豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

工学院大学 付属中学・高校とも連携 次世代の研究者・エンジニアを育てる教育プログラムをスタート

2021.06.09 (水)

 工学院大学総合研究所 ソーラービークル研究センターは、英弘精機株式会社(以下、EKO)と、「EKO EMPOWER 未来オンライン教育プログラム」をスタートする。

 EKOは、「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」での工学院大学ソーラーチームへの支援をきっかけに、2021年3月にこの支援プログラム「EKO EMPOWER」を立ち上げました。現在EKOは、技術や環境計測機器の提供を通じて、世界各国から6つのソーラーカーチームを支援しています。

「EKO EMPOWER 未来オンライン教育プログラム」の第一弾では、第一線で活躍するEKOの技術者が、モビリティ社会の実現や次世代電気自動車の開発に必要とされる気象・環境センシング技術について、オンライン講義プログラムを実施。

 産学連携の講義は、工学院大学ソーラーチームと工学院大学附属中学校・高等学校自動車部を対象として3回にわたって行われ、世界で利用される気象・環境センシング、環境センサーの基本原理や計測技術、クリーンエネルギーの未来などについて解説を予定しています。

 同教育プログラムはモビリティ開発を担う人材を育成し、SDGs4番「質の高い教育をみんなに」、7番「 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に貢献することを目的としています。

 工学院大学ソーラーチームの濱根洋人監督(機械システム工学科教授)は、「次世代電気自動車とモビリティ社会には、気象・環境センシング、情報、人工知能、スマートセンシング技術が必須です。持続的な社会を実現するために、個の成長と意識が求められます。大学のみではなく、附属中学校・高等学校とも連携して、次世代の研究者・エンジニアを育てます。英弘精機様のスポンサーに感謝しています」とコメントした。

 工学院大学ソーラーチームは、「100年後の未来を考えた地球の持続的利用」を理念に掲げ、学生が主体となり車両設計を進めており、多くのメーカーから次世代モビリティのプロトタイプ開発・実践の場として注目を集めています。

 今後の予定については、8月に開催されるソーラーカーレース「ワールド・グリーン・チャレンジ」(秋田県南秋田郡大潟村)で、5大会連続優勝を目指します。この大会の計測データを元に、再来年実施予定の「2023ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」(オーストラリア大陸縦断レース)に向けて新車両の設計・開発を計画していくという。

工学院大学ソーラーカーチームの活躍はコチラ!

https://godabu.jp/network/7176

オススメ記事

大学生ら「脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める」約27万筆の署名を提出

大学生ネットワーク  大学生や高校生などの学生によって構成される気候危機ネットワーク「フライデーズ・フォー・フューチャー」(以下、FFF)と … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»

【大学生注意】スマホだけに重要情報を集約させるのは危険! 複数の方法を組み合わせがオススメ!!

大学生ネットワーク  現在の多くの大学生は、物心ついた頃から携帯電話やパソコン、インターネットに当たり前のように触れ、SNSなども小中学生の … 続きを読む»

教育施す 子どもの貧困解決へ

大学生ネットワーク 「学び」は教育を受けることだけにとどまらない。NPO法人Learning for All では、学生がボランティアとして … 続きを読む»

武蔵野大学 「SDGs」を全学共通必修科目に! 西本学長を直撃「世の中にハピネス・クリエイタ―を育成していく」

大学生ネットワーク  武蔵野大学は2016年にブランドステートメント「世界の幸せをカタチにする。」を定め、2019年3月にSDGs実行宣言を … 続きを読む»

千葉商科大学 学生と教職員の情熱がなければ実現できなかった日本初の「自然エネルギー100%大学」!

大学生ネットワーク  千葉商科大学は、2014年度から日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指して検討を開始し、2019年1月には電力を … 続きを読む»

若者と政治 アンケート調査「普段投票に行く?」「重視する政策は?」「政治へのイメージは?」

大学生ネットワーク  政治は私たちの生活と密接に関わる重要なものだ。しかし、若者の政治離れといった問題が存在するように、身近なものであるとは … 続きを読む»