豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

選手と直接交流できるチャンス!! Jリーグ「アルビレックス新潟」 2020シーズン試合運営ボランティア募集! 

2020.01.23 (木)

 
 2020シーズンをJ2で戦うプロサッカークラブ・アルビレックス新潟が、今シーズンのホームゲームの試合運営をサポートする『試合運営ボランティア』の募集をスタート! 2月8日(土)に事前説明会を開催する!

『試合運営ボランティア』とは、アルビレックス新潟のホームゲーム開催時に、同クラブの社員・スタッフと一緒になり、各種業務のサポートをする活動で1回からの参加でもOK!
 

 ホームゲーム開催時以外においても、有志でアウェイの試合観戦を楽しんだり、クラブ主催の「ボランティア納会」で交流を深めることができるなど、非常に和気あいあいと楽しみながら、アルビレックス新潟をサポートしていく活動になっている。

■活動内容(例)
1:受付担当(関係者・来賓受付業務)
2:ラウンジ担当(VIP来賓対応、ラウンジドリンクサービス)
3:チケットセンター担当・後援会担当(各種問い合わせ対応、チケット引換)
4:グッズ担当(グッズの陳列、販売)
5:場内担当(各種問い合わせ対応、場内案内、場内清掃)
6:本部兼遊撃担当(備品管理、チケット半券カウント、他作業の補佐)
7:記録担当(メンバー表、公式記録の作成)
8:競技担当(ベンチ設営、ボールパーソンの指導)
9:イベント担当(フットボールパーク、キッズルームの運営補助)
 

【新規対象・試合運営ボランティア説明会】
■対象:新たに試合運営ボランティアに登録できる方 ・試合運営ボランティアに興味・関心をお持ちの方
■日時:2020年2月8日(土)11:00~12:00(受付10:30~)
■会場:デンカビッグスワンスタジアム・会議室
※車で来場される場合は、スタジアム正面駐車場(無料)を利用可
■内容:試合運営ボランティアの活動内容の紹介、説明など
■お申し込み方法
1:申込専用フォーム 
https://ws.formzu.net/fgen/S98859994/
2:電話 運営事業部 担当:砂
025-282-0011

■試合運営ボランティア参加条件
・原則として18歳以上の方(高校生の場合は保護者の同意が必要です)
・活動内容を理解し、積極的に取り組める方

■ボランティアの皆さんへクラブからの気持ち
1:試合運営ボランティア限定の「夏用ポロシャツ」を支給!
2:アルビレックス新潟グッズを特別価格にて購入できる!
3:お弁当・飲み物を用意!
4:シーズン終了後に選手・スタッフも参加をする「ボランティア納会」を案内!
(有料/ただし年3回以上参加者に限定)

アルビレックス新潟
【問い合わせ先】
株式会社アルビレックス新潟 運営事業部
〒950-0954 新潟市中央区美咲町2-1-10
TEL:025-282-0011(月~金10:00~17:00)、 FAX:025-282-0013
メールアドレス:alb-home@albirex.co.jp

https://www.albirex.co.jp

オススメ記事

21世紀には日本の6割の砂浜が消滅!? 重大な環境危機に直面している砂浜問題

SDGsフォーカス    2013年に『Sand Wars(サンド・ウォーズ)』というドキュメンタリー映画がフランスで公開されまし … 続きを読む»

「働き方」「職場環境」「多様性」 昆虫“アリ”の社会に持続可能な社会の答えがある? 人間が学ぶべきポイント

SDGsフォーカス    人類より遥か昔から優れた社会を形成している昆虫のアリ。そのアリを長年研究し、著書『アリ語で寝言を言いまし … 続きを読む»

企業は環境問題から逃げてはダメ! 経営・資金調達・人事まで関係するSDGs

SDGsフォーカス    ビジネスの世界で、「SDGs」「ESG投資」という言葉を頻繁に聞くようになった現在。株主や投資家の目は、 … 続きを読む»

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

SDGsプラス独自目標を掲げる生活クラブ 自らの行動で安心・安全な「消費材」を生み出す!

SDGsフォーカス    生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ)は1965年、東京都世田谷区で主婦たちが牛乳の共同購入 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»

地元住民を主役に地域開発で叶えた南町田グランベリーパーク! 都市公園と商業施設が一体となった新しい街づくりの形

SDGsフォーカス    2019年11月13日、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧名:南町田駅)に、すべてが公園のよ … 続きを読む»