豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

レジ袋有料化で利用頻度が「減る」6割…厳しい意見も

2020.08.03 (月)

 
 リサーチ会社のマイボイスコム株式会社が、2回目となる『レジ袋の有料化』 に関するインターネット調査を2020年7月1日~5日に実施し、調査結果を発表。回答数は10,220件を集めた。

●レジ袋有料化の認知
2020年7月からプラスチック製レジ袋の有料化がスタート。レジ袋有料化の認知を聞いたところ、「どのようなものか内容を知っている」が89.7%。「聞いたことがある程度」は9.1%、 男性10~30代では各2割弱となった。

●レジ袋有料化前の買物袋
レジ袋有料化前、買い物時に利用していた袋は(複数回答)、「無料のレジ袋」が68.8%、「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が64.8%。女性40~70代では、「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が8割前後と高くなった。

●レジ袋有料化以降、 食料品・飲料購入時の買物袋
レジ袋有料化以降、食料品・飲料購入時に利用することが多くなると思う袋は(複数回答)、「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が78.5%、「持参したビニール袋・レジ袋」が39.2%。「有料のレジ袋」は14.8%、男性10~30代では各3割弱となった。
 

 
●レジ袋有料化以降、衣料品購入時の買物袋
レジ袋有料化以降、衣料品購入時に利用することが多くなると思う袋は(複数回答)、「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が63.2%、「店が提供する、 レジ袋以外の無料の入れ物」「持参したビニール袋・レジ袋」が各20%台。「有料のレジ袋」は14.0%、 男性10~40代では2割を超えた。

●有料のレジ袋を購入・利用する理由
買い物時に有料のレジ袋を購入・利用する理由は(複数回答)、「エコバッグや袋を持っていないときに必要」が56.0%、「持参した袋では足りない・入りきらない」が28.5%。男性10~40代では、「エコバッグや袋をもち歩くのが面倒」が各2割弱と他の層より高くなった。

●持参した買物袋を利用する理由
買い物時に持参した袋を利用する理由は(複数回答)、「レジ袋が有料だから」が69.7%、「レジ袋は環境によくない」「店によっては、エコバッグ利用でポイントがたまる」が各2割弱。有料化前にレジ袋を利用していなかった層では、「レジ袋がたまってしまう」「エコバッグなど持参した袋の方が使いやすい」「レジ袋は環境によくない」が他の層より高くなった。

●レジ袋の利用頻度の変化
レジ袋有料化前の1年間と比べて、有料化以降にレジ袋を利用する頻度が減ると思う人は6割です。「変わらない」は24.9%、 男性10~30代で高くなっている。
 

 
●レジ袋の利用頻度が増える理由、減る理由 (全6,310件)

『増える』
最も近隣のスーパーがレジ袋無料を継続しているため。(男性46歳)
衣類を買った場合は袋を購入することになりそうだから。(女性60歳)
エコバッグの出し入れや折りたたむのが面倒。(女性72歳)

『減る』
環境問題の解決になんて全くならないのでばからしく、有料化して儲ける人たちにお金がいかないようにするために、有料の袋を使わない。(男性49歳)
袋にお金を払うのは嫌なので、袋を必ず持参したい。(女性43歳)
ちりも積もれば、で金額がバカにならないと思う。またビニールを減らすことが環境に必須なので遅すぎの感もあるので、しっかりビニールごみを増やさないことに協力したい。(女性70歳)

『変わらない』
これまでも基本的にマイバッグを利用していたから。(男性25歳)
レジ袋の使用後に、家庭でゴミ袋として使用しているので、今後、袋の購入になる。(男性60歳)
今までもエコバッグを使用していたのでレジ袋を利用する頻度は変わらないと思う。衣料品は何を買うか、畳んだらどのくらいかさばるのか等分からないのでエコバッグではなくお店のレジ袋に今まで通り入れることになると思う。(女性47歳)

オススメ記事

農林水産大臣賞は「家庭系食品残渣の堆肥化」に取り組む長崎県立諫早農業高等学校 生物工学部!「第11回 食品産業もったいない大賞」表彰式 

SDGsフォーカス  13日、都内で「第11回 食品産業もったいない大賞」(主催:公益財団法人食品等流通合理化促進機構)の表彰式典が行われま … 続きを読む»

過疎地域救済のアイデア出しを実施! 兵庫県「第2回 HYOCON(ヒョウコン)」開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県は、少子高齢化や過疎化が進む県内の多自然地域の住民が、地域課題解決のため、高い専門性を持つ大学や企業と連携して行 … 続きを読む»

大学や企業等との連携で地域課題の解決を目指す! 兵庫県 魅力ある多自然地域づくり「第1回 HYOCON(ヒョウコン)」を開催! 

SDGsフォーカス  兵庫県では、持続可能な生活圏の形成を目指し、地域の活動団体が大学や企業等と連携して取り組む地域づくり活動を「ひょうご絆 … 続きを読む»

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

内定辞退・就活白紙! 被災地・気仙沼への旅をきっかけにIターン就職 大卒女性の価値観を変えた経験とは…

SDGsフォーカス  宮城県気仙沼市といえば2011年3月11日に発生した東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けた地域のひとつです。この … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»