豪田部とは

大学生へ

SDGsフォーカス

小泉純一郎元首相 原発ゼロ・自然エネルギー活用へ「政治を動かすのは国民ひとりひとりの力です」

2021.02.05 (金)

 2月4日、都内にあるコミュニティ施設「よい仕事おこしプラザ」で行われた「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」の記者会見に小泉純一郎元首相、中川秀直元自民党幹事長らが出席。福島第一原子力発電所事故から10年の節目を前に、脱原発への決意や想いを語った。

 菅義偉政権成立後、日本もついに2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すと宣言したが、その中には積極的にではないにしても、原子力発電の利用がプランの中に入っている。小泉元首相は「日本は自然エネルギーを活用すれば、必ず原発ゼロでやっていける。政府が本気になれば、自然エネルギー満ち溢れた国なのだから。この考えを出来るだけ多く国民に理解して欲しいと活動を続けている」と熱く語った。

 また、日本の原発事故をきっかけとして自然エネルギーに切り替えを進めているドイツを例に出し、「事故を目の当たりにした日本ができないのは不思議でしようがない。日本列島は、津波、地震、火山といつなにが起こるかわからない。危機があるのになぜ(自然エネルギー)を)やらないのか」と語気を強めた。

 そして会見では、政策や社会を変革するために必要不可欠な「選挙」の話題へ発展。中川氏は「世論がやはりカギだと思います。世論で原発への批判が高まれば、与党も原発の増設は口に出せなくなります。今度(2021年)行われる衆議院選挙では、ひとりひとりの有権者が、次の世代を考え望むことが選挙を変えることになると思います」とコメントし、小泉元首相も、国民の側から声を上げることが重要だと確信しており「原発をゼロにし、自然エネルギーを活用する社会に政治が変えるべきだ。政治を動かすのは国民ひとりひとりの力です、皆さんもぜひ協力していただければと思います」と訴えた。
 

オススメ記事

【アンケート調査】消費で重視する点「エシカル消費」3割未満 認知と理解不足が多数「よくわからない」

SDGsフォーカス  SDGsの推進とともに、エシカルに関しても注目が集まっている昨今。消費者は「エシカル消費」に対して、どのような考えやイ … 続きを読む»

21世紀には日本の6割の砂浜が消滅!? 重大な環境危機に直面している砂浜問題

SDGsフォーカス    2013年に『Sand Wars(サンド・ウォーズ)』というドキュメンタリー映画がフランスで公開されまし … 続きを読む»

「働き方」「職場環境」「多様性」 昆虫“アリ”の社会に持続可能な社会の答えがある? 人間が学ぶべきポイント

SDGsフォーカス    人類より遥か昔から優れた社会を形成している昆虫のアリ。そのアリを長年研究し、著書『アリ語で寝言を言いまし … 続きを読む»

「SDGsと就活」のキーポイントは!? コロナ禍での企業選び「安定か? 挑戦か?」

SDGsフォーカス    大多数の大学生が悩んでいる「就職活動」。これまでは「やりがい」「給料」「福利厚生」「社風」が企業や業界を … 続きを読む»

「ゴミ清掃芸人」マシンガンズ・滝沢秀一 当事者だから感じる日本のゴミ問題、食品ロス、そして人生

SDGsフォーカス    太田プロダクション所属のお笑い芸人でありながら、週4~5日にゴミ清掃員として働いているお笑いコンビ・マシ … 続きを読む»

京と地球の共生府民会議 「プラスチック削減とふろしき活用」セミナー開催  参加者も8割満足「生活見直すきっかけ」

SDGsフォーカス    京と地球の共生府民会議が8月6日、第20回環境連続セミナー「身近に取り組めるプラスチック削減とふろしき活 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»