豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

選手と直接交流できるチャンス!! Jリーグ「アルビレックス新潟」 2020シーズン試合運営ボランティア募集! 

2020.01.23 (木)

 
 2020シーズンをJ2で戦うプロサッカークラブ・アルビレックス新潟が、今シーズンのホームゲームの試合運営をサポートする『試合運営ボランティア』の募集をスタート! 2月8日(土)に事前説明会を開催する!

『試合運営ボランティア』とは、アルビレックス新潟のホームゲーム開催時に、同クラブの社員・スタッフと一緒になり、各種業務のサポートをする活動で1回からの参加でもOK!
 

 ホームゲーム開催時以外においても、有志でアウェイの試合観戦を楽しんだり、クラブ主催の「ボランティア納会」で交流を深めることができるなど、非常に和気あいあいと楽しみながら、アルビレックス新潟をサポートしていく活動になっている。

■活動内容(例)
1:受付担当(関係者・来賓受付業務)
2:ラウンジ担当(VIP来賓対応、ラウンジドリンクサービス)
3:チケットセンター担当・後援会担当(各種問い合わせ対応、チケット引換)
4:グッズ担当(グッズの陳列、販売)
5:場内担当(各種問い合わせ対応、場内案内、場内清掃)
6:本部兼遊撃担当(備品管理、チケット半券カウント、他作業の補佐)
7:記録担当(メンバー表、公式記録の作成)
8:競技担当(ベンチ設営、ボールパーソンの指導)
9:イベント担当(フットボールパーク、キッズルームの運営補助)
 

【新規対象・試合運営ボランティア説明会】
■対象:新たに試合運営ボランティアに登録できる方 ・試合運営ボランティアに興味・関心をお持ちの方
■日時:2020年2月8日(土)11:00~12:00(受付10:30~)
■会場:デンカビッグスワンスタジアム・会議室
※車で来場される場合は、スタジアム正面駐車場(無料)を利用可
■内容:試合運営ボランティアの活動内容の紹介、説明など
■お申し込み方法
1:申込専用フォーム 
https://ws.formzu.net/fgen/S98859994/
2:電話 運営事業部 担当:砂
025-282-0011

■試合運営ボランティア参加条件
・原則として18歳以上の方(高校生の場合は保護者の同意が必要です)
・活動内容を理解し、積極的に取り組める方

■ボランティアの皆さんへクラブからの気持ち
1:試合運営ボランティア限定の「夏用ポロシャツ」を支給!
2:アルビレックス新潟グッズを特別価格にて購入できる!
3:お弁当・飲み物を用意!
4:シーズン終了後に選手・スタッフも参加をする「ボランティア納会」を案内!
(有料/ただし年3回以上参加者に限定)

アルビレックス新潟
【問い合わせ先】
株式会社アルビレックス新潟 運営事業部
〒950-0954 新潟市中央区美咲町2-1-10
TEL:025-282-0011(月~金10:00~17:00)、 FAX:025-282-0013
メールアドレス:alb-home@albirex.co.jp

https://www.albirex.co.jp

オススメ記事

農林水産大臣賞は「家庭系食品残渣の堆肥化」に取り組む長崎県立諫早農業高等学校 生物工学部!「第11回 食品産業もったいない大賞」表彰式 

SDGsフォーカス  13日、都内で「第11回 食品産業もったいない大賞」(主催:公益財団法人食品等流通合理化促進機構)の表彰式典が行われま … 続きを読む»

過疎地域救済のアイデア出しを実施! 兵庫県「第2回 HYOCON(ヒョウコン)」開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県は、少子高齢化や過疎化が進む県内の多自然地域の住民が、地域課題解決のため、高い専門性を持つ大学や企業と連携して行 … 続きを読む»

大学や企業等との連携で地域課題の解決を目指す! 兵庫県 魅力ある多自然地域づくり「第1回 HYOCON(ヒョウコン)」を開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県では、持続可能な生活圏の形成を目指し、地域の活動団体が大学や企業等と連携して取り組む地域づくり活動を「ひょうご絆 … 続きを読む»

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

内定辞退・就活白紙! 被災地・気仙沼への旅をきっかけにIターン就職 大卒女性の価値観を変えた経験とは…

SDGsフォーカス  宮城県気仙沼市といえば2011年3月11日に発生した東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けた地域のひとつです。この … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»