企業様へ

大学生へ

大学生ネットワーク

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター 【子どもの睡眠習慣改善】啓発 「健康リテラシーを高める」

2020.06.26 (金)

 
「眠育(みんいく)」活動を2014年から行っている西川株式会社が、大阪市淀川区および大阪市立大学と連携し、子どもの睡眠習慣の改善を目的にした啓発リーフレット「ネムリヒミツラボ」を共同制作した。15日より淀川区内の小中学校への配布をスタートしている。

 淀川区では、子どもの睡眠習慣改善支援事業「ヨドネル」の取り組みとして、大阪市立大学特任准教授の水野敬氏のチームと連携し、淀川区内の小中学校に通う小学校4年生から中学校2年生までの児童生徒5,300人を対象に睡眠実態の詳細調査を実施。科学的根拠に基づいた分析結果を生かして、区内の小中学校に向けた啓発活動を行っている。

 取り組みを実施している大阪市立大学健康科学イノベーションセンターのご担当者さんは、取り組みが始まった経緯について、「榊正文・淀川区前区長が、保護者らとの会議で、区内の子どもの睡眠習慣も乱れていることを知り、不規則な生活の改善が、学力アップにもつながっていくのではないかと考え、抗疲労研究が専門の研究者である水野敬・大阪市立大学健康科学イノベーションセンター副所長に専門的な調査と指導を依頼したことがきっかけです」と説明。

 同センターと淀川区は昨年に西川株式会社と連携協定を締結。三者で、子どもの睡眠習慣改善や睡眠の質の向上をめざし、子どもの睡眠習慣等改善の啓発をスタートさせた。

「子どもたちが慢性疲労を抱える背景には睡眠不足の常態化があります。慢性疲労は学習意欲を低下させてしまうだけでなく、思春期の脳の発達にも影響を及ぼします。私たちはこれからも研究活動を通して、子どもも大人も、子どもの健康リテラシーを高め、積極的に健康増進のために考えて行動に移す、活力ある社会形成を目指します」

 力強く目標を語ったご担当者さん。現状では、まだ大学生と協力して活動をしたことはないが、今後は「大学生の皆さんにも、是非とも子どもと保護者の目線で、一緒に啓発活動を行えればと思っています」と明かした。

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター

http://www.chsi.osaka-cu.ac.jp

オススメ記事

【ユニバーサル・デザイン】フォントから学習「ICTと社会のつながりを考える良い機会」神田外語大学の石井雅章准教授

大学生ネットワーク    神田外語大学とフォント市場で国内トップシェアを誇る株式会社モリサワが、「ユニバーサル・デザインと地域課題 … 続きを読む»

広島大学 クラウドファンディングを開始 コロナ禍に屈せずポジティブな大学運営に挑む!

大学生ネットワーク    現在、広島大学では、クラウドファンディングプロジェクト『負けんけんね!広大【広島大学学生応援プロジェクト … 続きを読む»

駒澤大の長山ゼミ生 逆境を乗り越えてコロナ自粛の地元飲食店を支援! 教授も学生の成長を実感

大学生ネットワーク    駒澤大学は2020年6月12日に株式会社シンシアージュと共同で、飲食店の集客支援クーポンアプリ「どこでも … 続きを読む»

金沢大学 困窮学生支援のクラファン開始 卒業生からも応援メッセージ

大学生ネットワーク    国立大学法人金沢大学が6月11日、クラウドファンディングプロジェクト「コロナで学業継続が苦しい学生にご支 … 続きを読む»

龍谷大学「学生の困窮」食料配布 総合食品メーカーが「大阪王将 羽つき餃子」500食で応援

大学生ネットワーク    コロナウイルスの影響で経済的な困窮に陥っている大学生。龍谷大学では2020年5月より同大学の学生向けに食 … 続きを読む»

【コロナ禍】価値観が変化した大学生も「いかに選挙が大事か」「当たり前の日常に感謝」「働き方への認識変化」

大学生ネットワーク    第一弾レポートでは、「コロナウイルスの影響で、あなた自身が一番困っていることはなんですか?」の意見に焦点 … 続きを読む»

<コロナ禍 大学生アンケート調査> 就活・学業・バイト・家族・環境 不安が浮き彫りに!

大学生ネットワーク    全世界に様々な影響を与えているコロナウイルス。日本の大学生は、どのようなことに不安を感じ課題を抱えている … 続きを読む»