豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

教育施す 子どもの貧困解決へ

成蹊大学新聞会

2021.04.12 (月)

「学び」は教育を受けることだけにとどまらない。NPO法人Learning for All では、学生がボランティアとして「子どもの貧困」の本質的解決に向けた活動をしている。

 本団体は、困難を抱えた子どもたちへの学習支援事業と居場所支援事業を展開。各地域の公民館や学校の教室を拠点に学習支援を行うほか、安心できる居場所を提供し、生活指導や食事提供など子どもの状況に合わせた支援を行う。現在は子どもを多角的に支援する包括的支援モデルの作成と、より多くの地域へのモデルの導入に尽力している。将来的には包括的支援モデルを法制度化することが目標だ。

 また、本団体の事業は学生の人材育成も兼ねている。ボランティアに採用された学生は約30時間の研修を受講。指導準備やフィードバックも毎回入念に行われるため、誰もが質の高い教育を実現できる。こうした育成の背景には、子どもの貧困の本質的解決に向けた強い思いがある。

 職員の吉山泰子さんは「参加している学生にはボランティアを通して課題を捉え、社会に出ても子どもの貧困の問題を意識した行動を続けてもらいたい」と話す。本団体は学生ボランティアを随時募集している。関心がある方はまず、ボランティア相談会に参加してはいかがだろうか。

 本団体の活動では、社会問題を知識として学ぶだけでなく、教える側に立って理解できる。多くの視点から課題を知り、一人一人のできることから行動していくことが重要だ。

〈学生ボランティア募集中〉
https://learningforall.or.jp/volunteer/

※メイン写真はコロナ禍以前の様子

※記事は成蹊大学新聞会 2021年4月号(No.323)2面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

https://www.seikeipress.com/politics

オススメ記事

【大学生注意】スマホだけに重要情報を集約させるのは危険! 複数の方法を組み合わせがオススメ!!

大学生ネットワーク  現在の多くの大学生は、物心ついた頃から携帯電話やパソコン、インターネットに当たり前のように触れ、SNSなども小中学生の … 続きを読む»

【大学生注意】SNSトラブル 中央大学教授が警鐘「投稿は少し待つ」「便利なものは危ないことと表裏一体」

大学生ネットワーク  新年度がスタートし、新たな出会いや活動に胸を躍らせている大学生も多いはず。特に新入生は高校時代とは異なり、行動範囲や交 … 続きを読む»

武蔵野大学 「SDGs」を全学共通必修科目に! 西本学長を直撃「世の中にハピネス・クリエイタ―を育成していく」

大学生ネットワーク  武蔵野大学は2016年にブランドステートメント「世界の幸せをカタチにする。」を定め、2019年3月にSDGs実行宣言を … 続きを読む»

千葉商科大学 学生と教職員の情熱がなければ実現できなかった日本初の「自然エネルギー100%大学」!

大学生ネットワーク  千葉商科大学は、2014年度から日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指して検討を開始し、2019年1月には電力を … 続きを読む»

若者と政治 アンケート調査「普段投票に行く?」「重視する政策は?」「政治へのイメージは?」

大学生ネットワーク  政治は私たちの生活と密接に関わる重要なものだ。しかし、若者の政治離れといった問題が存在するように、身近なものであるとは … 続きを読む»

信州大学アクア・イノベーション拠点 第8回シンポジウム開催「環境にやさしい水処理技術でSDGsに貢献“社会を変える!”」

大学生ネットワーク  信州大学アクア・イノベーション拠点(COI)が2月2日(火)、「第8回シンポジウム」をオンラインで開催する。  サブタ … 続きを読む»

成績アップには学習意欲向上がカギ! 教育格差をなくす高精度教育ビッグデータを活用した新しいe-Learning

大学生ネットワーク 「流し見するだけで学習成績が向上します」 「暗記科目に先生が時間を使う必要はない! その時間を別に活用」 「ビッグデータ … 続きを読む»