豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

子育て周囲が見守って

成蹊大学新聞会

2020.01.22 (水)

 育児に励む人々の周囲にも、さまざまなバリアが存在する。その障壁を軽減するためには、私たちに何ができるだろうか。吉祥寺で子育て支援を中心に活動するNPO法人「いずみの会」の上田ジュンコさんに、育児の体験と当法人の取り組みを伺った。

 子育てには多くの良い面がある。子どもを通じて「ママ友」と呼ばれる新しい人間関係ができるほか、生活における計画が思い通りにならない経験はかえって保護者自身の成長にもつながる。また、最近は「イクメン」という言葉があまり使われなくなっているように、男性も子育てを行うことが当たり前になりつつある。

 一方、子育てには苦労も多い。例えば、子ども中心の生活で自分の時間が取れないことだ。そのため、悩みや不安を相談できずにストレスをため込みやすい。さらに、周囲の目も負担となる。外で子どもが泣き出したり走り回ったりすると、周りに迷惑をかけると萎縮してしまう保護者もいる。

 当法人は、そんな不安を解消するために「地域子育て応援マーク」を作製した。これには、笑顔のイラストと共に「I’m on your side」や「みんな泣いて育ったから」というメッセージが書かれている。周囲の人がマークを身に着けることで、人目が気になる保護者に対し、温かく見守る意思を伝えることができる。当法人が運営する子育て施設では、このマークのチャームを700個近く販売した。今後はこのマークのステッカーを近隣のお店にも貼ってもらい、さらに広めていく予定だ。
 

 
 子どもの成長には、保護者だけでなく生活する環境も深く関わっている。育児のバリアを軽くするためには、周囲の協力が必要不可欠だ。上田さんは「温かい子育てをきっかけに、お互いを思いやれる地域を目指す」と語った。吉祥寺の街角で子育てに対するバリアと闘う意思を感じた。

※記事は成蹊大学新聞会2019年12月号(No.320)2面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

大学教育によってサステナブルな未来は創造できるのか? 武蔵野大学が新設する「サステナビリティ学科」

大学生ネットワーク  2023年4月に新学科「サステナビリティ学科」を開設する武蔵野大学が8月3日、有明キャンパスで記者発表会を行いました。 … 続きを読む»

広島大学の校友会学生チーム 地元の食材で一人暮らしの新入生を応援! クラファンが開始!!

大学生ネットワーク  広島大学が、クラウドファンディングプロジェクト『ようこそ広大プロジェクト 地元食材で学生生活の始まりを支えたい!』をス … 続きを読む»

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

大学生ネットワーク  ここ数年、地上波のニュース番組でも「海洋プラスチックごみ問題」に関連して、「マイクロプラスチック」が取り上げられる機会 … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

音楽療法で健康を支援

大学生ネットワーク  音楽療法という言葉を知っているだろうか。これは、音楽の力と人との関わりを使って健康支援を行うことだ。そこで音楽療法につ … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

日本学生esports協会 若い世代にSDGs認知拡大・社会貢献活動を推進「ゲームで世界を救う」 

大学生ネットワーク  ここ数年、据え置き機やスマートホン、PCなどの機器を使用したビデオゲーム対戦を、スポーツ競技として捉える「eスポーツ」 … 続きを読む»