豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

2020.09.11 (金)

 2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題や地球温暖化の問題などがありますが、世界的に見るとかなり遅れた対応といえます。今、世界では海洋に投棄されるプラスチックごみがかなり深刻な問題になっています。

 その問題に国内でいち早く注目し、警鐘を鳴らすべく、著書『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』(山と渓谷社)を出版したNHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサーの堅達京子(げんだつきょうこ)さんに、海洋プラスチックに関する世界の情勢や今後日本が取り組むべき課題などを聞きました。
 

マイクロプラスチックは水生生物への影響に留まらない

 
『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』は、NHK BS1で放送された「BS1スペシャル 『“脱プラスチック”への挑戦~持続可能な地球をめざして~』」の放送で紹介しきれなかった部分をクローズアップした内容となっています。

 海洋プラスチックの問題というと、ビニール袋などを誤飲してしまったクジラの胃袋の写真やストローが刺さったウミガメなど、水生生物への悪影響がクローズアップされがちですが、堅達さんの著書はそのことに触れつつも、もっと大きな問題に注目しています。

 それは、マイクロプラスチックの問題です。

「紫外線や波に砕かれたプラスチックというのは、細かくて回収が不能になってしまいます。これを止めていかないと、海の汚染に留まらず、大変なことになります。魚などが運び屋となり人に返ってくるからです。食物連鎖を通してやがて人に返ってきます。あまり知られていませんが、日本近海もプラスチックごみが溜まるスポットのひとつといわれています」
 

 

1 2 3

オススメ記事

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

日本が挑戦する脱炭素革命 ライバル企業・世代を超えて取り組むべき気候変動問題

SDGsフォーカス  コロナ禍による1年の延期を経てイギリス・グラスゴーで、COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が2021年 … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»

通勤環境や気候が決め手! 北海道にUターン就職した大卒女性 自分に正直に「何年も住み続けられるかな!?」

SDGsフォーカス  都内の大学に入学すると、なんとなく都内の企業へ就職しようと考えがちですが、そういった選択を取らない大学生も一定数います … 続きを読む»

【地方移住したい大学生へ】新潟県糸魚川市にIターン就職した大卒若者女性がアドバイス 「やりたいこと」「環境」「支援制度」が大事!

SDGsフォーカス  人々の多様な価値観が広がる中で、「生き方」も変化しています。大都市での生活様式に違和感を抱き、「自分のやりたいこと」に … 続きを読む»

世界各地で自然災害 環境への意識調査「一人一人が行動をすれば変わっていく」

SDGsフォーカス  2021年8月現在までに、世界中で大規模な自然災害が起きている。  直近において、6月には中国黒竜江省では大雨による洪 … 続きを読む»