企業様へ

大学生へ

SDGs企業研究

「働き方改革 企業調査」 取り組んでいる企業の割合は? 取り組みへの目的と内容は? 

2020.01.17 (金)

 
 2019年4月1日に「働き方改革関連法」が施行され、一部の分野では2020年4月から中小企業が新たに適用対象となるなど、その範囲は順次拡大される予定となっている中、帝国データバンク(以下、TDB)は働き方改革に対する企業の取り組み状況や見解について調査を実施。

 当調査は、「TDB景気動向調査2019年12月調査」とともに行った。

■調査期間:2019年12月16日~2020年1月6日
■調査対象:全国2万3,652社
■有効回答企業数:1万292社(回答率43.5%)

 1.働き方改革への取り組み状況では、「取り組んでいる」企業は60.4%となり、前回調査(2018年8月)から22.9ポイント増となった。

 また、「現在は取り組んでいないが、今後取り組む予定」(16.3%)を合わせると76.7%が取り組みに積極的であることがわかった。

 他方、「以前取り組んでいたが、現在は取り組んでいない」は2.0%、「取り組む予定はない」は8.9%だった。
 

 
 2.取り組みの具体的な内容は、「休日取得の推進」が77.2%でトップとなり、「長時間労働の是正」が71.0%で続き、突出して高い。 次いで、「人材育成」(49.6%)、「健康管理の充実」(45.9%)、「職場風土づくり・意識の改善、 コミュニケーションの活性化」(44.7%)、「業務の合理化や効率化のためのIT・機器・システムの導入」(43.6%)が続く。

 3.今後の取り組みでは、「サテライトオフィスやテレワークの導入」(23.6%)が最も高く、「副業の許可」(22.5%)が続いた。いずれも現在における取り組みでは1割を下回っていたが、今後の導入を検討している様子がうかがえる。

 4.取り組みで最も重視する目的は、「従業員のモチベーション向上」が32.4%でトップ。次いで「人材の定着」(20.2%)、「生産性向上」(13.5%)も上位となった。

 また、「従業員の心身の健康」(11.4%)も続くなど、従業員への影響を重要視している傾向がみられる。

 5.取り組んでいない理由では、「必要性を感じない」(34.2%)が最も高い。以下、「効果を期待できない」(25.4%)、「人手不足や業務多忙のため、 手が回らない」(22.4%)も上位で続いた。

オススメ記事

将来を見据えるベネッセグループ 教育を通じて“ポストSDGs”の人材を育てることが使命!

SDGs企業研究    通信教育をはじめとした教育・生活関連、介護、語学教育などを事業分野としている株式会社ベネッセホールディン … 続きを読む»

貧困地域・アフリカでの「ギブミーフード」体験がアプリ開発のきっかけ! 食品小売業界のフードロスに挑む!

SDGs企業研究    2019年2月1日、株式会社エイチ・アイ・エスのグループ会社であるみなとく株式会社が、食品ロス解決アプリ … 続きを読む»

丸井グループが考えるSDGsの根幹は「インクルージョン」! すべての人が「しあわせ」を感じられる共創社会へ!!

SDGs企業研究    昨年11月、小売事業などを展開する、株式会社丸井グループが「第20回グリーン購入大賞」の「再エネ普及特別 … 続きを読む»

アイリスオーヤマ 「新型コロナウイルス」感染者拡大の北海道に100万枚のマスクを提供

SDGs企業研究    生活用品の企画、製造、販売しているアイリスオーヤマ株式会社が、政府からの要請に対応し、「新型コロナウイル … 続きを読む»

わずか37.2%! 「ダイバーシティ&インクルージョン」取り組み企業

SDGs企業研究    女性リーダー育成に焦点を当てた「ダイバーシティ&インクルージョン」を専門とするオーストラリアのコンサルテ … 続きを読む»

北大阪急行電鉄株式会社 「多面的なバリアフリー化」が評価 国土交通省から賞を受賞

SDGs企業研究    北大阪急行電鉄株式会社は、2020年1月23日(木)に全駅可動式ホームドアの設置と多面的なバリアフリー化 … 続きを読む»

ひかり味噌 SDGs推進! 「オーガニック味噌容器」プラスチック使用量削減へ

SDGs企業研究    日本の発酵食品「味噌」を製造し、健康な食生活に貢献する商品づくりを企業理念に掲げているひかり味噌株式会社 … 続きを読む»