豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

東洋大学「学ボラ・クリパト班」! 今後の目標は…他大学と協力して行う“東京都23区清掃”!

2018.01.09 (火)

 こんにちは! 豪田ヨシオ部インターンのマスです! 新年からスタートした新コーナー「『豪田ヨシオ部』と愉快な仲間たち」では、「豪田ヨシオ部」とつながりの深い団体やサークルを紹介します。3組目は、東洋大学の「学生ボランティアセンター・クリーンパトロール班」です!

 東洋大学の「学生ボランティアセンター」は、2004年に発生した新潟中越地震で、甚大な被害を受けた新潟県長岡市の山古志地域に初代代表がボランティアとして参加しことがきっかけで、山古志での復興支援活動をメインに活動がスタート。2006年には大学公認団体となり、2017年現在は12代目。白山キャンパス、朝霞キャンパス、川越キャンパス、板倉キャンパスの学生500人からなる団体で、他大学と比べても規模はかなり大きく、国内屈指と言えます。そして、「クリーンパトロール班」通称「クリパト班」は、白山キャンパス内の8つの班の中の1つのチームで、「大学対校! ゴミ拾い甲子園」の参加受付及び東洋大学の他班への参加呼びかけ、調整などを担っています。

 「大学対校! ゴミ拾い甲子園」では第一回大会から参加し、他大学を圧倒するマンパワーを発揮。2016年12月4日開催の「第7回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」では優勝とMVPチームを獲得。2017年6月11日開催の「第8回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」では準優勝とチーム優勝、そして2017年12月10日開催の「第9回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」ではチーム準優勝に輝き、好成績を収めている常連校でもり、常勝軍団でもあります。

 現在、「クリパト班」で代表を務めるトオミネくん(2年生)に、サークルの活動や魅力、今後の目標などを答えてもらいました!

Q:サークル又は学生団体の活動内容や念、目的を教えてください。
トオミネくん(以下から、ト):活動内容は、通常クリパト(大学周辺のゴミ拾い活動)と駒込警察と合同で行うゴミ拾い且つパトロール。「豪田ヨシオ部」さんの「大学対校! ゴミ拾い甲子園」、板橋シティーマラソン(マラソン大会のお手伝い)。そして、その土地を活かした写真を撮りつつ、ゴミを拾うチーム対抗のゴミ拾い活動「クリパトンピック」です。

ト:「気軽に、誰でも、簡単に」をモットーに活動に取り組んでおり、クリパト班は喫煙マナーの向上と環境美化を目的とするクリーンアップキャンペーンを行なっています。この活動により学生や地域の人々に環境美化の意識を高めてもらい、大学周辺の環境を少しでも良くすることを目的としています。この活動を契機に本団体の学生が今後の活動に参加しやすくなるように心がけています。

Q:サークル又は学生団体の1週間の活動頻度を教えてください。
ト:週単位での活動は行っていません。月に一回程度です。

Q:皆さんが所属するサークルの1番の魅力を教えてください。
ト:ゴミ拾い活動を主に行っているので、「誰でも気軽に参加できる」というところが最大の魅力です。

Q:現状のサークル又は学生団体の課題点や大変だったことを教えてください。
ト:1つは活動に参加する人がだいたい同じこと、2つ目はなかなか学生一人一人の美化意識向上へつながるアピールができていないこと、3つ目は班員が少ないこと、4つ目は公園などでボランティア活動を行うときになかなか許可が取れないこと(清掃の業務委託を行なっているため)です。

Q:今までサークル又は学生団体でどのようなイベントに参加しましたか?(豪田ヨシオ部の企画以外で)
ト:文京区祭り、板橋シティーマラソン、クリパトンピックなどです。

Q:サークル又は学生団体に入っていて良かったと思うことを教えてください。
ト:様々な人に出会い、様々な視点を見いだせたところは良いと思った。

Q:サークル又は学生団体を通して成長したこと、学んだことを教えてください。
ト:引っ込み思案の性格だったが、自分自身で活動を企画したり、運営するうちに自らアクションを起こせるようになった。

Q:今所属しているサークル又は学生団体に入部したキッカケを教えてください。
ト:友達の誘いです。

Q:どのような基準でサークル又は学生団体を選びましたか。
ト:この団体の活動に対する「意欲の高さとまじめさ」を基準に選びました。

Q:最後に今後、サークル又は学生団体として新しくやってみたいこと・チャレンジしたいことを教えてください。
ト:他大学と協力して行う「東京都23区清掃」などです!
 

▲「第8回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」でも、圧倒的な存在を放っていました。
 
 第一回の「大学対校! ゴミ拾い甲子園」から参加している東洋大学学生ボランティアセンター。特にクリパト班は、「大学対校! ゴミ拾い甲子園」の窓口も担当してくれているだけに、「豪田ヨシオ部」にとってはありがたい存在! 記念すべき「第10回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」も、一緒に盛り上げましょう! よろしくお願いします!!

「東洋大学学生ボランティアセンター」ホームページ

https://toyo-gakubola.jimdo.com

オススメ記事

安全・安心な観光地の作り方とは? 「コロナ禍」跡見学園女子大学の篠原靖准教授が解説する観光業界の未来!

大学生ネットワーク    2020年8月現在、国内外は依然として新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、厳しい状態が続いています … 続きを読む»

対話ロボット さらなる進化に期待

大学生ネットワーク    近年の情報技術の発展は目覚ましく、遠く離れた場所にいる人と、いつでもどこでもコミュニケーションを取れるよ … 続きを読む»

「国際色豊かな大学」ランキング 東大や早慶を抑えてあの公立学校が1位! 充実した英語教育制度が鍵!

大学生ネットワーク    オンライン受験コーチング『スタディチェーン』を運営するHUSTAR株式会社の編集部が、現役大学生・社会人 … 続きを読む»

「若者が東京で学び、地域に回帰」 地域実習で「実践力」を養う大正大学地方創生学部 林准教授も手応え

大学生ネットワーク    大正大学の地域創生学部は8日、地方在住で将来出身地域に帰って地域を支えるビジョンを持った受験生を対象に、 … 続きを読む»

私たちがどんな世界を創りたいか!?【コロナ時代の新たな観光】 跡見学園女子大学とジャルパックのオンライン講義

大学生ネットワーク    跡見学園女子大学とJALグループの旅行会社である株式会社ジャルパックは、「コロナ時代の新たな観光 産学連 … 続きを読む»

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター 【子どもの睡眠習慣改善】啓発 「健康リテラシーを高める」

大学生ネットワーク   「眠育(みんいく)」活動を2014年から行っている西川株式会社が、大阪市淀川区および大阪市立大学と連携し、 … 続きを読む»

広島大学 クラウドファンディングを開始 コロナ禍に屈せずポジティブな大学運営に挑む!

大学生ネットワーク    現在、広島大学では、クラウドファンディングプロジェクト『負けんけんね!広大【広島大学学生応援プロジェクト … 続きを読む»