豪田部とは

大学生へ

「2021最新版」SDGs認知調査 意識が低めの30代、20代と60代は意識高め

2021.06.30 (水)

 ゼネラルリサーチ株式会社が、全国の20代~60代男女を対象に、 「SDGs達成に向けて私たちができること」に関する調査を実施した。

■調査概要:「SDGs達成に向けて私たちができること」に関する調査
■調査期間:2021年6月18日(金)〜2021年6月19日(土)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1,056人(20代209人、30代209人、40代211人、50代208人、60代219人)
■調査対象:全国の20代~60代男女
■調査主体:ゼネラルリサーチ

「SDGs(持続可能な開発目標)についてどの程度ご存知ですか?」と質問したところ、30代の方を除き『世界共通の目標として推進していることは知っている(20代38.3%、30代32.5%、40代37.4%、50代45.7%、60代41.1%)』という回答が最も多かった一方で、30代の方は『知らない(今初めて知った)(20代26.3%、30代37.3%、40代29.9% 50代25.0%、60代22.4%)』という回答がそれを上回って最も多く、SDGsへの関心が低いことが分かった。

 また、全ての年代で『17のゴールや日本政府が提示している8つの優先課題など詳細な内容を知っている(20代12.9%、30代6.2%、40代9.5%、50代10.1%、60代8.7%)』という回答が最も少ない結果となり、SDGsの日本における認知度は、まだまだ低いと言わざるを得ない現状が浮き彫りとなった。

 続いて、SDGs推進に向けて日本政府が提示している8つの優先課題の中で、“生活の中で意識しやすいもの”を調査。

「SDGs推進に向けて日本政府が提示している“8つの優先課題”のうち、ご自身の生活の中で意識しやすいもの(取り組みやすいもの)を教えてください」と質問したところ、『健康・長寿の達成(34.3%)』という回答が最も多く、次いで『省・再生可能エネルギー、気候変動対策、循環型社会(19.6%)』『平和と安全・安心社会の実現(14.8%)』と続いた。

 SDGsの認知度、そして日本の優先課題の中で各人が取り入れやすいものが分かったが、普段の生活の中でSDGsを意識している割合はどの程度なのだろうか。

 調査の中で、「日々の生活の中でSDGsを意識していますか?」と質問したところ、20代、40代、50代の方は『どちらともいえない(20代29.2%、30代25.4%、40代26.5%、50代27.4%、60代22.4%)』という回答が最も多かった一方で、30代の方は『全く意識していない(20代23.0%、30代28.2%、40代26.1%、50代23.6%、60代16.4%)』という回答が最も多い結果となった。

 また、全ての年代で『とても意識している(20代4.7%、30代2.3%、40代4.2%、50代3.8%、60代5.5%)』という回答は最も少なかったものの、50代・60代の方は『やや意識している(20代22.0%、30代18.7%、40代20.4%、50代26.0%、60代30.6%)』という回答の割合が高く、若い世代よりも日々の生活の中でSDGsを意識している方が多い傾向が見られた。

 しかしながら、20代は 『とても意識している』と回答した方の割合が60代に次いで高く、また『やや意識している』と回答した方の割合も30代・40代より高く、SDGsを意識しながら生活を送っている若い世代の方も少なくないことが分かった。

オススメ記事

危機感を持つ若者が「気候変動」「生物多様性」など環境問題を訴える! スウェーデン大使館で「プレ・ストックホルム+50ユース」開催

SDGsフォーカス  25日、都内のスウェーデン大使館で、若者が中心となり、環境問題を考える会議「プレ・ストックホルム+50ユース」が行われ … 続きを読む»

「日本自然保護大賞2022」表彰 自然保護と生物多様性保全に大きく貢献!

SDGsフォーカス  13日、都内で「日本自然保護大賞2022」の表彰式が行われました。同賞は自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子ど … 続きを読む»

日本が挑戦する脱炭素革命 ライバル企業・世代を超えて取り組むべき気候変動問題

SDGsフォーカス  コロナ禍による1年の延期を経てイギリス・グラスゴーで、COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が2021年 … 続きを読む»

長野県岡谷市にUターン就職! 都内か?地元か? 自分の判断基準に照らし合わせて就活した大卒若者

SDGsフォーカス  地元で盛んな産業が、自身の望む職種の場合、非常にUターン就職しやすいと思います。しかし、元々住んでいた場所であっても、 … 続きを読む»

通勤環境や気候が決め手! 北海道にUターン就職した大卒女性 自分に正直に「何年も住み続けられるかな!?」

SDGsフォーカス  都内の大学に入学すると、なんとなく都内の企業へ就職しようと考えがちですが、そういった選択を取らない大学生も一定数います … 続きを読む»

【地方移住したい大学生へ】新潟県糸魚川市にIターン就職した大卒若者女性がアドバイス 「やりたいこと」「環境」「支援制度」が大事!

SDGsフォーカス  人々の多様な価値観が広がる中で、「生き方」も変化しています。大都市での生活様式に違和感を抱き、「自分のやりたいこと」に … 続きを読む»

世界各地で自然災害 環境への意識調査「一人一人が行動をすれば変わっていく」

SDGsフォーカス  2021年8月現在までに、世界中で大規模な自然災害が起きている。  直近において、6月には中国黒竜江省では大雨による洪 … 続きを読む»