豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

県立広島大学生 「レモンを通じて社会貢献」 地元高校生と協力して収穫サポート!

県立広島大学

2020.01.23 (木)

 
 県立広島大学の人間文化学部健康科学科の学生たち12名が1月11日、「レモンの島」と呼ばれる広島県大崎上島町の海辺にある岩崎農園で、広島県立大崎海星高校の生徒12名とレモンの収穫応援を行った。

 国産レモンは広島県の名産で秋~冬が旬。品質が良いため人気は高く、県内外で高値で取引されているが、収穫はトゲのある枝を避けながらの手作業なため、常に人手不足という課題を抱えている。そこで、出番になったのが若者の力!

 その作業を今回は、大学生と高校生がペアで一組になり、ハサミで一つずつ慎重に収穫をサポート。実は青いレモンの方が香りがよいそうで、「若いものの香りが良いのはレモンも人も一緒」という農園の岩崎亜紀さんの言葉に学生は爆笑。

 収穫後には大崎海星高校で、岩崎農園のオリジナルレシピによるレモン料理に挑戦し、コロッケにパスタ,パウンドケーキにレモンスカッシュという献立を試作した。
 

 当活動は、平成28年度に健康科学科の学生有志がレモンを通じて地域貢献を考える「レモン組」を発足。これまでにクラウドファンディングを活用して,学生たちが考案したレモンレシピを掲載したパンフレットを作成し,県民に配布するなど活動している。今後の新たなレシピづくりもチャレンジしていくという。

県立広島大学

http://www.pu-hiroshima.ac.jp

オススメ記事

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

大学生ネットワーク  海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可 … 続きを読む»

千葉大学学生がマイストローをデザイン「プラスチックごみの削減とSDGsの意識向上」に期待

大学生ネットワーク  国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会が、環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザインした。  同大学は株式会 … 続きを読む»

青山学院大学 関東圏内で初! フェアトレード大学に認定

大学生ネットワーク  青山学院大学が、国内4大学目となるフェアトレード大学に認定された。関東圏では初のフェアトレード大学認定となる。  同認 … 続きを読む»

大学生ら「脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める」約27万筆の署名を提出

大学生ネットワーク  大学生や高校生などの学生によって構成される気候危機ネットワーク「フライデーズ・フォー・フューチャー」(以下、FFF)と … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»