豪田部とは

大学生へ

日本最高位は三菱UFJ 米環境NGOが国内外メガバンクなどの森林方針の評価を発表 

2021.06.30 (水)

 環境NGO「レインフォレスト・アクション・ネットワーク」他7団体は、6月8日に『森林と金融』データベースのウェブサイトをリニューアルし、世界最大手54金融機関(銀行と投資機関)の森林関連方針を新たに評価・分析した結果、総じて方針が不十分であると評価した。

 本データベースを用いた分析の結果、対象金融機関による森林をリスクにさらす産品(以下、森林リスク産品)への多額の金融サービスが明らかになり、不十分な方針のもとで森林リスク産品への多額の投融資が行われ、森林破壊を加速させていると結論づけた。

 対象となった金融機関には日本のメガバンク3行、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)なども含まれている。メガバンクの方針評価は平均(2.4ポイント)以上だった一方、GPIFの方針は0.6ポイントと低評価でした。

1位 ABNアムロ(7.1ポイント)
2位 ラボバンク(6.8ポイント)
3位 ノルウェー政府年金基金(6.5)
8位 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)(5.1ポイント)
14位 みずほフィナンシャルグループ(3.8ポイント)
19位 三井住友フィナンシャルグループ(3.1ポイント)
24位 野村グループ(2.6ポイント)
31位 三井住友トラスト・グループ(1.8ポイント)
39位 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)(0.6ポイント)

【主な分析結果】
●各金融機関の森林関連方針を環境・社会・ガバナンス(ESG)の3分野35項目の基準で評価した結果、総じて低評価で、10ポイント満点で平均2.4 ポイントだった。上記6産品セクターへの投融資の大半は、顧客企業の基準の検証はおろか、ESGの基本的な書類確認も行われていないことが判明した。

●対象金融機関の金融サービスの合計を調査・分析。その結果、森林リスク産品への融資・引受額はパリ協定締結以降の2016年から2020年4月で1,280億米ドル、株式・債券の保有額は2021年4月時点で280億米ドルであることがわかった。

●メガバンクの方針がこの数年で改善した一方、野村グループ、三井住友トラスト・グループ、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の方針は低いままである。

オススメ記事

【気候変動と貧困】今後10年間で新たに1億3200万人が貧困に陥る可能性 新型コロナウィルスの影響で増加懸念も

SDGsフォーカス  ここ数年、世界各地で問題となっている気候変動が、貧困にも密接に関わっているのをご存知でしょうか?  豪田ヨシオ部は、貧 … 続きを読む»

秋葉原・メイドさんたち 清掃活動を実施「きれいな街づくり・活性化を目標」

SDGsフォーカス  7月11日、秋葉原のきれいな街づくり・活性化を目標とした「Akibaくり~ん大作戦」が開催された。  同活動は主催がJ … 続きを読む»

難しい「SDGs」の伝え方・教え方 「わかりやすさ」と「ユーモア」が大切 

SDGsフォーカス 「SDGsバッジは半ばファッション化していますよね」  このように指摘するのは、国連WEP協会理事で環境マンガ家として活 … 続きを読む»

SDGsへの取り組みと幸福度に関係性がアリ!? SDGs都道府県評価を分析

SDGsフォーカス  株式会社ブランド総合研究所が、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題、自治体のSDGsへの取り組みの … 続きを読む»

町おこしのヒント!? 鬼伝説で有名! 大反響「福知山廃校マッチングバスツアー」開催 統廃合が進む小学校の利活用

SDGsフォーカス  京都府福知山市は、少子化により統廃合が進む小学校の利活用を進める目的で、京都銀行、京都北都信用金庫と連携し、鬼伝説で知 … 続きを読む»

世界的に「脱プラ」推進で木材が脚光! 木を伐採しない育林とは!? SDGsと林業の課題は!?

SDGsフォーカス  世界的に「脱プラ」が推進される中、建材や日常消耗品のプラスチックに変わるものとして、紙の利用が注目されています。消費者 … 続きを読む»

「SDGsとPONYリーグの関連性」元プロ野球選手・広澤克実氏を直撃! 社会貢献への想いが強くなったカンボジアでの現実

SDGsフォーカス  日本でも大人気のスポーツである野球。プロ野球、大学野球、高校野球、少年野球などのカテゴリーがありますが、PONYリーグ … 続きを読む»