豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

【大学生注意】SNSトラブル 中央大学教授が警鐘「投稿は少し待つ」「便利なものは危ないことと表裏一体」

2021.04.27 (火)

 新年度がスタートし、新たな出会いや活動に胸を躍らせている大学生も多いはず。特に新入生は高校時代とは異なり、行動範囲や交友関係も広がり、これまでとは違った日常を経験するでしょう。

 その日常において、今やインターネットやSNSは欠かせないモノです。しかし、便利で楽しいツールであるがゆえにリスクも混在しています。

 そこで豪田ヨシオ部は、ネットでの「忘れられる権利」に関連したメグ・レタ・ジョーンズ著の書籍「Ctrl+Z 忘れられる権利」(勁草書房)の監訳者なども担当し、インターネットの個人情報やプライバシーを専門としている中央大学国際情報学部教授・石井夏生利さんに、インターネットとSNSの注意点を伺いました。
 

自身の意図とは違った風に拡散してしまう可能性もあるのがSNS

 
 インターネットでは、一度発言した言葉や気軽に投稿してしまった写真や動画であっても、炎上によって一度拡散してしまうと、自身のアカウント上で投稿を削除してもなかなか削除することができません。

 2013年頃には「バカッター」と呼ばれ、若者が悪ふざけで投稿した飲食店やコンビニ、バイト先での不適切画像や文章によって、炎上することが頻発しました。そして、2021年4月には、焼き肉チェーン店の従業員である大学生が、厨房でソフトクリームを直接機械から食べる様子を映した動画が拡散され炎上。焼き肉店を運営する会社が謝罪する騒動にまで発展しました。

「これは『忘れられる権利』に通じる問題ですが、拡散するつもりもなく気軽に友達に送った情報が、その友達によって拡散されてしまうケースもあります。本人がそのつもりがなくても、受け取り側が面白半分で情報公開してしまうのです。今年、女子高生にわいせつ写真を要求した人気ユーチューバーが、児童ポルノ禁止法違反の疑いで警視庁に逮捕されましたが、送った写真自体は消せません。もしかしたらコピーされている可能性もあるのです」

 大学での様子や私生活をSNSで投稿している人も多いかと思いますが、例えば過度な個人への批判や過激な発言、遊び半分のアピールなどの投稿は避けた方が良いと石井さんは指摘します。
 

▲鍵垢などに投稿しても、他人が拡散したり、他人から流出してしまうこともある
 
「匿名性が高く気軽に投稿できてしまうので、ネット上での発言はどうしても過激になりがちです。そのため、現実世界での発言以上に注意した方が良いでしょう。人の顔が直接には見えない環境で、文章だけでネット上のやりとりをすると、きちんと考えずに発信した言葉が過激な表現に受け止められてしまい、ケンカに発展することもあります。SNSなどで、知らない人に対して発言するときなどは特に表現に気をつけなければいけません」

 極端な話をすると、直接面識のない人に「おい! お前!!」と現実の場で発言したら無礼になりそうなことも簡単に言えてしまうのがSNSです。また、無礼な発言だけでなく、SNSでの問題は、「自分は正義だ!!」と思っている考えや発言が、実は相手を知らぬうちに傷つけたり、口撃していることもあります。

 記憶に新しいのは、フジテレビ系の番組「テラスハウス」に出演していた木村花さんの自殺です。SNS上での誹謗中傷によって自殺したと報じられており、実際に木村さんに対して誹謗中傷したとして、2020年12月に20代の男性、2021年4月には30代の男性が侮辱容疑で書類送検されました。

「知らない人に強い言葉を送るのは暴力的な表現になり、ちょっとした発言でも大問題になることが多いです。個人的には書いたコメントはすぐに送らないで待った方がいいと思っています。強めのコメントをする場合は、判断力が鈍っている深夜には送らないなどがトラブルを避ける方法のひとつだと思います」
 

 
 SNSに関しては、「お金儲けの話」「不健全な出会い目的」「就活相談を装ったセクハラ」「表向きは健全なサークル勧誘(実はカルト宗教勧誘)」「怪しい現金プレゼント企画」など、様々なトラブルが報告されています。

 ネットサービスに関しても、SDGsの17の目標では12番「つくる責任、使う責任」に通じるものがあり、特に利用側は、ネットリテラシーを高める必要があります。石井さんは「怪しいサイトはクリックしない」「便利なものは危ないことと表裏一体だと思うこと」「投稿する際はちょっと時間を置いて見なおす」「信頼の置ける人に相談する」と改めて強調しました。

 新年度を迎えた機に、新入生だけでなくすべての大学生は、改めて気を引き締めて注意しましょう!

「Ctrl+Z 忘れられる権利」(勁草書房)

https://www.keisoshobo.co.jp/book/b555643.html

オススメ記事

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

大学生ネットワーク  海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可 … 続きを読む»

千葉大学学生がマイストローをデザイン「プラスチックごみの削減とSDGsの意識向上」に期待

大学生ネットワーク  国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会が、環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザインした。  同大学は株式会 … 続きを読む»

青山学院大学 関東圏内で初! フェアトレード大学に認定

大学生ネットワーク  青山学院大学が、国内4大学目となるフェアトレード大学に認定された。関東圏では初のフェアトレード大学認定となる。  同認 … 続きを読む»

大学生ら「脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める」約27万筆の署名を提出

大学生ネットワーク  大学生や高校生などの学生によって構成される気候危機ネットワーク「フライデーズ・フォー・フューチャー」(以下、FFF)と … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»