企業様へ

インターン生募集

豪田ヨシオ部は社会貢献を部活と呼びます

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

お茶の水女子大学4年 ガッキー

2018.08.17 (金)

他人から見られる自分と自分が思う自分の違いは?

 
 レッテルを可視化し、Tシャツに貼っていくことで学生たちは何を感じたのでしょうか。第二部では、一番初めにTシャツに書いた「自分」と貼られたレッテルを見比べ、最後に「本当になりたい自分」について考えました。レッテルと自分の思う自分の間に共通点が多いと感じる学生、全然当てはまってないと感じる学生。レッテルを貼ったことで、様々な気づきがあったようです。
 

 
 ワークショップを通して見つけた「本当になりたい自分」を紙に書き出していきます。参加した学生はどんなことを考えたのでしょうか。

「今回のイベントでみんなの考えを知れたのが一番面白かった。“男らしい、女らしい”という質問があったが、普段、友達に『おねえみたい』だと言われてコンプレックスを抱えていた。みんなと違うのが、コンプレックスだったけど、それも個性として考えていきたいと思うようになった」(高2 男)

「自分の思っている自分とレッテルには、あまりズレがなかった。最近、なりたい自分について自分で考えていたが、それを人と共有できたのはよかった。改めて今回自分について見つめ直し、視野を広く持てる余裕のある大人になりたいと感じた」(大4 女)

「よくないと思いつつも、自分自身、今までレッテルを貼ってそこで思考を停止させていることもいっぱいあった。だけど、今回実際にレッテルを貼ってみて、自分自身に一番レッテルを貼っていたということに気づいたし、人のことを一括りにして見るのはやめようと思った。色んな要素があって、ぐちゃぐちゃだと感じることもあるけど、それも自分かなって」(大2 男)

 最後に、レッテルまみれになったTシャツを脱ぎ捨て、今回のワークショップは幕を閉じました。学生たちが豪快にレッテルTシャツを脱ぐ姿は、「なりたい自分」を見つけ、レッテルにとらわれないありのままの自分でいる喜びを全身で表現しているようにも感じました。

 

レッテルTシャツを脱いだ時のみんなの表情は笑顔
 
 他人、そして自分からのレッテルを取っ払って「本当になりたい自分」に気づく事のできるワークショップ。今回参加し、Tシャツに「レッテルを貼った」ことで、他人に対しても自分に対しても普段、いかに多くのレッテルを貼っていたか気付かされました。ただ、今回のワークショップで、「レッテルってネガティブで悪い意味だけじゃなくて、ポジティブで良い意味の場合もあるよね」という意見も参加者から飛び出し、「レッテル」の意味を深く考え直す機会にもなりました。

 私は現在4年生で、就職活動では「自分は何者なのか」を友人に聞きながら、自分がどんな人間なのか考えました。そこで語られたイメージは良くも悪くも「自分が思っていた自分とギャップがある」と驚いたのを覚えています。就活がひと段落した今、改めて自分がどんな人間になりたいか考え、共有した事で、改めて「今」の自分の声を聞けたように感じます。

 “日本では特に周りと同化すること”、“周りとのバランスを見ながら協調性を持っていること”が美徳とされるような文化があるように感じます。LGBTQのことも然り、日本では特にありのままの自分を晒け出すことに勇気のいるのではないでしょうか。だからこそ、まずは自分自身が本当の自分に気づき、それを素直に受け止めていくことが大事なのだと改めて感じました。また、そうしたプロセスの中で、「本当になりたい自分」として輝けるのではないでしょうか。

豪田ヨシオ部では経験の有無に関わらず、あなたが挑戦できるコトがあります。Webメディアのライター、大手企業への企画営業、学生を集めたイベントの企画・運営、マスコミへの広報活動、etc. チャレンジしたことを形に残し、悔いのない学生生活にしませんか? ご興味のある方は、こちら!見学も大歓迎です!

1 2 3

オススメ記事

「第11回大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催決定! 平成最後のゴミ拾いをみんなで楽しもう!!

突撃!豪田ヨシオ部    荒川河川敷を舞台に2013年から続く「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。記念すべき第11回目は、12月9日( … 続きを読む»

アンケート調査実施!東京オリンピック・東京パラリンピックボランティア!! 現時点で参加したい大学1.2年生は47.7%!!

突撃!豪田ヨシオ部    こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学3年の“ポン”です!    2013年に202 … 続きを読む»

聴覚障害者は276,000人 「手話言語」が社会進出の鍵!

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  現在、日本には聴覚障害者の方が何人いる … 続きを読む»

日本は手話言語の後進国⁉ ︎制度の確立には遠い道のり

突撃!豪田ヨシオ部    豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。  突然ですが質問です! みなさん、9月2 … 続きを読む»

大学生262名の防災意識を調査 「災害時に自分の身を守る自信アリ」19.8% 

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年生のぺきです。  日本で暮らしている限り、私たちの生活と隣り合わせと … 続きを読む»

お茶の水女子大がトランスジェンダー学生受け入れへ! その意味をお茶大生と考えてみた

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう。豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  7月10日、お茶の水女子大学(東京都文京区)は、戸籍上は男 … 続きを読む»

『SDGs』にもつながる記念すべき「第10回大学対校!ゴミ拾い甲子園」活動レポート〜全てが過去最大規模〜

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! インターン生のノッチです。  6月に入り、ジメジメとした暑さが続きますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか … 続きを読む»

協賛企業は史上最多! ご担当者様が語る「第10回大学対校! ゴミ拾い甲子園」の魅力

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、早稲田大学4年の“ぺき”です!  みなさん、今年もこの季節がやって来ました! 今 … 続きを読む»

東京レインボープライドの季節! 男らしさ、女らしさって何かしら?

突撃!豪田ヨシオ部  ごきげんよう、豪田ヨシオ部マネージャーの西園寺菫子です。  「女のくせに」「女だてらに」とか「男まさり」と言われ続けて … 続きを読む»

とりあえずやってみようぜ! 長期インターンで脱・普通の女子大生!

突撃!豪田ヨシオ部  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生、お茶の水女子大学新3年のリリィです!   豪田ヨシオ部インターン卒業生のインタ … 続きを読む»