企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

気象学に生かす 「温故知新」の精神

成蹊大学新聞会

2019.12.24 (火)

 
 人々の生活が自然環境と密接に結びついていることは、今も昔も変わらない。江戸時代では浅間山噴火や天明の大飢饉など、自然災害に悩まされてきた日本の歴史がうかがえる。成蹊大学経済学部の財城真寿美准教授はそうした過去の気候や災害を知り、現代に生かしていくべきだと話す。

 地球は温暖期と寒冷期が交互に訪れており、約1万年前から温暖期である一方、江戸時代は一時的に寒冷な気候が続き「小氷期」と呼ばれている。これは火山噴火や太陽活動が関係しているという。当時、火山噴出物によって日光が遮断されたり、太陽の黒点が少なく活動が不活発になったりした。

 その結果、地上に届く太陽エネルギーは少なくなり、全国的に気温が低下した状態が続く。黒点が減少した天保期には、夏の長雨などの影響で天保の大飢饉が発生し、人々の生活に甚大な被害を与えた。一方、台風や地震が起きていた点は現代と何ら変わりない。江戸時代末期には、マグニチュード6以上の巨大地震に何度か見舞われている。特に1855年と翌年には、大規模な地震と台風が立て続けに日本を襲った。

 数値シミュレーションなどの将来予測が注目される傾向にある気象学に、歴史的観点を取り入れることは大きな利点があるという。気象研究の土台となる過去のさまざまな事例を扱うことで、将来起こる災害の備えに役立つ知見を得ることができる。

 これを証明する例として、東日本大震災で発生した大津波が挙げられる。東京電力は「想定外」であると主張したが、869年は震源地や規模、津波による災害が酷似している貞観地震が発生していた。当時の記録や堆積物から、その地震による津波が内陸部にまで達していたことが明らかになっている。過去の災害の研究成果が現在の災害対策に反映されていれば、被害拡大を防げたかもしれない。今日の気象観測技術だけではなく、歴史上の教訓も同時に活用する必要性がうかがえる。

 気象の専門家ではない私たちにできることはあるのだろうか。財城准教授は「身近な自然環境の変化に着目し、疑問を見つけてそれを探求してほしい」と語る。周囲の自然環境に敏感になることは、防災意識の向上につながる。そして小さな疑問を持つことは、環境を理解する第一歩となるだろう。

※記事は成蹊大学新聞会2019年11月号(No.319)5面より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

http://sup.karou.jp

オススメ記事

千葉大学 「Chiba Winter Fes 2020」開催! 日本一やさしい環境イベントを目指す!

大学生ネットワーク    千葉大学環境ISO学生委員会は、千葉大学の学生や地域の住民の方に対してエコ意識の啓発をすること、地域を活 … 続きを読む»

県立広島大学生 「レモンを通じて社会貢献」 地元高校生と協力して収穫サポート!

大学生ネットワーク    県立広島大学の人間文化学部健康科学科の学生たち12名が1月11日、「レモンの島」と呼ばれる広島県大崎上島 … 続きを読む»

子育て周囲が見守って

大学生ネットワーク  育児に励む人々の周囲にも、さまざまなバリアが存在する。その障壁を軽減するためには、私たちに何ができるだろうか。吉祥寺で … 続きを読む»

市民自治の結晶 NPOに迫る

大学生ネットワーク    NPOは環境問題の解決に大きく貢献している。その発展にはどのような歴史があるのか。NPOや環境問題を専門 … 続きを読む»

中央大学 国際ボランティアサークル「ひつじぐも」が地域交流に一役! 児童館の『もちつき』をお手伝い!

大学生ネットワーク    14日、中央大学の国際ボランティアサークル「ひつじぐも」が、東京都日野市のみさわ児童館(東京都日野市三沢 … 続きを読む»

未来へつなぐ教育 ESD

大学生ネットワーク    2019年4月、成蹊大学は「THE大学インパクトランキング2019 SDG別ランキングSDG12『つくる … 続きを読む»

最新技術を研究し、世界に挑戦する工学院大学ソーラーチーム

大学生ネットワーク    新たな知見や価値を創造する「21世紀型ものづくり」。  その最先端で活躍する人材の育成を行っている工学院 … 続きを読む»