豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

「学生気候危機サミット」気候危機を訴えるために若者がアクション!

2020.02.25 (火)

 
 2月21~23日の3日間に渡り、東京都にあるコミュニティプラットホーム渋谷EDGEofで「学生気候危機サミット」が開催された。
 

 日本で気候変動の危機を訴える子どもや若者によるアクション「Fridays For Future(フライデー・フォー・フューチャー)」が始まってから1年という節目に開催された同イベント。参加者は大学生を中心に、高校生も参加。北は北海道、南は鹿児島県の学生たちが、3日間でのべ100人以上集まり、地球の気候変動危機に関して話し合った。
 

 
 今回のサミットでは、データや科学に裏付けをされた事実を持って語るための「若者の知識レベルの向上」、気候変動アクションを行う「同世代の連帯をつくる(横に繋がる)」、どのような気候変動アクションを取るべきなのかを具体的に決める「行動を次に移すための準備」と、3つの目標を立てた。
 
 1日目は、グローバル気候マーチ(気候危機への対策強化を呼びかけるためのデモ)を、渋谷駅前の街頭でのアクションをする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で見合わせとなり、代わりに会場に集まった学生たちが、これから使う共通の掛け声を各グループ(ファミリー)に分かれて考案し、発表した。
 


▲持参したマイボトルを利用したコールも!
 
 2日目は、識者や企業の関係者を招いての勉強会、3日目は今後のアクションの戦略づくり・参加者によるプレゼンテーションが行われた。
 
 サミットの発起人のひとりであり、司会進行なども務めていた慶応義塾大学4年生の能條桃子さんは、今回の開催経緯について「昨年はアル・ゴアさんが、『クライメート・リアリティ・プロジェクト』の東京トレーニングを行いましたが、それは学生向けではなかったので、私たち学生で開催しようということになりました」と話す。
 

 
 これからは東京のみならず、日本各地で同様のアクションが起きることを目標としており、「若い人が深刻に考えているというのが、まだ社会に届いていない気がします。このサミットはスタートラインに過ぎないので、もっと声を出していきたいです」と決意を明かした。
 
 参加した感想を東京大学1年生の男子学生は、受験の英語勉強の際に、気候変動問題の英字ニュースを読んで興味を持ったそうで「海外との認識に違いと痛感して、これは動かないといけないなと思いました」と参加の経緯を語った。

 また、立命館大学3年の女子学生は「私は、大阪で活動しているのですが、まだ仲間が少ないと感じています。東京ではこういうイベントは多いので、大阪でやらなきゃという気持ちになりました」とコメントし、大学でのペットボトル消費を抑えるために給水機の設置などを呼びかけたいとのことだった。
 
 それぞれ意見を交換し、お互いに刺激を受けた学生たち。各地で新たなアクションを行っていく。

オススメ記事

工学院大学 グルテンフリー米粉麺を共同開発 食品ロス削減へ

大学生ネットワーク    工学院大学が、アルファ電子株式会社と米粉由来の麺「う米めん」(うまいめん)を開発した。高アミロース米を使 … 続きを読む»

工学院大学 新たな医学的知見を抽出する技術を開発 医療・健康分野への活用に期待集まる

大学生ネットワーク    解析技術が発展し、遺伝子の塩基配列を短時間で読み出せるようになり、生命に関するデータが日々蓄積されている … 続きを読む»

実現可能か!? AI・ロボットと人間が一緒にSDGsを考える社会

大学生ネットワーク    日本のロボット工学の研究者として長年に渡り、人材の育成やロボットの発展に尽力している大阪大学特任教授の浅 … 続きを読む»

安全・安心な観光地の作り方とは? 「コロナ禍」跡見学園女子大学の篠原靖准教授が解説する観光業界の未来!

大学生ネットワーク    2020年8月現在、国内外は依然として新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、厳しい状態が続いています … 続きを読む»

対話ロボット さらなる進化に期待

大学生ネットワーク    近年の情報技術の発展は目覚ましく、遠く離れた場所にいる人と、いつでもどこでもコミュニケーションを取れるよ … 続きを読む»

難病患者を介助する大学生ボランティア「心優」 代表者の熱い想い「難病患者と社会をつなぐ場をサポートしたい」

大学生ネットワーク    筋ジストロフィーをはじめとした難病児・者や障害児・者の支援活動を行っている学生ボランティアチーム「心優」 … 続きを読む»

「若者が東京で学び、地域に回帰」 地域実習で「実践力」を養う大正大学地方創生学部 林准教授も手応え

大学生ネットワーク    大正大学の地域創生学部は8日、地方在住で将来出身地域に帰って地域を支えるビジョンを持った受験生を対象に、 … 続きを読む»