豪田部とは

大学生へ

大学生ネットワーク

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター 【子どもの睡眠習慣改善】啓発 「健康リテラシーを高める」

2020.06.26 (金)

 
「眠育(みんいく)」活動を2014年から行っている西川株式会社が、大阪市淀川区および大阪市立大学と連携し、子どもの睡眠習慣の改善を目的にした啓発リーフレット「ネムリヒミツラボ」を共同制作した。15日より淀川区内の小中学校への配布をスタートしている。

 淀川区では、子どもの睡眠習慣改善支援事業「ヨドネル」の取り組みとして、大阪市立大学特任准教授の水野敬氏のチームと連携し、淀川区内の小中学校に通う小学校4年生から中学校2年生までの児童生徒5,300人を対象に睡眠実態の詳細調査を実施。科学的根拠に基づいた分析結果を生かして、区内の小中学校に向けた啓発活動を行っている。

 取り組みを実施している大阪市立大学健康科学イノベーションセンターのご担当者さんは、取り組みが始まった経緯について、「榊正文・淀川区前区長が、保護者らとの会議で、区内の子どもの睡眠習慣も乱れていることを知り、不規則な生活の改善が、学力アップにもつながっていくのではないかと考え、抗疲労研究が専門の研究者である水野敬・大阪市立大学健康科学イノベーションセンター副所長に専門的な調査と指導を依頼したことがきっかけです」と説明。

 同センターと淀川区は昨年に西川株式会社と連携協定を締結。三者で、子どもの睡眠習慣改善や睡眠の質の向上をめざし、子どもの睡眠習慣等改善の啓発をスタートさせた。

「子どもたちが慢性疲労を抱える背景には睡眠不足の常態化があります。慢性疲労は学習意欲を低下させてしまうだけでなく、思春期の脳の発達にも影響を及ぼします。私たちはこれからも研究活動を通して、子どもも大人も、子どもの健康リテラシーを高め、積極的に健康増進のために考えて行動に移す、活力ある社会形成を目指します」

 力強く目標を語ったご担当者さん。現状では、まだ大学生と協力して活動をしたことはないが、今後は「大学生の皆さんにも、是非とも子どもと保護者の目線で、一緒に啓発活動を行えればと思っています」と明かした。

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター

http://www.chsi.osaka-cu.ac.jp

オススメ記事

スイーツを通じてSDGsに関心を! 女子大生がSDGs17のゴールを表現した斬新スイーツを試食レポート!! 

大学生ネットワーク    株式会社LEOCが都内で展開しているサステナブルデリ&カフェをコンセプトとした「Deli & … 続きを読む»

新潟医療福祉大学の地域貢献団体 社会福祉功労者として表彰

大学生ネットワーク    新潟医療福祉大学学友会所属の地域貢献団体『レクア.コム部』の『一休さん』運営グループが15日、『新潟市社 … 続きを読む»

愛知学院大学 「フードロス✕子ども食堂」開催! 大学生が自主的に活動!!

大学生ネットワーク    愛知学院大学経営学部は14日、同学部のゼミ活動の一環として「フードロス✕子ども食堂」の取り組み「たべっこ … 続きを読む»

工学院大学 新たな医学的知見を抽出する技術を開発 医療・健康分野への活用に期待集まる

大学生ネットワーク    解析技術が発展し、遺伝子の塩基配列を短時間で読み出せるようになり、生命に関するデータが日々蓄積されている … 続きを読む»

実現可能か!? AI・ロボットと人間が一緒にSDGsを考える社会

大学生ネットワーク    日本のロボット工学の研究者として長年に渡り、人材の育成やロボットの発展に尽力している大阪大学特任教授の浅 … 続きを読む»

安全・安心な観光地の作り方とは? 「コロナ禍」跡見学園女子大学の篠原靖准教授が解説する観光業界の未来!

大学生ネットワーク    2020年8月現在、国内外は依然として新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、厳しい状態が続いています … 続きを読む»

対話ロボット さらなる進化に期待

大学生ネットワーク    近年の情報技術の発展は目覚ましく、遠く離れた場所にいる人と、いつでもどこでもコミュニケーションを取れるよ … 続きを読む»