際的に認められた」からです。

 
▲手話言語の国際デー(International Day of Sign Languages)のロゴ
 

 手話を言語とする本格的な動きが起こったのは2003年のことでした。この年に行われた国連アジア太平洋経済社会委員会の起草案の中で「言語には音声言語と手話が含まれる」という内容が盛り込まれたのがきっかけです。そして、2006年。この起草案を元に、国連障害者権利条約が全ての加盟国に採択されたことで、初めて「手話=言語」であると国際的に認められるようになりました。

障害者基本法 第3条(地域における共生等)
三 全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会が確保されるとともに、情報の取得又は利用のための手段についての選択の機会の拡大が図られること。

 
 

 日本で“手話を含む”「手話が言語」であると初めて明記されたのは、2011年に改正された障害者基本法の中でした。 このように手話が初めて言語として記載されたものの、その法整備はまだまだ遅れていると嶋本さんは指摘しています。例えば、日本では「手話言語法(「手話言語を獲得する、手話言語を学ぶ、手話言語で学ぶ、手話言語を使う、手話言語を守る」という5つの権利を保障することを目的とする法律)」はまだ制定されていません。欧米の手話先進国では、すでに手話言語法が制定されており、裁判所、病院、学校などの公的機関では手話通訳が当たり前のものとして整備されています。一方、日本では手話言語は同じ日本の言語であるにもかかわらず、手話言語が音声言語と同様に教育制度の中で使用されたり、手話言語と日本語の両言語でコミュニケーションを円滑に行うことができるような制度は整えられていません。


 そのため、ろう者の方の更なる社会進出を促進するためには、手話言語法の制定が強く求められています。

1 2

オススメ記事

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

SDGsフォーカス  豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いるか知っています … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

SDGsフォーカス  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

東京レインボープライドの季節! 男らしさ、女らしさって何かしら?

SDGsフォーカス  ごきげんよう、豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。 「女のくせに」「女だてらに」とか「男まさり」と言われ続けてき … 続きを読む»

身近に潜む貧困問題と対処法…大学生の奨学金問題とブラック企業にも迫る!

SDGsフォーカス  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生のマスです!  最近、新聞やテレビで「女性の貧困」や「子どもの貧困」、「障がい者 … 続きを読む»

「パラスポーツ絵画・作文コンテスト表彰式」斎藤工、山里亮太がゴールボールの競技性に新たな発見

SDGsフォーカス  21日、東京・日本財団パラリンピックサポートセンターで、「パラスポーツ絵画・作文コンテスト表彰式」(日本財団パラリンピ … 続きを読む»

大学生就活アンケート「CSRや環境に配慮した企業を考慮」8割超え!

SDGsフォーカス 「社会貢献は大人の部活だ!」をキャッチフレーズに活動している「豪田ヨシオ部」(運営:株式会社クリエイティブPR)は、現役 … 続きを読む»

中田英寿が考える社会貢献のイメージと課題「もっと世の中の多くの人たちが情報をシェアすること」

SDGsフォーカス  11日、港区六本木のグランドハイアット東京で、スポーツの力を活用して、社会貢献やソーシャルイノベーションを起こそうとし … 続きを読む»

サッカー元日本代表の宮本恒靖「HEROs AWARD」大賞…ボスニア・ヘルツェゴビナでの活動が評価

SDGsフォーカス  11日、港区六本木のグランドハイアット東京で、スポーツの力を活用して、社会貢献やソーシャルイノベーションを起こそうとし … 続きを読む»

トッププロゲーマーが想う「ゲームと社会貢献」 「ストV」TOPANGAチャリティーカップ

SDGsフォーカス  11月25日、楽天クリムゾンハウス(東京都世田谷区)で、プロアマが多数参加する国内最大級の格闘ゲーム大会「第7回 TO … 続きを読む»

香取慎吾含む23人の作家出展のアート展、SNS大反響&来場者約4万人達成! 障害者の理解促進に貢献

SDGsフォーカス  10月13日~31日、東京・南青山の複合文化施設「スパイラルガーデン」で「日本財団 DIVERSITY IN THE … 続きを読む»