豪田部とは

大学生へ

【スポーツ義足体験授業アンケート】児童「障がいのある人を身近に感じる」80.9%に増加

2020.01.29 (水)

 
 LIXILは2017年4月から、全国の小学5・6年生を対象に「ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>」を実施し、これまでに220校15,721名(2019年12月31日時点)の児童が参加。

「スポーツ義足の体験」と「座学」を通じ、義足を使いこなすことの難しさを体験したり、義足使用者のリアルな経験談に触れることにより、子どもたちに多様性への理解を深めてもらうことを目的として、活動を継続してきた。

 3年目となる2019年10~11月、これまでの活動を総括するために「ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>アンケート調査」を実施。アンケート調査は、授業を受けた小学校に依頼し、計64校児童3,298名教師157名が協力した。

【主な調査結果】
■授業後の意識:授業後に8割強の児童が“障がいのある人をより身近に感じるように”
・授業前は「障がいのある人を身近に感じる」児童が25.1%だったのに対し、授業後は80.9%に増加
・授業を通して7割強の児童が「義足で歩くことの大変さ」(73.1%)、「障がいがある人の大変さ」(70.0%)を実感
・6割弱の児童が「障がい」という枠を超えて、「努力することの大切さ」(59.9%)も感じた
・「バリアフリーやユニバーサルデザインの大切さ」(54.5%)を実感

■授業後の行動:「東京2020パラリンピックや選手について調べる」など何らかの行動を起こした児童が過半数
・最も多くとられた行動は「東京2020パラリンピックや選手について本やインターネットで調べた」(34.0%)
・次いで「ユニバーサルデザインなどを気にかけるようになった」(16.6%)、「障がい者スポーツに参加したり体験したりした」(9.7%)などの行動をとった児童も
・「実行していない」(41.4%)に対して、何かしら実行している児童が過半数を超えた(55.7%)

■東京2020パラリンピック応援意向:会場・テレビにかかわらず「東京2020パラリンピックを応援したい」計9割強
・9割を超える児童に応援意向がみられた(94.7%)
・“障がいのある人を身近に感じる”児童の応援意向は、ほぼ100%(97.2%)応援したい競技1位は、実際に体験した「陸上競技」(62.6%)

 アンケート調査の結果、 授業を通じて“障がいのある人が自分と変わらない・壁を作る必要がない”ことに児童が気付き、自分たちができることから行動に移す態度変容がみられ、“心のユニバーサルデザイン”が進んだということが見えた。

オススメ記事

京と地球の共生府民会議 「プラスチック削減とふろしき活用」セミナー開催  参加者も8割満足「生活見直すきっかけ」

SDGsフォーカス    京と地球の共生府民会議が8月6日、第20回環境連続セミナー「身近に取り組めるプラスチック削減とふろしき活 … 続きを読む»

地球温暖化とプラスチック問題はイコール! 日本列島と接している海に海洋プラスチックが最も多い!?

SDGsフォーカス    2020年7月から日本でもプラスチック製のレジ袋有料化がスタート。この有料化の狙いの背景には海洋ごみ問題 … 続きを読む»

地元住民を主役に地域開発で叶えた南町田グランベリーパーク! 都市公園と商業施設が一体となった新しい街づくりの形

SDGsフォーカス    2019年11月13日、東急田園都市線の南町田グランベリーパーク駅(旧名:南町田駅)に、すべてが公園のよ … 続きを読む»

どうして? 大阪府の準絶滅危惧種「フクロウ」 岸和田市が生物多様性の保全に挑む「フクロウの森再生プロジェクト」

SDGsフォーカス    大阪府岸和田市は8月3日、「フクロウの森再生プロジェクト」のクラウドファンディングをスタート。そこで、豪 … 続きを読む»

レジ袋有料化で利用頻度が「減る」6割…厳しい意見も

SDGsフォーカス    リサーチ会社のマイボイスコム株式会社が、2回目となる『レジ袋の有料化』 に関するインターネット調査を20 … 続きを読む»

先進的福祉国家フィンランドの新型コロナ対策に迫る! 在宅ワーク? 休業要請? 外出禁止? 

SDGsフォーカス    世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルス。日本でも2020年4月7日から5月25日まで、緊急事態宣言が … 続きを読む»

「世界幸福度1位」今、若い世代の起業熱が高いフィンランド! そのワケは教育制度にアリ!!

SDGsフォーカス    2020年3月の国際連合による「世界幸福度調査」で、3年連続1位に選出され、2019年にはワークライフバ … 続きを読む»