企業様へ

大学生へ

【スポーツ義足体験授業アンケート】児童「障がいのある人を身近に感じる」80.9%に増加

2020.01.29 (水)

 
 LIXILは2017年4月から、全国の小学5・6年生を対象に「ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>」を実施し、これまでに220校15,721名(2019年12月31日時点)の児童が参加。

「スポーツ義足の体験」と「座学」を通じ、義足を使いこなすことの難しさを体験したり、義足使用者のリアルな経験談に触れることにより、子どもたちに多様性への理解を深めてもらうことを目的として、活動を継続してきた。

 3年目となる2019年10~11月、これまでの活動を総括するために「ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>アンケート調査」を実施。アンケート調査は、授業を受けた小学校に依頼し、計64校児童3,298名教師157名が協力した。

【主な調査結果】
■授業後の意識:授業後に8割強の児童が“障がいのある人をより身近に感じるように”
・授業前は「障がいのある人を身近に感じる」児童が25.1%だったのに対し、授業後は80.9%に増加
・授業を通して7割強の児童が「義足で歩くことの大変さ」(73.1%)、「障がいがある人の大変さ」(70.0%)を実感
・6割弱の児童が「障がい」という枠を超えて、「努力することの大切さ」(59.9%)も感じた
・「バリアフリーやユニバーサルデザインの大切さ」(54.5%)を実感

■授業後の行動:「東京2020パラリンピックや選手について調べる」など何らかの行動を起こした児童が過半数
・最も多くとられた行動は「東京2020パラリンピックや選手について本やインターネットで調べた」(34.0%)
・次いで「ユニバーサルデザインなどを気にかけるようになった」(16.6%)、「障がい者スポーツに参加したり体験したりした」(9.7%)などの行動をとった児童も
・「実行していない」(41.4%)に対して、何かしら実行している児童が過半数を超えた(55.7%)

■東京2020パラリンピック応援意向:会場・テレビにかかわらず「東京2020パラリンピックを応援したい」計9割強
・9割を超える児童に応援意向がみられた(94.7%)
・“障がいのある人を身近に感じる”児童の応援意向は、ほぼ100%(97.2%)応援したい競技1位は、実際に体験した「陸上競技」(62.6%)

 アンケート調査の結果、 授業を通じて“障がいのある人が自分と変わらない・壁を作る必要がない”ことに児童が気付き、自分たちができることから行動に移す態度変容がみられ、“心のユニバーサルデザイン”が進んだということが見えた。

オススメ記事

「プラごみゼロ宣言」鎌倉市 給水スポット整備でペットボトルごみを削減

SDGsフォーカス    神奈川県鎌倉市は、水道直結式ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社と「かまくら … 続きを読む»

「パラ駅伝2020」パラサポスペシャルサポーター 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾 出演決定!!

SDGsフォーカス    日本財団パラリンピックサポートセンターが、3月15日(日)に開催する「パラ駅伝 2020」のスペシャルサ … 続きを読む»

Jリーグクラブチーム同士も協力体制 JIFFが取り組む「インクルーシブフットボール」

SDGsフォーカス    2019年、日本サッカー協会(JFA)と日本障がい者サッカー連盟(JIFF)が協働し、全国9地域で障がい … 続きを読む»

中国武漢支援! 日本中から救援物資やボランティア医師を募集

SDGsフォーカス    再生医療テクノロジー株式会社は、救援物資やオンライン医療を行うための医師ボランティアを募集し、中国武漢に … 続きを読む»

伝統野菜「木之山五寸にんじん」消滅の危機! 継承者不足だけでない効率化・産業化がネックに!

SDGsフォーカス    2月5日、無添加調理による加工商品の製造・販売を展開する石井食品株式会社が、都内で愛知県大府市産の伝統野 … 続きを読む»

世界188の国と地域が参加する世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR 2020」 3月28日(土)開催

SDGsフォーカス    2007年から開催されている世界各地を消灯のリレーでつなぐ世界最大級の環境アクション『EARTH HOU … 続きを読む»

「首里城再建の募金活動」沖縄発アイドルグループ 沖縄本島縦断24時間駅伝に挑戦!

SDGsフォーカス    沖縄発のアイドルグループ「OBP」が、昨年に焼失した首里城再建の募金活動のため、「沖縄本島縦断24時間駅 … 続きを読む»