企業様へ

大学生へ

12校103名の豪田ヨシオ部員が集結! 寒さ吹き飛ばす「第9回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」活動レポート

法政大学4年生 ちび太

2017.12.27 (水)

豪田ヨシオ部だからこそできた!? ゴミがあふれる河川敷VS大学生!!

 冒頭で述べたように、今回の会場は長らくゴミ拾いが満足に行われていませんでした。会場についてみると、いたるところにライターやレジ袋、プラスチック片、タイヤなどの粗大ごみといった大量のゴミが!!
 

 
 しかし、参加学生はスタートの合図とともに背の高い草木をかき分けながら次々とゴミを拾っていきます。はじめは足場を気にしながら拾っていた学生も、気づけば泥にまみれながら一心不乱にゴミを拾っていました。そして、あっと言う間に「大学対校! ゴミ拾い甲子園」第1部は終了の時刻に。ですが、たまりにたまっていた大量のゴミはこれだけ多くの大学生をもってしても拾いきれず、まだゴミが落ちているのが目につきます。そこで急きょ、第2部に予定していた「ゴミアート」を「大学ごちゃまぜゴミ拾い」に変更し、ゴミ拾いを続けることになりました。

 第一部では大学のチームごとに優勝を争って無我夢中にゴミを拾っていましたが、第2部の「大学ごちゃまぜゴミ拾い」では、誕生月ごとのチームに分かれ、大学や学年に関係なく、親睦を深めつつ和気あいあいとした様子でゴミ拾いは進んでいきました。

 ACFの藤森夏幸さんは「こんなに大量のゴミが拾えるのも豪田ヨシオ部のゴミ拾い甲子園に参加している学生ならではです」と感心した様子。
 冷蔵庫や子供用のおもちゃなどの大きな粗大ごみ、大量のペットボトルや発泡スチロール片など、次々にゴミが拾われていき、なんとこの日集めたごみは、ゴミ袋154袋、粗大ごみ44個にものぼりました。
 

 
 また、第一部では、今回個人で参加を決めてくれた専修大学と東海大学のお2人が、目白大学石田ゼミチームと合同でゴミ拾いをしていましたが、ゴミ拾いを通して次第に打ち解け合い、イベント終了時にはとても楽しいそうに全員で笑いあっている姿が印象的でした。学生のアツい気持ちはもちろん、仲間やたくさんの大学生とともに楽しくゴミ拾いができることが「大学対校!ゴミ拾い甲子園」の魅力であり、その結果これだけ多くのゴミを拾えるのだと実感しました。
 

▲ゴミを拾いつつ、他校の大学生と交流を深めることができた参加者たち。

1 2 3 4 5

オススメ記事

『継続は力なり』SDGsにもつながる「大学対校! ゴミ拾い甲子園」第13回大会が開催決定!

イベントレポート    みなさん、こんにちは! 今年の冬も「大学対校! ゴミ拾い甲子園」を開催します! 今回で13回目!! ゴミ … 続きを読む»

海洋プラごみ問題を大学生と企業が共に考える!! 令和初「大学対校! ゴミ拾い甲子園」活動レポート!

イベントレポート    こんにちは! 日ごとに暑くなってきましたね。豪田ヨシオ部でインターンをしております、国際基督教大学3年の … 続きを読む»

“令和”最初の「大学対校! ゴミ拾い甲子園」 第12回大会が開催決定!

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン生のくるみんです。  新元号を迎えた「令和」時代、第一発目の一大イベント「第12回 … 続きを読む»

海を脅かすマイクロプラスチックを減らせ! 平成最後の「大学対校! ゴミ拾い甲子園」 開幕!

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、国際基督教大学2年のくるみんです!  ずっと暖かい日が続いていたのに、最近は急激 … 続きを読む»

第11回大会、開幕直前! 写真で振り返る「大学対校! ゴミ拾い甲子園」!!

イベントレポート  こんにちは! 豪田ヨシオ部インターン、国際基督教大学2年のリサです。  ついに「第11回 大学対校! ゴミ拾い甲子園」 … 続きを読む»

「第11回大学対校!ゴミ拾い甲子園」開催決定! 平成最後のゴミ拾いをみんなで楽しもう!!

イベントレポート    荒川河川敷を舞台に2013年から続く「大学対校! ゴミ拾い甲子園」。記念すべき第11回目は、12月9日( … 続きを読む»

他人からのイメージとセルフイメージ ありのままの自分とは… 〜「服の前に、レッテル脱ごう。」体験レポート〜

イベントレポート    こんにちは。豪田ヨシオ部インターン、お茶の水女子大学4年生のガッキーです。2018年8月2日に、東京都高 … 続きを読む»