豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

第6回「Women of Excellence Awards」吉田都さん、水野美紀さんが受賞

2020.08.03 (月)

 
「自分らしく働き、輝く女性」の応援を目的として創設されたアワード「Women of Excellence Awards(ウイメン・オブ・エクセレンス・アワーズ)」。第6回目を迎えた今回、ビジネス部門にバレリーナ・新国立劇場舞踏次期芸術監督の吉田都さん、スペシャリスト部門に女優の水野美紀さんが選出されました。

「ビジネス部門」を受賞したのは、バレリーナ・新国立劇場舞踏次期芸術監督の吉田都さん。日本が世界に誇るトップ・プリマとして前人未到のキャリアを築き、退団後も舞台に立ち続けながら後進を育成。日本から世界へと発信できる作品づくりやダンサー育成の環境整備に意欲的に取り組んでいる点が評価され、選出されました。

 吉田都さんは「今は、見通しがつきにくいコロナ禍。舞台に立てず、表現の場を失ったダンサーたちは翼をもがれた鳥のよう。ドイツのグリュッタース文科相は、『文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品ではない。一定期間、文化活動を諦めなければならないとすれば、それがどれほどの損失であるかもわれわれは理解している』と語りました。日本でも多くの人に分かってもらえるよう、より良い作品づくりやバレエ団のレベルアップに努めます」と、今後の目標を熱く語りました。

 そして、「スペシャリスト部門」を受賞したのは、女優の水野美紀さん。演技の研鑽にたゆまず取り組み、難役に次々と挑戦。特に近年のドラマでの活躍は目覚しく、出演の度に大きな話題になっています。エッセイではご自身の経験を独自の感性でコミカルに綴り、女性たちの共感を集めています。さらに主宰する演劇ユニットでは脚本・演出も担当するなどマルチな才能を発揮し、型にハマることなく縦横無尽に活躍。働く女性たちを勇気づけ、エンパワーメントする存在といえるところが選出理由となりました。

 水野美紀さんは、「受賞できて大変光栄に思います。クリエイターは作品を通して、時に人々の不安や怒りを代弁したり、笑いや癒やしを生んだりして、目に見えない空気や感情を形にしてきました。私はこのコロナ禍での変化への不安も驚きも希望も苛立ちも、全て仕事に還元します。表現によってたくさんの人と共有し、この時代を後世に伝えられたらと思います」と受賞の喜びを語りました。

オススメ記事

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

SDGsプラス独自目標を掲げる生活クラブ 自らの行動で安心・安全な「消費材」を生み出す!

SDGsフォーカス    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ)は1965年、東京都世田谷区で主婦たちが牛乳の共同購入 … 続きを読む»

京と地球の共生府民会議 「プラスチック削減とふろしき活用」セミナー開催  参加者も8割満足「生活見直すきっかけ」

SDGsフォーカス    京と地球の共生府民会議が8月6日、第20回環境連続セミナー「身近に取り組めるプラスチック削減とふろしき活 … 続きを読む»

地元住民を主役に地域開発で叶えた南町田グランベリーパーク! 都市公園と商業施設が一体となった新しい街づくりの形

SDGsフォーカス    2019年11月13日、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧名:南町田駅)に、すべてが公園のよ … 続きを読む»

コロナ禍でさらに加速!? 地方移住に関する問合せ数は10年間で約17倍!「ふるさと回帰支援センター」地方創生の功績

SDGsフォーカス    2014年9月、政府は東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目 … 続きを読む»

レジ袋有料化で利用頻度が「減る」6割…厳しい意見も

SDGsフォーカス    リサーチ会社のマイボイスコム株式会社が、2回目となる『レジ袋の有料化』 に関するインターネット調査を20 … 続きを読む»

先進的福祉国家フィンランドの新型コロナ対策に迫る! 在宅ワーク? 休業要請? 外出禁止? 

SDGsフォーカス    世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス。日本でも2020年4月7日から5月25日まで、緊急事態宣言が … 続きを読む»