企業様へ

大学生へ

SDGsフォーカス

少子高齢化が進む船橋若松団地 居住者の78%は60歳以上…どのように地域を活性するか!?

2020.01.23 (木)

 
 少子高齢化が進む千葉県船橋市の若松2丁目団地。働き手世代が首都圏に多数流入している高度経済成長期(昭和44年)に建てられ、賃貸住宅1324世帯が入居。分譲住宅と合わせて2000世帯弱の首都圏中堅規模の団地へと発展した。

 しかし現在、入居した多くが高齢化を迎えており、居住者の78%は60歳以上の高齢者といわれている。高齢者の多くは、体力の低下と共に階段の上り下りやスーパーへの買い物が難しいなどの課題を抱えている。

 その課題を少しでも解決するため、福島県会津美里町の名産を使ったオリジナル商品の開発と販売を手掛ける株式会社会津美里振興公社が、同団地にて、会津産オタネニンジン(高麗人参)を使った薬膳カレー「ピンピンころりカレー」を提供する期間限定の大人食堂を、1月22日(水)『カレーの日』に限定オープンし、およそ20名の団地居住者が参加した。
 

 参加者は「みんなで食べられることが嬉しい」「少し辛いが、オタネニンジンの苦味がクセになる」「オタネニンジンは健康に良いと思う」「煮物などにも入れたいので、粉末での発売もしてほしい」とコメント。

 また大人食堂では、参加者と会津美里町関係者で、「今後会津と団地で一緒にやりたいこと」をテーマにワークショップを開催。会津美里町関係者とともに意見を出し合い、最後はチームごとにアイデアを発表した。

「お互いの町で伝統的に行われている芋煮会を今後一緒にできたら良いのではないか」「若松2丁目団地から会津美里町へのツアー旅行がしたい」などのアイデアが出て非常に有意義な場となった。
 


▲会津美里振興公社の高梨宣浩専務取締役

▲若松2丁目自治会会長の佐藤重雄氏

 若松と同様に高齢化が進む美里。会津高田町・会津本郷町・新鶴村と合併した当時(2005年)2万4千人いた人口は、いまや2万人にまで減少していることを踏まえて、会津美里振興公社の高梨宣浩専務取締役は、「同じ高齢化の問題を抱える若松団地の方々に参加していただき、美里と若松の今後の交流や自治体活性化のアイデアを膨らませることができました」と感謝。

 一方、若松2丁目自治会会長の佐藤重雄氏は、「今後も船橋と会津の交流イベントに積極的に協力し、発信する役割を務めて参ります」と力強く語った。

 今後、会津美里振興公社では、ワークショップで出たアイデアをもとに、若松2丁目団地で毎年約20年以上開催している産直野菜市に加え、大人食堂のようなイベントを不定期に開催していくという。

株式会社会津美里振興公社

http://www.aizu-misato.jp

オススメ記事

「プラごみゼロ宣言」鎌倉市 給水スポット整備でペットボトルごみを削減

SDGsフォーカス    神奈川県鎌倉市は、水道直結式ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社と「かまくら … 続きを読む»

「パラ駅伝2020」パラサポスペシャルサポーター 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾 出演決定!!

SDGsフォーカス    日本財団パラリンピックサポートセンターが、3月15日(日)に開催する「パラ駅伝 2020」のスペシャルサ … 続きを読む»

Jリーグクラブチーム同士も協力体制 JIFFが取り組む「インクルーシブフットボール」

SDGsフォーカス    2019年、日本サッカー協会(JFA)と日本障がい者サッカー連盟(JIFF)が協働し、全国9地域で障がい … 続きを読む»

中国武漢支援! 日本中から救援物資やボランティア医師を募集

SDGsフォーカス    再生医療テクノロジー株式会社は、救援物資やオンライン医療を行うための医師ボランティアを募集し、中国武漢に … 続きを読む»

伝統野菜「木之山五寸にんじん」消滅の危機! 継承者不足だけでない効率化・産業化がネックに!

SDGsフォーカス    2月5日、無添加調理による加工商品の製造・販売を展開する石井食品株式会社が、都内で愛知県大府市産の伝統野 … 続きを読む»

世界188の国と地域が参加する世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR 2020」 3月28日(土)開催

SDGsフォーカス    2007年から開催されている世界各地を消灯のリレーでつなぐ世界最大級の環境アクション『EARTH HOU … 続きを読む»

「首里城再建の募金活動」沖縄発アイドルグループ 沖縄本島縦断24時間駅伝に挑戦!

SDGsフォーカス    沖縄発のアイドルグループ「OBP」が、昨年に焼失した首里城再建の募金活動のため、「沖縄本島縦断24時間駅 … 続きを読む»