豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

東京大学「環境三四郎」! サークルの一番の魅力は「縦、横のつながりが強いこと」

2018.01.07 (日)

 こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学3年生の“ぺき”です! 新年からスタートした新コーナー「『豪田ヨシオ部』と愉快な仲間たち」では、「豪田ヨシオ部」とつながりの深い団体やサークルを紹介します! 2組目は、東京大学の「環境三四郎」です!

 「環境三四郎」は、1993年に創設された学生サークル。主に3つの活動に分けられていて、「環境の世紀」の運営協力・議事録の出版、大学の環境マネジメントに関する調査や提言・小学校の環境教育への協力や企業のCSR活動への協力、そして最後に、リユース市の開催・落ち葉の堆肥化・学園祭の環境対策への協力などを行なっています。2008年10月には15周年記念として公開シンポジウムを開催。現役の学生だけでなく、サークルを卒業した社会人の先輩たちと交流を深め、知見を深めているんだそう。

 少人数ながらも「大学対校! ゴミ拾い甲子園」に参加してくれていて、2016年12月4日開催の「第7回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」では、ボーリングの球を拾い「面白いゴミ賞」を獲得。2017年6月11日開催の「第8回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」では、副代表のナカシマくん(2年生)は参加者への道案内誘導も手伝ってくれました!

 そんなナカシマくんに、サークルの活動や魅力、今後の目標などを答えてもらいました!

Q:サークル又は学生団体の1週間の活動頻度を教えてください。
ナカシマくん(以下から、ナ):現在は主に目黒区内の小学校で環境に関する授業を行うプロジェクトに取り組んでおり、その授業の内容などについて話し合うミーティングを毎週火曜日に開いています。 具体的な活動内容や理念については、ぜひ、環境三四郎のHPをご覧ください!

Q:皆さんが所属するサークルの1番の魅力を教えてください。
ナ:縦、横のつながりが強いことです。10歳以上離れた方をも含む多くの先輩から話を聞ける機会が得られる一方、他大学の環境またはボランティアサークルとの交流を行っており、まさに縦横無尽な関係を築けます。

Q:現状のサークル又は学生団体の課題点や大変だったことを教えてください。
ナ:メンバーがあまり多くないので、活動における十分な人員の確保には常に苦労していました。

Q:今までサークル又は学生団体でどのようなイベントに参加しましたか?(豪田ヨシオ部の企画以外で)
ナ:ゴミ拾い、エコプロダクツ展などの環境に関する企画です。

Q:サークル又は学生団体に入っていて良かったと思うことを教えてください。
ナ:休日に勉強以外のやることが生まれることです。

Q:サークル又は学生団体を通して成長したこと、学んだことを教えてください。
ナ:ミーティングをより良いものにしようと考えた結果、状況を把握するために視野が広くなった気がすることです。

Q:今所属しているサークル又は学生団体に入部したキッカケを教えてください。
ナ:友人に誘われ、小学校で授業を行うという活動に魅力を感じました。

Q:どのような基準でサークル又は学生団体を選びましたか。
ナ:自分が文系なので、違う視点を持った理系の学生が多いサークルに入りたいと思っていました。

Q:最後に今後、サークル又は学生団体として新しくやってみたいこと・チャレンジしたいことを教えてください。
ナ:何か新しいプロジェクトに取り掛かりたいと考えています。現状では、落ち葉の堆肥化などが有力です。

 「縦横無尽な関係を築けること」が強みの「環境三四郎」。「豪田ヨシオ部」にとっても大事な存在! これからも共に協力していきましょう♪

「環境三四郎」HP 

http://www.sanshiro.ne.jp

オススメ記事

大学教育によってサステナブルな未来は創造できるのか? 武蔵野大学が新設する「サステナビリティ学科」

大学生ネットワーク  2023年4月に新学科「サステナビリティ学科」を開設する武蔵野大学が8月3日、有明キャンパスで記者発表会を行いました。 … 続きを読む»

広島大学の校友会学生チーム 地元の食材で一人暮らしの新入生を応援! クラファンが開始!!

大学生ネットワーク  広島大学が、クラウドファンディングプロジェクト『ようこそ広大プロジェクト 地元食材で学生生活の始まりを支えたい!』をス … 続きを読む»

地球規模で広がる大気中のマイクロプラスチック 「海洋」と「大気」では一体どう違うのか!?

大学生ネットワーク  ここ数年、地上波のニュース番組でも「海洋プラスチックごみ問題」に関連して、「マイクロプラスチック」が取り上げられる機会 … 続きを読む»

観光マネジメント人材の育成を推進する東海大学観光学部 藤本教授「色んな視点で物事を捉える感覚が必要」

大学生ネットワーク  東海大学は、2022年度に向け全学的な改組改編を進めています。建学80周年にあたる2022年4月に向けて、「日本まるご … 続きを読む»

音楽療法で健康を支援

大学生ネットワーク  音楽療法という言葉を知っているだろうか。これは、音楽の力と人との関わりを使って健康支援を行うことだ。そこで音楽療法につ … 続きを読む»

地域の将来を担う“横断的人材”を育成する東京農大地域創成科学科 本田尚正教授を直撃「学生は共通言語を持ってほしい」

大学生ネットワーク  地方の過疎化が叫ばれ、なかなか有効な手が打てずにいる昨今、様々な事態に対応できる横断的人材が求められています。東京農業 … 続きを読む»

日本学生esports協会 若い世代にSDGs認知拡大・社会貢献活動を推進「ゲームで世界を救う」 

大学生ネットワーク  ここ数年、据え置き機やスマートホン、PCなどの機器を使用したビデオゲーム対戦を、スポーツ競技として捉える「eスポーツ」 … 続きを読む»