企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

大手前大学 健康栄養学部学生 コンビニ食品を活用した慢性腎臓病食レシピを開発!

大手前大学健康栄養学部

2020.01.29 (水)

 
 大手前大学(本部:兵庫県西宮市)健康栄養学部の4年生が、コンビニエンスストアの食品を活用した慢性腎臓病食レシピを開発し、2019年1月26日(日)に開催された「第23回日本病態栄養学会年次学術集会」にて、一般演題(デジタルポスター)の発表を行いました。

 同大学・健康栄養学部の山本國夫教授のゼミ生である井上なつきさん、冠恭志朗さん、中村直美さん、白内あいりさん、白井佑季さんの5名がチームを組み、2018年12月より研究を進めていたコンビニの食品を活用した慢性腎臓病食レシピの開発。学生向けに設けられた「卒業研究セッション」の枠ではなく、 一般会員向けの一般演題(デジタルポスター)に応募し、医療職で活躍されている現役の方々と同様に評価され、発表することが認められました。

 当研究の背景として、現在、慢性腎臓病(CKD)患者は日本に1,300万人以上もいると言われています。しかし、治療の中で重要な役割を果たす食事療法におけるたんぱく質や食塩の制限、十分なエネルギーの確保は、患者及びその家族にとって負担となっています。

 その点に着目し、身近に食品の購入ができるコンビニを活用した慢性腎臓病食のレシピを開発し、患者及びその家族の負担軽減の一助となるような提案をしました。

 学生たちは、今回の研究・発表を通し、チームワークの大切さと根気強さを学ぶことができたそうです。この研究は来年度、次の学年に引き継がれ、開発したレシピを実際に患者に試食してもらい評価を行っていく予定。

 同大学は、今後も「食と健康をつなぐ」人材を育成するため、様々な研究開発に取り組んでいくという。

大手前大学

https://www.otemae.ac.jp

オススメ記事

【コロナ禍】価値観が変化した大学生も「いかに選挙が大事か」「当たり前の日常に感謝」「働き方への認識変化」

大学生ネットワーク    第一弾レポートでは、「コロナウイルスの影響で、あなた自身が一番困っていることはなんですか?」の意見に焦点 … 続きを読む»

<コロナ禍 大学生アンケート調査> 就活・学業・バイト・家族・環境 不安が浮き彫りに!

大学生ネットワーク    全世界に様々な影響を与えているコロナウイルス。日本の大学生は、どのようなことに不安を感じ課題を抱えている … 続きを読む»

『JAPAN CLEAN WEEK 2020』開催! 運営担当の上智大学生が想い語る「周りの人や街に思いやりのココロを持ってもらいたい」

大学生ネットワーク    5月30日の『ごみゼロの日』に向けて、ごみ問題について考えるイベント『JAPAN CLEAN WEEK … 続きを読む»

「学生気候危機サミット」気候危機を訴えるために若者がアクション!

大学生ネットワーク    2月21~23日の3日間に渡り、東京都にあるコミュニティプラットホーム渋谷EDGEofで「学生気候危機サ … 続きを読む»

文京学院大学の大学生 “復興を願う”台風19号被害 埼玉県川越市へ義援金を寄付

大学生ネットワーク    文京学院大学は、台風19号の被害を受けた埼玉県川越市民に対して行った学生らによる支援募金を義援金として、 … 続きを読む»

地元自治体や事業所と取り組む平時・発災後の地域減災対策 2月6日(木)からパシフィコ横浜にて

大学生ネットワーク  工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2月6日からパシフィコ横浜で開催される「震災対策技術 … 続きを読む»

筑波大学准教授・落合陽一氏の代表会社と東北大学 先端テクノロジーで社会課題解決へ

大学生ネットワーク    筑波大学・准教授の落合陽一氏が代表取締役を務めるピクシーダストテクノロジーズ株式会社と国立大学法人東北大 … 続きを読む»