豪田部とは

大学生へ

SDGs企業研究

「働き方改革 企業調査」 取り組んでいる企業の割合は? 取り組みへの目的と内容は? 

2020.01.17 (金)

 
 2019年4月1日に「働き方改革関連法」が施行され、一部の分野では2020年4月から中小企業が新たに適用対象となるなど、その範囲は順次拡大される予定となっている中、帝国データバンク(以下、TDB)は働き方改革に対する企業の取り組み状況や見解について調査を実施。

 当調査は、「TDB景気動向調査2019年12月調査」とともに行った。

■調査期間:2019年12月16日~2020年1月6日
■調査対象:全国2万3,652社
■有効回答企業数:1万292社(回答率43.5%)

 1.働き方改革への取り組み状況では、「取り組んでいる」企業は60.4%となり、前回調査(2018年8月)から22.9ポイント増となった。

 また、「現在は取り組んでいないが、今後取り組む予定」(16.3%)を合わせると76.7%が取り組みに積極的であることがわかった。

 他方、「以前取り組んでいたが、現在は取り組んでいない」は2.0%、「取り組む予定はない」は8.9%だった。
 

 
 2.取り組みの具体的な内容は、「休日取得の推進」が77.2%でトップとなり、「長時間労働の是正」が71.0%で続き、突出して高い。 次いで、「人材育成」(49.6%)、「健康管理の充実」(45.9%)、「職場風土づくり・意識の改善、 コミュニケーションの活性化」(44.7%)、「業務の合理化や効率化のためのIT・機器・システムの導入」(43.6%)が続く。

 3.今後の取り組みでは、「サテライトオフィスやテレワークの導入」(23.6%)が最も高く、「副業の許可」(22.5%)が続いた。いずれも現在における取り組みでは1割を下回っていたが、今後の導入を検討している様子がうかがえる。

 4.取り組みで最も重視する目的は、「従業員のモチベーション向上」が32.4%でトップ。次いで「人材の定着」(20.2%)、「生産性向上」(13.5%)も上位となった。

 また、「従業員の心身の健康」(11.4%)も続くなど、従業員への影響を重要視している傾向がみられる。

 5.取り組んでいない理由では、「必要性を感じない」(34.2%)が最も高い。以下、「効果を期待できない」(25.4%)、「人手不足や業務多忙のため、 手が回らない」(22.4%)も上位で続いた。

オススメ記事

日本旅行ならではの「地方創生」 “原点”である地域との連携を活かした「持続可能なツーリズム」

SDGs企業研究    1905年に旅行会社として創業した株式会社日本旅行は、2019年12月にSDGs達成に向けて、「Tour … 続きを読む»

「スーパークローン文化財」は世界平和への願い! SDGsイベントを高頻度で開催する「そごう・西武」

SDGs企業研究    豪田ヨシオ部は、8月1日~31日の期間にそごう横浜店のそごう美術館で開催されている「東京藝術大学スーパー … 続きを読む»

堅苦しいイメージは大間違い!? 「共存共創」を軸に常に新しい社会貢献にチャレンジする八芳園

SDGs企業研究   「厳しい情勢ではありますが、同時にチャンスだという考えも持っています」  こう力強く語るのはレストランや結 … 続きを読む»

エアークローゼット天沼社長 会社の存在意義とSDGsの目標はイコール「特別なことではなく、当たり前の責任」

SDGs企業研究    月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を提供する株式会社エアークローゼットは、大量生産 … 続きを読む»

将来を見据えるベネッセグループ 教育を通じて“ポストSDGs”の人材を育てることが使命!

SDGs企業研究    通信教育をはじめとした教育・生活関連、介護、語学教育などを事業分野としている株式会社ベネッセホールディン … 続きを読む»

丸井グループが考えるSDGsの根幹は「インクルージョン」! すべての人が「しあわせ」を感じられる共創社会へ!!

SDGs企業研究    昨年11月、小売事業などを展開する、株式会社丸井グループが「第20回グリーン購入大賞」の「再エネ普及特別 … 続きを読む»

『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』企業三社が受賞喜び

SDGs企業研究    今年で4年目を迎えた『国際女性デー HAPPY WOMAN AWARD 2020 for SDGs』。3 … 続きを読む»