企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

文京学院大学の大学生 “復興を願う”台風19号被害 埼玉県川越市へ義援金を寄付

2020.02.14 (金)

 
 文京学院大学は、台風19号の被害を受けた埼玉県川越市民に対して行った学生らによる支援募金を義援金として、2月18日(火)に川越市役所に訪問し、市長に直接寄付することを発表した。

 2019年10月に発生した台風19号の上陸で、大雨や河川の堤防決壊により甚大な被害を受けた埼玉県川越市。その隣接市であるふじみ野市にキャンパスを持つ同学は、地域連携センターBICSと学生自治会の学生らが中心となり、総勢40名の学生が12月3日、4日、6日に募金活動を実施。

 また、12月2日〜13日にはふじみ野キャンパス内2か所に募金箱を設置し、2週間で88,017円を集金した。

 同大学の人間学部人間福祉学科3年生は「災害により家が浸水してしまったり、壊されてしまったりされた方がいらっしゃると思います。以前の生活が再び送れる、その助けになるような活用をしていただければと思います。 活動で得たものが少しでも被災した方々のお役に立てば幸いです」とコメント。

 また、人間学部心理学科3年生は、「困っている方・助けを必要としている方の気持ちを少しでも和らげるような使い方をして欲しいと願っています」と語った。

 地域連携センターBICSでは、本学人間学部教員からなる運営委員会、地域住民による地域委員、学生による学生委員で組織し、地域の組織と連携しながら各教育プログラムを展開。

 現在、約100名の学生が所属し、8つのボランティアプログラムに分かれ、自閉傾向のある方や子ども達の余暇活動や地域高齢者との異世代間交流などの活動を展開している。

オススメ記事

【コロナ禍】価値観が変化した大学生も「いかに選挙が大事か」「当たり前の日常に感謝」「働き方への認識変化」

大学生ネットワーク    第一弾レポートでは、「コロナウイルスの影響で、あなた自身が一番困っていることはなんですか?」の意見に焦点 … 続きを読む»

<コロナ禍 大学生アンケート調査> 就活・学業・バイト・家族・環境 不安が浮き彫りに!

大学生ネットワーク    全世界に様々な影響を与えているコロナウイルス。日本の大学生は、どのようなことに不安を感じ課題を抱えている … 続きを読む»

『JAPAN CLEAN WEEK 2020』開催! 運営担当の上智大学生が想い語る「周りの人や街に思いやりのココロを持ってもらいたい」

大学生ネットワーク    5月30日の『ごみゼロの日』に向けて、ごみ問題について考えるイベント『JAPAN CLEAN WEEK … 続きを読む»

「学生気候危機サミット」気候危機を訴えるために若者がアクション!

大学生ネットワーク    2月21~23日の3日間に渡り、東京都にあるコミュニティプラットホーム渋谷EDGEofで「学生気候危機サ … 続きを読む»

「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」38名に資格認定 「考えることより動くということを学びました」

大学生ネットワーク    2月7日、千葉大学の西千葉キャンパスで今年度の「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」の資格認定証授 … 続きを読む»

筑波大学准教授・落合陽一氏の代表会社と東北大学 先端テクノロジーで社会課題解決へ

大学生ネットワーク    筑波大学・准教授の落合陽一氏が代表取締役を務めるピクシーダストテクノロジーズ株式会社と国立大学法人東北大 … 続きを読む»

工学院大学建築学部の大学生 “随所にこだわり”地産地消ものづくりで倉庫を製作!

大学生ネットワーク    工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生グループである「K×Kプロジェクト」 … 続きを読む»