豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

対話ロボット さらなる進化に期待

成蹊大学新聞会

2020.07.27 (月)

 
 近年の情報技術の発展は目覚ましく、遠く離れた場所にいる人と、いつでもどこでもコミュニケーションを取れるようになった。そして現在、私たちは新たな局面を迎えている。それはロボットとのコミュニケーションだ。

 人間は言語や声色だけでなく、表情や仕草といった非言語的な要素を組み合わせてコミュニケーションを取っている。ロボットも、それらを読み取ることで人とさまざまなコミュニケーションを取ることが可能だ。しかし、人間とロボットには決定的な違いがある。人は会話の文脈を読むことができるが、ロボットは特定の受け答えしかできない。そのため、柔軟で知的なコミュニケーションを取ることはいまだに難しい。

 一方、ロボットの方が得意なコミュニケーションも存在する。会話の受け手となることだ。ロボットは人間とは異なり、相手の話を長時間聞くことができる。そして、人は打ち明け話などの話しづらい事柄も、人工物に対しては話しやすい傾向にある。これらの点から、高齢者の話し相手となるロボットの活躍が期待されており、実証実験でも成果を上げている。

 対話ロボットについて研究している成蹊大学理工学部の中野有紀子教授は、技術を普及させる上ではまだ課題が多いと話す。ロボットは標準語の音声合成を行って会話をするため、方言や若者言葉といった特殊な言葉には対応できない。今後は、相手に親しみやすさを感じさせる工夫も必要になるという。

 ロボットの普及による失業や、人への危害を心配する声もある。しかし、ロボットにより私たちが安心して生活できるようになったり、有意義に使える時間が増えたりすることも事実だ。人工知能の急成長により、進化し続けるロボット技術。いずれは、人間と遜色ないコミュニケーションが取れるロボットが生まれるかもしれない。

※記事は成蹊大学新聞会2020年7月号(No.322)特集より流用
公式HP「成蹊大学新聞会」

https://www.seikeipress.com

オススメ記事

「国際色豊かな大学」ランキング 東大や早慶を抑えてあの公立学校が1位! 充実した英語教育制度が鍵!

大学生ネットワーク    オンライン受験コーチング『スタディチェーン』を運営するHUSTAR株式会社の編集部が、現役大学生・社会人 … 続きを読む»

難病患者を介助する大学生ボランティア「心優」 代表者の熱い想い「難病患者と社会をつなぐ場をサポートしたい」

大学生ネットワーク    筋ジストロフィーをはじめとした難病児・者や障害児・者の支援活動を行っている学生ボランティアチーム「心優」 … 続きを読む»

「若者が東京で学び、地域に回帰」 地域実習で「実践力」を養う大正大学地方創生学部 林准教授も手応え

大学生ネットワーク    大正大学の地域創生学部は8日、地方在住で将来出身地域に帰って地域を支えるビジョンを持った受験生を対象に、 … 続きを読む»

【ユニバーサル・デザイン】フォントから学習「ICTと社会のつながりを考える良い機会」神田外語大学の石井雅章准教授

大学生ネットワーク    神田外語大学とフォント市場で国内トップシェアを誇る株式会社モリサワが、「ユニバーサル・デザインと地域課題 … 続きを読む»

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター 【子どもの睡眠習慣改善】啓発 「健康リテラシーを高める」

大学生ネットワーク   「眠育(みんいく)」活動を2014年から行っている西川株式会社が、大阪市淀川区および大阪市立大学と連携し、 … 続きを読む»

駒澤大の長山ゼミ生 逆境を乗り越えてコロナ自粛の地元飲食店を支援! 教授も学生の成長を実感

大学生ネットワーク    駒澤大学は2020年6月12日に株式会社シンシアージュと共同で、飲食店の集客支援クーポンアプリ「どこでも … 続きを読む»

Web×施設のハイブリッド空間「むさし野文学館」がオープン! 武蔵野大学文学部長の土屋忍教授「文学に感謝しなければならない」

大学生ネットワーク    2020年6月12日に武蔵野に縁のある小説や詩歌、マンガや映画、自筆原稿や講演録などを収蔵するとともに、 … 続きを読む»