豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

3Dプリンタでフェイスシールドを制作 ろう学校などに寄贈 慶應義塾大学の田中教授が期待「次世代のものづくりの可能性が見えてくるのでは」

2020.06.17 (水)

 
「世界を変える力、未来を育てる力(A Force for Good, A Force for Growth)」のテーマのもと、様々な領域で取り組みを進めているP&G株式会社は、製品の使用済プラスチック容器から再生したリサイクルプラスチック(PP)を一部原料として使用し、協力会社(4社)とともに3Dプリンタで制作するフェイスシールドを支援学校やろう学校に寄贈した。

『コロナ禍』の中、口元を覆うマスクによってコミュニケーションが困難となる聴覚障がいのある幼児・児童・生徒が学ぶ全国のろう学校などでは現在、フェイスシールドを必要としているが、その中である課題が浮上していたという。

 今回のプロジェクトは慶應義塾大学との共同プロジェクトでもあり、同プロジェクトに携わった3Dデジタル設計や3Dプリンタによるデジタル生産などを専門とする慶應義塾大学田中浩也教授にその背景や課題などを聞いた。
 

 
「4月初旬に『フェイスシールド』が医療現場で不足していることが分かってから、3Dプリンタは大活躍してきました。企業、個人、NPO、あるいは市民工房で、3Dプリンタをつかってフェイスシールドをつくり、現場に届ける活動が全国的に勃興したのです。たくさんの医療現場と結びつき、多くの貢献ができてきたと思います。そうして2カ月が過ぎたころ、実は医療現場以外でも、必要としているフェイスシールドが手に入らなくて困っている現場があることが分かってきました」と前置きし、「そのひとつが、ろう学校です。ろう学校ではマスクで顔を隠すことができないためフェイスシールドがどうしても必要です。そうした事態を受けて、今回、子供たちに合わせた2サイズのフェイスシールドを、3Dプリンタでつくって届けようというプロジェクトが立ち上がりました」と説明。

 京都府立向日が丘支援学校の平岡校長は「市販のフェイスシールドでは子供たちには大きすぎ、現状は先生たちが自作などを試みています。3Dプリンタで作ればサイズ展開も可能とのこと、涙が出るほどうれしいです」と喜びを語り、京都府立聾学校の芦田校長は「新しい生活習慣下において、ろう学校ではフェイスシールドは必需品となりました。リサイクル・環境教育と合わせて子供たちの新しい学校生活に活用させていただきます」と感謝した。

 寄贈されたフェイスシールドはリサイクルPP素材等を使用しているため、高温・アルコール消毒ができ、適切に手入れをすることで長期間使用することが可能だという。

 田中教授は「材料に使ったのは、P&G社の洗剤のボトルをリサイクルしたものです。プラスチックをごみにせず、いま必要とするものに作り替え、3Dプリンタで現場にフィットするものづくりを行う。環境にも優しく、人にも優しい、次世代のものづくりの可能性がここから見えてくるのではないでしょうか」と期待を寄せた。

 今後は、現場のニーズと受け入れ態勢を確認し、全国聾学校長会と連携して、約1万個の寄贈を進める予定。

「田中浩也研究室」公式サイト

https://fab.sfc.keio.ac.jp/

オススメ記事

【気候変動と貧困】今後10年間で新たに1億3200万人が貧困に陥る可能性 新型コロナウィルスの影響で増加懸念も

SDGsフォーカス  ここ数年、世界各地で問題となっている気候変動が、貧困にも密接に関わっているのをご存知でしょうか?  豪田ヨシオ部は、貧 … 続きを読む»

秋葉原・メイドさんたち 清掃活動を実施「きれいな街づくり・活性化を目標」

SDGsフォーカス  7月11日、秋葉原のきれいな街づくり・活性化を目標とした「Akibaくり~ん大作戦」が開催された。  同活動は主催がJ … 続きを読む»

難しい「SDGs」の伝え方・教え方 「わかりやすさ」と「ユーモア」が大切 

SDGsフォーカス 「SDGsバッジは半ばファッション化していますよね」  このように指摘するのは、国連WEP協会理事で環境マンガ家として活 … 続きを読む»

日本最高位は三菱UFJ 米環境NGOが国内外メガバンクなどの森林方針の評価を発表 

SDGsフォーカス  環境NGO「レインフォレスト・アクション・ネットワーク」他7団体は、6月8日に『森林と金融』データベースのウェブサイト … 続きを読む»

SDGsへの取り組みと幸福度に関係性がアリ!? SDGs都道府県評価を分析

SDGsフォーカス  株式会社ブランド総合研究所が、都道府県ごとに住民の幸福度や居住意欲度、悩みや地域の課題、自治体のSDGsへの取り組みの … 続きを読む»

サッカー元日本代表 内田篤人 SDGsを学習「よりよい社会の実現に向けてアシストしていきたい」

SDGsフォーカス  サッカー元日本代表でLIXIL SDGsアンバサダーを務めている内田篤人さんが、静岡県富士市立岩松北小学校5年生児童( … 続きを読む»

世界的に「脱プラ」推進で木材が脚光! 木を伐採しない育林とは!? SDGsと林業の課題は!?

SDGsフォーカス  世界的に「脱プラ」が推進される中、建材や日常消耗品のプラスチックに変わるものとして、紙の利用が注目されています。消費者 … 続きを読む»