豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

2021.08.03 (火)

 海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可能性を持っている」と示します。

「日本で公害が社会問題化した1950年〜60年代頃は、企業の生産性向上と環境保護活動は対立軸にありましたが、現在の環境問題では決して両者は対立するものではありません。環境問題の解決と同時に、業を発展させる、新素材の開発を目指す、新しい処理システムの構築などを行うことが、新しいビジネスを生み出し、莫大な利益に繋がります」

 磯辺教授も大手総合化学メーカーや化粧品メーカーなどと共同でプラスチック製に変わる環境に負荷を与えない素材の研究やプラスチックの劣化のメカニズムを調査する実験などを行っています。

「未来のために考えて、『あれをやるな』『これはダメ』『贅沢するな』と過剰に抑制するのは酷です。完全な抑制ではなく、多少の犠牲はあったとしても環境問題を解決するために、新素材の開発などに向かってチャレンジした方が夢もあると思います。それぞれの業種の企業が様々な角度からのアプローチで、環境問題解決に向けてイノベーションを創出してほしいと思います。ただ、イノベーションと持続性はイコールであることを忘れてはいけません」

 企業活動において、よく日本企業は海外企業と比較されますが、特に環境への取り組みが進んでいる北欧やその他の欧州と比較して、「日本は遅れている」という論調が出るケースも多々あります。世界を股にかけて研究している磯辺教授は、どのように捉えているのでしょうか!? 

「マイクロプラスチック関連の論文が出始めたのはここ5年くらいなので、欧州の方が進んでいるというのはないと思います。他所の芝生は青く見えますが、それぞれの国で良いところもあり、ダメなところもあります。海洋流失するプラスチックの問題に限って言えば、『99%処理することは可能だが、1%は海に流出してしまうこと』を、日本は世界に先駆けて証明しています。これは大きなメッセージなります」
 

 
 マイクロプラスチック問題に関しては、世界中が手探りの状態で、未だ確実な解決法は見出せていません。企業の取り組みは我々一般人からは見えづらい部分が大きいですが、日々研究開発・実験などを行い、環境問題の解決にチャレンジしている企業もあります。

 大きなチャンスが秘められている環境問題をビジネスに発展させることができるか、企業の発展が鍵となりそうです。

※トップ画像は、磯辺教授の研究グループの活動の様子

オススメ記事

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

日本に面する太平洋のマイクロプラスチック不遊量は2060年には4倍!!  初めて南極海でもマイクロプラスチックが発見! 

大学生ネットワーク  食品容器・包装、文房具・おもちゃ、電気・電子製品、スポーツ用品など様々な分野で使用されているプラスチック。安価で変幻自 … 続きを読む»

青山学院大学 関東圏内で初! フェアトレード大学に認定

大学生ネットワーク  青山学院大学が、国内4大学目となるフェアトレード大学に認定された。関東圏では初のフェアトレード大学認定となる。  同認 … 続きを読む»

実は廃プラより多い!? 日本国内の廃コンクリ年間3000万トン リサイクル可能な繊維補強コンクリート開発に挑む東工大・近藤准教授ら

大学生ネットワーク  近代社会において、ビル、橋脚、ダムといった大型の構造物を建築・建設するために、コンクリートは必要不可欠な材料です。コン … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»

工学院大学 付属中学・高校とも連携 次世代の研究者・エンジニアを育てる教育プログラムをスタート

大学生ネットワーク  工学院大学総合研究所 ソーラービークル研究センターは、英弘精機株式会社(以下、EKO)と、「EKO EMPOWER 未 … 続きを読む»