豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

【大学生注意】SNSトラブル 中央大学教授が警鐘「投稿は少し待つ」「便利なものは危ないことと表裏一体」

2021.04.27 (火)

 新年度がスタートし、新たな出会いや活動に胸を躍らせている大学生も多いはず。特に新入生は高校時代とは異なり、行動範囲や交友関係も広がり、これまでとは違った日常を経験するでしょう。

 その日常において、今やインターネットやSNSは欠かせないモノです。しかし、便利で楽しいツールであるがゆえにリスクも混在しています。

 そこで豪田ヨシオ部は、ネットでの「忘れられる権利」に関連したメグ・レタ・ジョーンズ著の書籍「Ctrl+Z 忘れられる権利」(勁草書房)の監訳者なども担当し、インターネットの個人情報やプライバシーを専門としている中央大学国際情報学部教授・石井夏生利さんに、インターネットとSNSの注意点を伺いました。
 

自身の意図とは違った風に拡散してしまう可能性もあるのがSNS

 
 インターネットでは、一度発言した言葉や気軽に投稿してしまった写真や動画であっても、炎上によって一度拡散してしまうと、自身のアカウント上で投稿を削除してもなかなか削除することができません。

 2013年頃には「バカッター」と呼ばれ、若者が悪ふざけで投稿した飲食店やコンビニ、バイト先での不適切画像や文章によって、炎上することが頻発しました。そして、2021年4月には、焼き肉チェーン店の従業員である大学生が、厨房でソフトクリームを直接機械から食べる様子を映した動画が拡散され炎上。焼き肉店を運営する会社が謝罪する騒動にまで発展しました。

「これは『忘れられる権利』に通じる問題ですが、拡散するつもりもなく気軽に友達に送った情報が、その友達によって拡散されてしまうケースもあります。本人がそのつもりがなくても、受け取り側が面白半分で情報公開してしまうのです。今年、女子高生にわいせつ写真を要求した人気ユーチューバーが、児童ポルノ禁止法違反の疑いで警視庁に逮捕されましたが、送った写真自体は消せません。もしかしたらコピーされている可能性もあるのです」

 大学での様子や私生活をSNSで投稿している人も多いかと思いますが、例えば過度な個人への批判や過激な発言、遊び半分のアピールなどの投稿は避けた方が良いと石井さんは指摘します。
 

▲鍵垢などに投稿しても、他人が拡散したり、他人から流出してしまうこともある

 

1 2

オススメ記事

大学教育によってサステナブルな未来は創造できるのか? 武蔵野大学が新設する「サステナビリティ学科」

大学生ネットワーク  2023年4月に新学科「サステナビリティ学科」を開設する武蔵野大学が8月3日、有明キャンパスで記者発表会を行いました。 … 続きを読む»

広島大学の校友会学生チーム 地元の食材で一人暮らしの新入生を応援! クラファンが開始!!

大学生ネットワーク  広島大学が、クラウドファンディングプロジェクト『ようこそ広大プロジェクト 地元食材で学生生活の始まりを支えたい!』をス … 続きを読む»

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

大学生ネットワーク  ここ数年、地上波のニュース番組でも「海洋プラスチックごみ問題」に関連して、「マイクロプラスチック」が取り上げられる機会 … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

音楽療法で健康を支援

大学生ネットワーク  音楽療法という言葉を知っているだろうか。これは、音楽の力と人との関わりを使って健康支援を行うことだ。そこで音楽療法につ … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

日本学生esports協会 若い世代にSDGs認知拡大・社会貢献活動を推進「ゲームで世界を救う」 

大学生ネットワーク  ここ数年、据え置き機やスマートホン、PCなどの機器を使用したビデオゲーム対戦を、スポーツ競技として捉える「eスポーツ」 … 続きを読む»