豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

市民自治の結晶 NPOに迫る

成蹊大学新聞会

2020.01.08 (水)

 
 NPOは環境問題の解決に大きく貢献している。その発展にはどのような歴史があるのか。NPOや環境問題を専門とする成蹊大学文学部の高田昭彦名誉教授に話を伺った。

 NPOとは市民が自主的に立ち上げた民間非営利組織である。現在はその多くが環境保護や保健医療の促進、高齢者支援などの社会貢献活動を行っている。

19世紀にさかのぼると、産業発展に呼応した環境保全活動の活発化が見て取れる。1892年には、人の手が入らない自然の保護を目指す環境保護団体「シエラ・クラブ」が創設。さらに1969年、シエラ・クラブの元会長が「地球の友」という環境を守るラディカルな団体を立ち上げた。以上の全米規模の団体が専念したのは、野生生物の保護や環境汚染の問題の解決だ。70年代以降には、新興住宅地に埋められた有害物質による健康被害の発生やエコロジー理念の浸透が、市民による草の根運動を拡大させた。

日本における環境問題への危機意識の高まりは、高度経済成長期の公害に端を発する。四大公害裁判のように市民が実際に被害を受け反対運動を行った結果、行政や企業を動かし、対策を講じさせることに成功した。そして、フロンガスの国際的規制を経て、92年に開催された「国連環境開発会議(地球サミット)」を契機に、人々が環境問題をグローバルな視点で捉えるようになった。例えば、地球の友の日本版である「FoE Japan」は、脱原発や福島支援などの国内の課題に取り組むだけでなく、地球温暖化対策や、発展途上国の環境汚染を防ぐなどの世界的な問題に対処する活動も行っている。

 高田名誉教授は「NPOの活動は市民による自治の結晶だ」と語る。NPOは周囲の環境を自分たちで変えられることを実証しているという。まずは私たちがこれらの団体に関心を持ち、地域や世界が抱える問題を少しでも知ろうとする姿勢が大切だろう。環境保護のボランティアへの参加はもちろん、ごみの分別や節電など、日常生活の中で実践しやすい行動もある。成蹊大学では、けやき循環プロジェクトという学園や地域の環境を守る活動が行われている。そのような活動に今日から取り組んでみてはどうだろうか。

※記事は成蹊大学新聞会2019年11月号(No.319)5面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

https://www.seikeipress.com

オススメ記事

安全・安心な観光地の作り方とは? 「コロナ禍」跡見学園女子大学の篠原靖准教授が解説する観光業界の未来!

大学生ネットワーク    2020年8月現在、国内外は依然として新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、厳しい状態が続いています … 続きを読む»

対話ロボット さらなる進化に期待

大学生ネットワーク    近年の情報技術の発展は目覚ましく、遠く離れた場所にいる人と、いつでもどこでもコミュニケーションを取れるよ … 続きを読む»

「国際色豊かな大学」ランキング 東大や早慶を抑えてあの公立学校が1位! 充実した英語教育制度が鍵!

大学生ネットワーク    オンライン受験コーチング『スタディチェーン』を運営するHUSTAR株式会社の編集部が、現役大学生・社会人 … 続きを読む»

「若者が東京で学び、地域に回帰」 地域実習で「実践力」を養う大正大学地方創生学部 林准教授も手応え

大学生ネットワーク    大正大学の地域創生学部は8日、地方在住で将来出身地域に帰って地域を支えるビジョンを持った受験生を対象に、 … 続きを読む»

私たちがどんな世界を創りたいか!?【コロナ時代の新たな観光】 跡見学園女子大学とジャルパックのオンライン講義

大学生ネットワーク    跡見学園女子大学とJALグループの旅行会社である株式会社ジャルパックは、「コロナ時代の新たな観光 産学連 … 続きを読む»

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター 【子どもの睡眠習慣改善】啓発 「健康リテラシーを高める」

大学生ネットワーク   「眠育(みんいく)」活動を2014年から行っている西川株式会社が、大阪市淀川区および大阪市立大学と連携し、 … 続きを読む»

広島大学 クラウドファンディングを開始 コロナ禍に屈せずポジティブな大学運営に挑む!

大学生ネットワーク    現在、広島大学では、クラウドファンディングプロジェクト『負けんけんね!広大【広島大学学生応援プロジェクト … 続きを読む»