豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

防災力を高める「大学生の強み」「地域に対する壁」 愛知工業大生らが「学生大防災会議2021」開催

2021.03.11 (木)

 10日、学生有志による「学生大防災会議2021 私たちにできることって?」(主催 愛知県工業大学 地域防災研究センター)がオンラインにて開催されました。

 同シンポジウムは、愛知工業大学の学生が中心となって結成された「学生防災サークル 学防(まなぼう)ラボ」、法政大学大学院、中央大学、愛知県立大学の学生約90人が参加しました。「学防(まなぼう)ラボ」は、「楽しく防災力を高めよう」をモットーに活動しており、地域や社会の防災力の向上に貢献することを目的としています。

 まず、「学生大防災会議2021 私たちにできることって?」では、各大学の学生が取り組んでいる活動を報告しました。

 愛知工業大学の一松和希さんは、災害時に炊き出しや暖を取るために活用が期待される「かまどベンチ」の製作報告と今後の運用について発表。専門家に指導を仰ぎながら、ベンチを製作した後は、試運転も行ったそうで「お披露目会では、非常用のごはんを食べてみたのですが、おいしく、たべる前の非常食はあまり美味しくないというイメージがかわりました」と手応を得たことを話しました。また、防災カフェや共助ワークショップの実施報告などをしました。
 

▲一松和希さん
 
 愛知県立大学「DO Nabe net in あいち」の福田千寛さんは、地域で開催しているお食事会や防災訓練などの内容、法政大学大学院の山田将生さんは、スポーツ防災ゲーム、神奈川県相模原市若葉台住宅地のプロジェクト、中央大学「りこボラ!」の松田美慧さんは、住民との共同避難訓練の結果を紹介しました。松田さんは、防災には正解がないため、失敗を恐れずなんでも提案する大切さなどを説明しました。
 

▲松田美慧さん
 
 また、防災活動を通して感じたことのディスカッションでは、「大学生の強み」「地域に対する印象(壁を感じているか)」「現在、地域の方々と活動していること、今後やりたいこと」の3テーマで代表者質問が行われました。

「大学生の強み」について愛知工業大学大学院の澤田翼さんは「やはり若いというのはあります。救援物資など重いものを運んだり、体力面で活躍できることが多い。また、若い人は何かしらのSNSアカウントを持っているので発信力があります」と説明した。愛知県立大学「DO Nabe net in あいち」の山本真永美さんは「協力してもらいやすい」と回答。実際に自分たちの活動をする際に地域の方から「協力したい」と声をかけられたという。
 

▲澤田翼さん
 
 そして、「壁になっていること」に関しては、「誰(社会人側)に聞いていいかわからない」、「相手を見つけて(企画などを)説明をしても、(社会人側が)本気になってくれない」などの意見上がりました。これには大学生側の行動力も大きく関係しているということで、愛知工業大学の横井ことのさんは、「壁は自分の中にあって、どれだけ自分の情報を開示できるかにかかっている」と躊躇することなく、交渉してみることが大事と学生たちに訴えかけました。

 今回のシンポジウムでは、各学生の取り組みを共有することで、新たな発見をした学生たち。今回のシンポジウムの意義に関して愛知工業大学の前島朋佳さんは「自分の近いところからの防災を考え、気持ちが大事」と語りました。最後は、「学生大防災会議2021」事務局メンバーが「がんばるぞ宣言」を行い、今後の活動目標とスケジュールも発表され、シンポジウムは閉会しました。 
 


▲会議の最後には、グラレコも発表された

オススメ記事

SDGsを表現したアートを制作! 武蔵野大学生がポップアップモールとコラボ「有明SDGsアクション」!!

大学生ネットワーク  武蔵野大学と株式会社ケシオンによるSDGs推進プロジェクト「有明SDGsアクション」に参加した学生を、都内のZeroB … 続きを読む»

プラスチック製品有料化の意味 海洋プラスチックごみの削減になるの? 本当に評価すべき点は…

大学生ネットワーク  2020年7月、日本全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化の背景には、海洋プラスチックごみの … 続きを読む»

プラゴミを含む環境問題の解決こそ新しいビジネスチャンス 九州大の磯辺教授「イノベーションと持続性はイコール」

大学生ネットワーク  海洋プラスチックゴミ研究の第一人者である九州大学の磯辺篤彦教授は「プラゴミを含む環境問題は、大きなビジネスチャンスの可 … 続きを読む»

千葉大学学生がマイストローをデザイン「プラスチックごみの削減とSDGsの意識向上」に期待

大学生ネットワーク  国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会が、環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザインした。  同大学は株式会 … 続きを読む»

青山学院大学 関東圏内で初! フェアトレード大学に認定

大学生ネットワーク  青山学院大学が、国内4大学目となるフェアトレード大学に認定された。関東圏では初のフェアトレード大学認定となる。  同認 … 続きを読む»

大学生ら「脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める」約27万筆の署名を提出

大学生ネットワーク  大学生や高校生などの学生によって構成される気候危機ネットワーク「フライデーズ・フォー・フューチャー」(以下、FFF)と … 続きを読む»

関西学院大の学生ら 「SDGsダイアリー」を制作 Z世代へ「SDGsをもっと身近な存在にしたい」

大学生ネットワーク 「SDGsとは、環境問題、ジェンダーや教育の格差、貧困問題の解決などを目指す国際的な目標…」ということは、今の大学生なら … 続きを読む»